焼肉屋のM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

焼肉屋のM&Aを行いたいけれど、成功のイメージがわかないというオーナーも多いのではないでしょうか。

M&Aを経験したことがなければ、成功したときの想像ができないのは当然かもしれません。

しかし、M&Aを良い結果に終わらせるためには、成功のイメージをできるだけ具体的に考えておくことが大切です。

焼肉屋のM&Aを経験したことがなくても明確な成功のイメージを持つためには、過去のM&Aの事例をしっかり分析することが良いです。

そこで今回は、焼肉屋のM&Aの事例を確認し、成功のポイントを見ていきます。

成功するためのポイントを理解して、自分のM&Aの場合でも良い結果を迎えましょう。

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

焼肉屋オーナーがM&Aを選ぶ理由とは?

M&Aという言葉にあまり馴染みがないという焼肉屋のオーナーは少なくありません。

そこで、まずは焼肉屋のオーナーがM&Aを行うことを選ぶ理由がどのようなものなのかについてから考えていきましょう。

 

M&Aの大きなメリットとして、事業から撤退するのにもかかわらず撤退のための費用がかからず、むしろ事業を譲渡する対価が受け取れるというものがあります。

一般的には事業をやめるときには、テナントをもとに戻してから退去しなければならず、撤退費用がかかってしまうのです。

焼肉屋などの飲食店では、撤退費用が高額になりやすいとされています。

しかし、焼肉屋のM&Aに成功すれば、その撤退費用をかけずに事業をやめられることも珍しくありません。

焼肉屋のオーナーがM&Aを行う際にも、多くの場合にこの金銭的なメリットは理由となるはずです。

実際のところ、焼肉屋のオーナーがリタイアや廃業を考えたときに、資金がたくさんあるという場合ばかりではありません。

廃業のための資金も余裕を持って準備できないということも少なくないのです。

そのようなときに、M&Aを行って廃業の費用を節約するという方法が考えられます。

M&Aで廃業費用を節約したうえで譲渡利益を得てリタイア後の資金に当てるというケースは多いです。

 

他にも、今まで経営してきた焼肉屋がなくならずに存続したり、従業員の雇用を守ることができたりするというのもM&Aを行う理由です。

廃業して店じまいすることを選んだ場合、焼肉屋の店舗は自分のリタイアとともになくなってしまいます。

それによって、今まで働いていた従業員は新しい仕事を探さなければならなくなるのです。

今まで一緒に頑張ってきた従業員たちに廃業のことを伝えるのは精神的にも負担になってしまいます。

焼肉屋のM&Aは、そのような負担を避けるためにも活用することができます。

 

焼肉屋のM&A事例

M&Aを行う理由はわかったけれど、いまいちどのような背景や流れで行われるのかイメージがつかないというオーナーもいるはずです。

ここで、実際にあった過去の焼肉屋のM&Aの事例を確認しておきましょう。

 

今回ご紹介するのは、『株式会社subLime』が、都内を中心に焼肉屋を展開する『株式会社牛の達人』の株式を100%取得して子会社化した事例です。

株式会社subLimeは未上場企業では最多とされる90ブランドを展開している飲食グループとなっています。

この株式会社subLimeは新規出店の他にもM&Aを重要な成長戦略と考えており、積極的な事業展開を行うことが多いです。

今回のM&Aによって、グループでは初めての焼肉業態を始めることになり、株式会社牛の達人のブランド力を株式会社subLimeのノウハウや店舗オペレーション力によって強化することにより、事業領域と収益を拡大させる狙いがあります。

 

以上が、焼肉屋のM&Aの事例でした。

飲食店の経営は、外部のノウハウやオペレーションによって更に磨きがかかります。

そのためには、M&Aをうまく活用することが重要です。

M&Aは経営難などの理由だけではなく、積極的な事業拡大のためにも利用されるのです。

今回の事例でわかるように、どれだけ素晴らしい事業であったとしても、考えなしにM&Aをするだけでは今後の成長は見込めません。

M&Aを行うことによって、事業をどのように強化していくかということを事前に考えることが大切です。

 

また、M&Aの目的を明確にして正確に相手に伝えることもポイントだと言えます。

そうでなければ、焼肉屋を適切な評価でM&Aすることは難しいです。

焼肉屋のM&Aの成功ポイントはそれだけではありません。

実は、焼肉屋をM&Aする際には、今ご紹介した以外にも成功のためのポイントが存在しているのです。

ここからは、焼肉屋のM&A事例から読み取ることのできる成功させるためのポイントを確認していきます。

 

焼肉屋のM&A事例から読み取る成功ポイントとは

焼肉屋のM&A事例を読んでいただきました。

事例で見たようなM&Aの成功を手に入れるためには、複数のポイントがあります。

具体的には、以下の4つが成功ポイントです。

  • ビジネスモデルを整理する
  • M&Aにおいて譲れない条件をはっきりさせる
  • 売却先候補に事業の強みや価値が伝わる説明を
  • M&Aの専門家に頼るのもアリ

どの成功ポイントも、欠けてしまうと焼肉屋のM&Aが成功する可能性は大幅に下がってしまうくらい重要です。

それぞれの成功ポイントについて、順番に詳しく見ていきましょう。

 

ビジネスモデルを整理する

M&Aの最初の成功のためのポイントとしては、M&Aを行う事業のビジネスモデルを整理することが考えられます。

例えば、今回ご紹介した事例でも、買い手企業と売り手企業のビジネスモデルが明確になった上で、マッチングが行われているはずです。

焼肉屋のM&Aを行おうと思っても、事業についてどのような考えのもとでどのような経営が行われているのかを知らなければ、適切な譲渡先を見つけるのは難しくなってしまいます。

もしもビジネスモデルを整理しないまま譲渡先候補を見つけたとしても、そこからの交渉はスムーズにいかない可能性が高いです。

相手にきちんと伝わるように整理しておくことが必要です。

オーナー自身が分かっていても、それを伝えられる形にしておかなければいけません。

M&Aでは買い手と売り手の交渉が非常に重要なので、それを成功させられるように早い段階から意識しておきましょう。

焼肉屋を購入してもらう決め手がなければ、売り手側の希望する譲渡価格と買い手側の希望する購入価格が大きく異なってしまうこともよくあります。

したがって、焼肉屋のM&Aを行う際には、まずはビジネスモデルをしっかり整理しましょう。

 

M&Aにおいて譲れない条件をはっきりさせる

M&Aを行おうとしている焼肉屋のビジネスモデルが整理できたら、その中でも譲れない条件を明確にするべきです。

条件の中にも、どうしても譲れないものから、できたら叶えてほしいものまでさまざまあると思います。

しかし、すべての条件を満たすことが必要なケースは少ないです。

たとえば、事業を譲渡するにあたって、今のビジネスモデルを続けていってほしいと考える焼肉屋オーナーはたくさんいます。

しかし、すべてのビジネスモデルをそのまま譲渡先に引き継いでもらうことが必ずしも良いとは限りません。

今までの規模なら成功していた経営方針を、M&Aによる事業拡大によって変更する必要が出てくることもあります。

そこで今までのビジネスモデルにとらわれすぎるあまり、買い手候補があらわれても断り続けていてはM&Aは難しいです。

M&Aで今後も焼肉屋を成長させていきたいと考えているのなら、これまでのやり方にだけとらわれるのはもったいないことだと言えます。

 

しかし、今まで経営してきた焼肉屋には思い入れや成功の記憶があり、すべてのビジネスモデルをゼロから構築しなおすのは避けたいというオーナーも珍しくありません。

したがって、焼肉屋をM&Aするなら、どの条件を引き継いでもらうのかは時間をかけて考えたほうが良いと言えます。

後悔しないためにも、どの条件は絶対に譲れないのかという点については、しっかり考えておきましょう

客観的なアドバイスを聞きながら決めたほうが良さそうなら、専門家に相談してみてください。 

 

売却先候補に事業の強みや価値が伝わる説明を

焼肉屋のM&Aを行う際には、事業の売却先候補に焼肉屋の強みや価値が適切に伝わる説明を行わなければなりません。

もしも事業の強みや価値をうまく伝えられないまま交渉が進んでいくと、思っているような評価をしてもらえない可能性は高まります。

売り手側の焼肉屋への評価と買い手側の焼肉屋への評価に差があれば、交渉が円滑にいかなくなることも多いです。

そうなると、交渉が長期間にわたるだけではなく、最終的には交渉失敗に終わってしまうことも出てきてしまいます。

したがって、M&Aをする焼肉屋の強みや価値をまずは自分自身が具体的に評価しなければなりません。

自分だけでは分析が難しければ、専門家にもアドバイスをもらうのが良いです。

 

そして、その評価をどう伝えれば相手にも理解してもらえるのかも工夫する必要があります。

焼肉屋のオーナーである自分自身にとっては思い入れのある事業でも、まだ譲渡されていない相手側にとってはそうでもない場合もあるということには注意が必要です。

客観的に自分の焼肉屋について考えたときに、どのような強みや価値が存在しているのかを考えてみましょう。

周辺の同業他社との比較をすることで見えてくることも多くあります。

悩んだ場合には、身近な店と比べて強みや価値を分析してみてください。

その上で専門家にアドバイスをしてもらえば、第三者にも納得してもらえる強みや価値がわかるはずです。

 

M&Aの専門家に頼るのもアリ

「焼肉屋のM&Aは大変そう」「焼肉屋の強みや価値を相手にうまく伝える自信がない」なんて、お悩みのオーナーも少なくないと思います。

焼肉屋のオーナーはM&Aを経験していないので、そのように不安になるのは当然です。

しかし、そうは言っても焼肉屋のM&Aではさまざまなことを考えて手続きを進めていかなければなりません。

 

そのようなときに頼れるのが、M&Aの専門家です。

専門家に頼ることによって、買い手企業の候補の選出から、買い手企業との交渉まで幅広いことを依頼できます。

M&Aの専門家に頼ることによって、あなたの焼肉屋の強みや価値を客観的に評価してもらえ、それを理解してくれる譲渡先を見つけてもらえるのです。

M&Aの成功のためには、非常に幅広い知識や経験が必要になります。

したがって、1人だけで抱え込まずに早めに専門家に相談することは大切です。

 

ちなみに、M&Aの専門家には、それぞれ独自の成功のための方法があります。

どの専門家に頼ったとしても一律に同じ方法というわけではないのです。

そのため、自分の焼肉屋のM&Aを成功させてもらうために安心して相談できるM&Aの専門家に相談することが大切になります。

まずは複数の専門家に相談に行ってみて、自信を持って任せられる人を見つけてください。

焼肉屋のM&Aを上手く行うためには、どんどん専門家に頼る姿勢が重要なのです。

M&Aには専門家の力が必要不可欠だと考えて、早めにアドバイスをもらいに行きましょう。

 

焼肉屋のM&A事例をさらに聞くなら

今回、焼肉屋のM&Aの事例を1つ確認しました。

そしてそこから見えてくる焼肉屋のM&Aを成功させるためのポイントもご紹介しましたが、もっとたくさんの成功ポイントを知りたいというオーナーも多いはずです。

そのようなときには、専門家であるM&Aのアドバイザーに相談してみることが良いでしょう。

M&Aのアドバイザーに相談すれば、自分の焼肉屋と同じような規模のM&Aの事例も紹介してもらえる可能性があります。

M&Aをするにあたって、同じ規模の事例を確認しておくことは成功のイメージを具体的に持っておくためにも重要です。

また、そこからわかる成功のためのポイントもプロフェッショナルな目線から解説してもらうことによって、自分の焼肉屋のM&Aが成功する可能性も高くなります。

成功事例をたくさん持っている専門家に頼れば、あなたの焼肉屋のM&Aも上手くやってもらいやすいはずです。

 

しかし、M&Aアドバイザーと今まで関わったことがないというオーナーも多いと思います。

中には、M&Aアドバイザーに相談するのは、時間や費用がかかりそうで不安を感じるというオーナーもいるかもしれません。

確かに専門家に相談する場合には時間や費用がかかるのは避けられませんが、M&Aの成功のためには専門家に力を借りるべきです。

費用については、1回目の相談は無料で行っているというM&Aアドバイザーも多くなっています。

そして、事前にM&Aアドバイザーに聞きたいポイントを整理しておけば、時間もかけずに相談することが可能です。

M&Aは買い手探しや価格交渉、条件交渉などで思ったよりも時間がかかることも少なくありません。

「もっと早くM&Aアドバイザーに相談しておけばよかった」なんて、あとから思わなくても良いように早めに行くのが良いと言えます。

焼肉屋のM&Aを考えている場合には、まずはM&Aアドバイザーに相談に行ってみましょう。

 

焼肉屋を含む飲食業のM&Aの相談先としておすすめなのが、スパイラルコンサルティング社です。

完全成果報酬制であるため、焼肉屋のM&Aが成立するまで費用は一切掛かりません。

安心して相談ができますね。

また、事業価値を高めてからM&Aを実施する、SCALE型M&Aというサービスが特徴的です。

自分が思っている以上の価格で会社を譲渡できるのです。

相談は無料、そしてM&Aができれば高額で譲渡できるのですから、相談しないという選択肢はないでしょう。

焼肉屋のM&Aならスパイラルコンサルティング社に相談してみてはいかがでしょうか?

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>成果報酬型・スケールM&Aなら『スパイラルコンサルティング社』<<