焼肉屋の事業譲渡【事例から読み解くポイント】

「焼肉屋を経営しているけれど、そろそろ事業譲渡をしたい」なんて、お考えではないでしょうか。

焼肉屋の経営から退くとしても、今までやってきたお店を廃業してしまうのはなんとなく避けたいと考えているオーナーは多いです。

そのために、焼肉屋では事業譲渡がよく活用されています。

しかし、焼肉屋の事業譲渡のやり方がよくわからないというオーナーも多いはずです。

そこで今回は、焼肉屋の事業譲渡のポイントを実際にあった飲食店の事例から読み取っていきます。

焼肉屋の事業譲渡のポイントをおさえて、お店の売却を成功させましょう。

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

焼肉屋が事業譲渡の道を選ぶメリットとは

まずは、焼肉屋のオーナーが事業譲渡の道を選ぶメリットを見ておきましょう。

事業譲渡をするメリットは、以下の5つです。

  • 経営のプレッシャーから解放される
  • 後継者問題の解決
  • 事業や店舗の拡大
  • 従業員の雇用安定や待遇改善
  • 譲渡による現金獲得

これらのメリットは、焼肉屋の経営から退くオーナーにとって嬉しいものばかりです。

せっかく5つのメリットがあるのに事業譲渡をせずに廃業してしまうのはもったいないと考えられます。

それでは、それぞれのメリットについて、順番に確認していきましょう。

 

経営のプレッシャーから解放される

焼肉屋を事業譲渡することによって、あなたは今までのような経営のプレッシャーから解放されます。

日々の焼肉屋経営は考えることも多く、オーナーはさまざまなことに責任を持たなければならない立場です。

特に、従業員を雇っているとプレッシャーは多いでしょう。

そのような生活を続けていると、知らないうちにストレスがたまっていることもよくあります。

経営へのプレッシャーはオーナーである限りずっとつきまとうものなので、少しでも負担に感じているなら焼肉屋を事業譲渡するのも1つの方法だと言えます。

後継者を見つけて育成するのには時間がかかる上に、事業の引き継ぎにより多くのプレッシャーがかかるケースがほとんどです。

しかし、事業譲渡であれば買い手側とあなたがお互いに条件に合意すれば円滑にお店を譲ることができます。

経営能力があって信頼できる買い手を見つけることができれば、安心して焼肉屋経営からリタイアすることが可能です。

店じまいという道を選んでしまうと、従業員にも大きな迷惑がかかってしまいます。

焼肉屋の事業譲渡を行えば、自分が経営のプレッシャーから解放されてもお店は存続するので、そのような心配はいりません。

毎日の焼肉屋経営に少しでも何らかのプレッシャーを感じているのであれば、事業譲渡を検討してみてください。

 

後継者問題の解決

焼肉屋の事業譲渡を行うことによって、後継者問題を解決することができます。

後継者が見つからなくてなかなか焼肉屋経営からリタイアすることができないというオーナーは多いです。

親族や従業員といった身近な人が焼肉屋の経営を引き継いでくれない場合は、外部の第三者から自分で探すのは難しいと考えられます。

しかし、いつか誰かに引き継いでもらおうと思いながら焼肉屋の経営をしていても、簡単には後継者は出てきません。

さらに、後継者候補が出てきたとしても、あなたと同じレベルになるまで教育をするには時間がかかります。

焼肉屋の後継者探しや後継者教育は自分だけでは厳しいです。

そのようなとき、事業譲渡をすることによって後継者が見つかる可能性があります。

あなたの焼肉屋が魅力的なものであれば、お金を支払って買ってでも経営を引き継ぎたいと考える人が出てくるはずです。

後継者がいないから頑張って経営を続けるか廃業するしかないと思っているなら、その前に事業譲渡ができないかを試してみてください。

身近なところに後継者がいなくても、事業譲渡なら外部の幅広いところから後継者候補を見つけることができます。

既に経営能力が備わっている人に事業譲渡すれば、後継者教育の期間もほとんどいりません。

後継者に悩んでいる焼肉屋オーナーに事業譲渡は最適です。

 

事業や店舗の拡大

あなたの事業や店舗の拡大をするときにも、事業譲渡は活用できます。

たとえば、焼肉屋の店舗を拡大したいと考えているけれど、資金が足りないということはよくあることです。

また、焼肉屋が人気で今までは順風満帆に店舗を大きくしていくことができていたのに、最近になってからは人気が落ち着いてきて資金不足になり始めたというケースも珍しくありません。

焼肉屋は仕入れ値の変化や近所への競合店舗の登場などで、簡単に経営状況が変わってしまいます。

そのようなときでも事業や店舗の拡大をしたいなら、事業譲渡を行うのが最適です。

もしも今経営している焼肉屋を事業譲渡することによって資金が足りている買い手に経営を引き継ぐことができれば、譲渡先の資金力を経営に使ってもらうことができます。

それによって、あなたが夢に描いていたような事業や店舗の拡大が叶うのです。

事業譲渡と聞くと経営からのリタイアの手段だと思っているオーナーもいるかもしれませんが、将来を見据えたポジティブな事業譲渡もよくあります。

前向きな資金調達のために、事業譲渡を行うことも検討してみてください。

一部の事業だけを譲渡して、残した事業に資金を使うということも可能になります。

 

従業員の雇用安定や待遇改善

焼肉屋の事業譲渡を行うことによって、雇っている従業員の雇用安定や待遇改善を行うこともできます。

なぜなら、買ってくれる先の資金力や人員も活用することができるようになるためです。

焼肉屋を長年経営していると、自分のもとで頑張ってくれている従業員の待遇を改善したいという思いも出てくると思います。

しかし、資金面は特に自分の力だけではどうにもできないことも多いです。

そのようなとき、事業譲渡を行って従業員にとって良い条件で経営を引き継いでくれる買い手を見つければ、問題は解決できます。

特に、経営からリタイアして焼肉屋を廃業しようと考えているなら、従業員の雇用がなくなってしまうことをよく考えてください。

今まで頑張ってきてくれた従業員の雇用を守って安定させるためには、事業譲渡をしておいたほうが良いでしょう。

従業員がいる焼肉屋の経営から離れるなら、事業譲渡は良い選択肢になります。

 

譲渡による現金獲得

焼肉屋を事業譲渡することによって、あなたは現金を手に入れることができます。

たとえば、譲渡についての利益があれば、あなたのリタイア後の生活は楽になるはずです。

もしも今まで働いてくれていた従業員が事業譲渡にあたってやめることになったとしても、譲渡利益を手に入れることによって、退職金を支払えるようになります。

現金が得られることで損をすることはないので、焼肉屋の経営から退こうと考えているなら事業譲渡を検討するべきです。

また、焼肉屋の事業譲渡で得られる金銭的なメリットは、目に見える現金での利益だけではありません。

実は、焼肉屋を廃業するのであれば、廃業のためのさまざまな費用がかかってしまいます。

廃業費用は場合によっては、100万円以上かかることも多いです。

どのようなことに費用がかかるのかというと、たとえば店舗を入居時のテナントの状態に戻す原状回復費用が挙げられます。

契約にもよりますが、多くの場合は撤退時には入居時の状態に戻さなければならないはずです。

したがって、廃業費用のことを考えないまま焼肉屋の廃業を選んでしまうと、コストが予想以上にかかってしまいます。

事業譲渡を行えば、今までのように焼肉屋は経営を続けていくので廃業費用はかかりません。

このように事業譲渡は、手に入れられるお金があるだけではなく、手元から減るお金をなくすこともできるのです。

以上が、焼肉屋のオーナーが事業譲渡を行うメリットでした。

どのメリットも焼肉屋の経営をしているオーナーにとっては魅力的なものです。

廃業を行う前に、事業譲渡ができないのかを冷静に考えてみてください。

そうは言っても、事業譲渡をしたことがなければあまり現実的なイメージがわいていないオーナーも多いと思います。

そこで、焼肉屋の事業譲渡の事例を確認しておきましょう。

 

焼肉屋の事業譲渡の事例

焼肉屋の事業譲渡の事例を確認することで、事業譲渡を行う際のポイントを知ることができます。

今回ご紹介するのは、『株式会社subLime』が、都内を中心に焼肉屋を展開する『株式会社牛の達人』の株式を100%取得して子会社化した事例です。

株式会社subLimeは未上場企業では最多とされる90ブランドを展開している飲食グループとなっています。

この株式会社subLimeは新規出店の他にもM&Aを重要な成長戦略と考えており、積極的な事業展開を行うことが多いです。

今回のM&Aによって、グループでは初めての焼肉業態を始めることになり、株式会社牛の達人のブランド力を株式会社subLimeのノウハウや店舗オペレーション力によって強化することにより、事業領域と収益を拡大させる狙いがあります。

以上が、焼肉屋の事業譲渡の事例でした。

飲食店の経営は、外部のノウハウやオペレーションによって更に磨きがかかります。

そのためには、事業譲渡をうまく活用することが重要です。

ここからは、事例から読み解くことができる焼肉屋事業譲渡の注意点について、確認していきましょう。

 

焼肉屋の事業譲渡の事例から見る注意点

事例から見る焼肉屋を事業譲渡する際の注意点は、以下のようなものです。

  • ビジネスモデルの収益性や独自性は譲渡額に反映する
  • 譲渡先が必要とするのは数字やデータによる裏付け
  • 長い時間が掛かる場合もある
  • 事業譲渡は人対人

これらの注意点をおさえておかなければ、焼肉屋の事業譲渡を成功させることは難しいです。

せっかく事業譲渡を行うなら、注意点を理解して成功の確率を高めましょう。

それぞれの注意点について、順番に確認していきます。

 

ビジネスモデルの収益性や独自性は譲渡額に反映する

焼肉屋の事業譲渡をするにあたって、ビジネスモデルの収益性や独自性は譲渡額に反映します。

つまり、あなたの焼肉屋が売上をたくさんあげていたり、競合店にはないオリジナリティあふれるサービスを提供していたりすると、譲渡額も高くなるのです。

自分の経営している焼肉屋について考えたとき、譲渡額が上がるほどのビジネスモデルの収益性や独自性はないのではないかと心配になるオーナーも多いと思います。

しかし、今まで経営を続けてこれたということは、自分では気がついていないだけで収益性や独自性があるはずです。

競合店と自分の焼肉屋を比較し、どのような点が勝っているのかを明確にしていきましょう。

焼肉屋のビジネスモデルについて自分だけで分析するのが難しければ、専門家に相談するべきです。

まったく収益性や独自性がない企業であれば、もうすでに店じまいすることになっているはずなので、前向きに自分の焼肉屋の良いところを探していってください。

 

譲渡先が必要とするのは数字やデータによる裏付け

焼肉屋の事業譲渡を行う際に、譲渡先が必要とするのは数字やデータによる裏付けです。

あなたの焼肉屋がどれだけ素晴らしいものだとしても、客観的な資料がなければ買い手側は納得してくれません。

したがって、買い手側に焼肉屋を購入する価値があると考えてもらえるような数字やデータを集めるべきです。

たとえば、身近なものなら、日々の売上や月ごとの売上は資料として役に立ちます。

事業譲渡を円滑に進めていくには、第三者が見ても納得できるような裏付け資料が必要であることを覚えておいてください。

しかし、あまり資料作りを行ったことがなくて不安なオーナーもいると思います。

自分で良い資料を作り上げていく自信がないなら、早めに専門家に任せてしまいましょう。

 

長い時間が掛かる場合もある

焼肉屋の事業譲渡を行うなら、場合によっては長い時間が掛かるケースがあることも知っておく必要があります。

事業譲渡はすぐに行えると思っている人もいるかもしれません。

確かに焼肉屋の事業譲渡は買い手側と売り手側が条件に合意すれば行えますが、そもそも譲渡先を見つけるのにも時間がかかるのです。

そして、譲渡先を見つけても条件面で折り合いがつかなければ、また探しなおさなければなりません。

したがって、事業譲渡をすると決めてからすぐに焼肉屋を誰かに引き継ぐことができるとは思わないほうが安心です。

焼肉屋の事業譲渡を行うなら、長い目で見て納得のいく相手を見つけましょう。

慌てて条件面に妥協した事業譲渡を行うのは、後悔してしまうのでやめてください。

そうは言っても、できるだけ早めに焼肉屋を譲ってしまいたいというオーナーもいるはずです。

そのようなときは、専門家の力を借りることがいち早く事業譲渡を成功させる鍵だと言えます。

 

事業譲渡は人対人

焼肉屋の事業譲渡は、譲渡先である人と譲渡元である2人の人間が行うことです。

譲渡利益や譲渡条件について考えることは非常に重要ですが、相手も同じ人間であることを何よりも理解しておきましょう。

人対人のコミュニケーションも、焼肉屋の事業譲渡を行うにあたっては大切です。

焼肉屋にどれだけ自信があったとしても、偉そうな態度で交渉に臨むと良い結果は得られません。

人に事業を買ってもらうということを忘れないようにしてください。

人と人との関わりによって事業譲渡が成功するということを知っておきましょう。

 

以上が、焼肉屋の事業譲渡を行うにあたっての注意点でした。

確認してみると、さまざまなことに注意しなければならないことに不安に思った人も多いと思います。

したがって、焼肉屋の事業譲渡を成功させたいなら、専門家に相談するのが安心です。

 

焼肉屋の事業譲渡を行うなら

焼肉屋の事業譲渡を行うなら、M&Aアドバイザーなどの専門家に相談するのが良いです。

事業譲渡のプロにアドバイスをもらうことによって、あなたの焼肉屋の譲渡が成功しやすくなるでしょう。

あなたの焼肉屋の今後の運命を考えたとき、事業譲渡の相手選びが非常に重要となります。

経営の能力がない買い手を選んでしまうと、後悔することも少なくありません。

専門家に相談なんてしたことがなくて不安だと感じるオーナーもいると思います。

しかし、多くの専門家は気さくな雰囲気であなたの悩みを解決してくれる存在です。

せっかく今まで経営してきた焼肉屋を誰かに譲渡するなら、納得いく結果を迎えたいと考えていると思います。

それならば、プロである専門家の力を借りながら焼肉屋の事業譲渡を進めていくのが良いでしょう。

自分だけですべてを抱え込もうと思わず、一緒に事業譲渡の成功のために頑張ってくれるパートナーを見つけてください。

良いパートナーを見つければ、焼肉屋の事業譲渡も成功するはずです。

 

スパイラルコンサルティング社は会計事務所を母体にしているため、財務・税務の面でのサポートがしっかりしており、かつ飲食業のM&Aに強く、多くのM&Aの実績を持つコンサルタントがM&Aをサポートしてくれます。

過去には譲渡額が15億円となる飲食業のM&Aにも成功しており、知識、ノウハウ、事例のどれをとっても焼肉屋のM&Aのサポート役として不足はありません。

費用は完全成果報酬型であるため、焼肉屋のM&Aが成立してオーナーの手元に現金が入るまでは一切掛かりません。

相談の段階やM&Aが成立しない場合は、費用がゼロですので気軽に相談ができます。

ぜひ一度相談しに行ってみてはいかがでしょうか。

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>成果報酬型・スケールM&Aなら『スパイラルコンサルティング社』<<