小規模M&Aの成功のポイントとおすすめの仲介会社

小規模なM&Aを行いたいものの、成功させられるか不安を抱いている経営者は少なくありません。M&A仲介会社によっては、小規模な案件は断るというケースもあるので、心配になって当然です。しかし、実は小規模M&Aを中心に扱っているM&A仲介会社もあるので、心配する必要はありません。今回紹介していくのは、小規模M&Aの成功のためのポイントとおすすめの仲介会社についてです。自社にとって最適なパートナーとなる小規模M&A向きのM&A仲介会社を選び、納得のいくM&Aを行いましょう。

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

小規模M&Aとは

小規模M&Aとは、別名でスモールM&Aとも呼ばれる小さな規模のM&Aのことです。具体的に定義が決まっているわけではありませんが、M&Aを実行したときの取引価格が1億円までとなるM&Aを小規模M&A(スモールM&A)と言われることが多いとされています。また、M&Aの際の取引価格だけではなく、実行する会社の規模によって小規模M&Aだと言われることも珍しくありません。そのようなときの会社の規模とは、年商が数千万円から数億円程度であったり、簿価純資産が数千万円程度であったりするものです。つまり、小規模M&Aは中小企業や零細企業、ベンチャー企業が中心となっています。また、個人事業やサイト売買も小規模M&Aの対象になりうるのです。もしもあなたの会社もそのような規模なのであれば、M&Aを行う際には小規模M&Aを検討することになります。

小規模M&Aと言っても、一般的なM&Aと大きく変わることはありません。中小企業が大手企業に買われるケースもM&Aでは多いです。中小企業が小規模でもM&Aを行う目的は、大手企業の傘下に入ってより事業を発展させることや、後継者がいない場合でも事業を引き継ぐことが考えられます。

最近ではベンチャー企業を立ち上げた後の最終目的がM&Aでの買収であるということも珍しくなく、小規模M&Aは今後どんどん増えていく見込みです。小規模M&Aは取引価格が数百万円くらいになることも多く、買い手側も手を出しやすいM&Aだと言われています。したがって、既存の会社や事業を買い取ってやりたいことをしたいという経営者志望の人にも活用されているのが現状です。

そうすることによって、自分ですべて準備をして起業するよりも時間も費用も減らすことができます。買い手は売り手の従業員や設備、取引先も引き継げることがほとんどなので、スピーディにやりたい事業を軌道に乗せることができるのです。このように、小規模M&Aは大きなニュースにはなりにくいものの、日常的に経営戦略として利用されています。以上が、小規模M&Aについての基本的な知識でした。小規模M&Aについて理解が進んだところで、ここからは小規模M&Aを成功させるためのポイントを順番に見ていきましょう。小規模M&Aならではのポイントもあるので、大規模なM&Aをやったことがあるという人も必見といえるでしょう。

 

小規模M&Aの成功のポイント

小規模M&Aを成功させるためのポイントには、以下のような3つのものがあります。

 

  • 力になってくれるM&A仲介会社を選ぶ
  • 非属人的な業務フローである
  • 買い手にとってのメリットを強く打ち出せるか

 

このような3つのポイントを意識しながらM&Aについての手続きを進めていくか否かで、小規模M&A成功の可能性は変化します。知っているだけで成功しやすくなるポイントばかりなので、ぜひ一読しておきましょう。それでは、それぞれのポイントについて、順番に解説します。

 

力になってくれるM&A仲介会社を選ぶ

自社の力になってくれるM&A仲介会社を選ぶのは、小規模M&Aのためには非常に重要です。M&A仲介会社によっては、小規模なM&Aは取り扱っていないというケースもあるので事前に確認しておくべきでしょう。公式サイトをチェックすれば、小規模M&Aも扱っているかが分かるはずです。そして、様々なM&A仲介会社がある中で、本当に自社の力になってくれる会社を選ぶためには慎重に検討していった方が良いでしょう。

今回紹介する小規模M&Aでおすすめの仲介会社を中心に、自社の希望を叶えられそうなパートナーをじっくり探しましょう。どのM&A仲介会社にするべきなのかがハッキリ決められないなら、いくつかのM&A仲介会社に相談に行って実際に会ってみるべきです。直性会うことで会社の雰囲気や従業員の言動について確認すれば、自然と依頼したいM&A仲介会社が決まることも珍しくありません。したがって、少しでも気になるM&A仲介会社があるなら、まずは無料相談を申し込みましょう。そのときに気になることは何でも聞いて、不安になることなく色々と相談できそうなところを選ぶのが良いです。

また、M&A仲介会社を選ぶ際には、事例や実績は必ずチェックすることもポイントです。小規模M&Aの中でも自社と同じ規模のM&A案件の事例や実績があるかどうかや、自社の業界におけるM&A案件の事例や実績があるかどうかなども確認しましょう。事例や実績については、公式サイトで公開されていることが多いですが、問い合わせて過去の案件について聞いてみるのもおすすめです。自社と近いイメージのM&Aの事例や実績が豊富なM&A仲介会社を見つければ、理想通りのM&Aが行いやすいでしょう。

 

非属人的な業務フローであるか

非属人的な業務フローであることも、小規模M&Aを成功させるためには重要なポイントです。それぞれの従業員の直感や経験則ももちろん大切になります。しかし、どの従業員に担当してもらえるのかによって業務フローが変わってくるようでは、安心してM&Aについて任せることができません。特に、小規模M&Aを多く扱うM&A仲介会社の場合には属人的な業務フローを採用している会社も少なくないので、事前に確認しておいた方が良いでしょう。

属人的な業務フローによってM&Aを進めていく仲介会社に依頼した場合、過去の自社と似た事例では大成功しているのに、そのときと担当者が違うばかりに自社のときには失敗してしまうかもしれません。それぞれの従業員の直感や経験則、ノウハウなどは全従業員に共有した上で、社内で決まった業務フローとして適切に対応してくれるM&A仲介会社にアドバイスしてもらうべきです。業務フローについては、最初の無料相談のときに聞けば分かるので、安心してください。

 

買い手にとってのメリットを強く打ち出せるか

買い手にとってのメリットを強く打ち出せるかどうかも、小規模M&Aを行う際では重要な成功のためのポイントです。なぜなら小規模M&Aを行う場合、多くの経営者は具体的な希望を持って動いているからです。自社を売りたいのであれば、買い手にメリットを積極的にアピールしていかなければなりません。そのとき、客観的にメリットが理解できる資料を準備していくというのも戦略のひとつです。買い手がまだ、あなたの事業に興味を持っているだけの段階なら特に、客観性の高い資料があればメリットを理解してもらいやすくなります。もし買い手にとってのメリットを打ち出せるかどうかについて自信がないなら、そのような交渉に強いM&A仲介会社に依頼すれば安心できるでしょう。

 以上が、小規模M&Aを成功する為のポイントです。すべてのポイントをしっかりと押さえて、ぜひこの機会に自社のM&Aを成功させましょう。上記のポイントの中でもM&A仲介会社が重要だと話しましたが、どの仲介会社に依頼するのか悩んでいる人も多いはずです。そこで、次の章で小規模M&Aでおすすめの仲介会社を一緒に確認しましょう。あなたの会社にとって良いパートナーを見つける為の大切なプロセスです。

 

小規模M&Aでおすすめの仲介会社

M&A仲介会社にも様々な会社があります。ズバリ、小規模M&Aを行うならそれに力を入れているM&A仲介会社を選ぶべきです。小規模M&Aでおすすめの仲介会社には、以下の3社です。

  1. スパイラルコンサルティング
  2. 中小企業M&Aサポート
  3. インテグループ

これらのM&A仲介会社は、中小企業を主な対象とした小規模M&Aを多く行っています。なので、あなたも自分が行うM&Aが小規模であるなら、この3社から選ぶと安心できるはずです。それぞれのM&A仲介会社の特徴について、順番に確認していきましょう。

 

スパイラルコンサルティング

スパイラルコンサルティングは、着手金なしの完全成功報酬型のコンサルティングを行っています。つまり、スパイラルコンサルティングに相談しても、M&Aが成約するまでは報酬を支払う必要はありません。これは、小規模M&Aを行う会社にとっては非常に嬉しいメリットです。そして、スパイラルコンサルティングの強みは、経営者に徹底的に寄り添ったコンサルティングです。

M&Aを行うと一口に言っても、高齢のためのリタイアが理由の場合と、新規事業に取り組みたいという気持ちが理由の場合では目指すべきM&Aが変わってきます。スパイラルコンサルティングに相談すれば、自分の現状にあわせたM&Aを実行できるはずです。会社を成長させ、希望の価格で売るスケール型M&Aに興味があるのであれば、まずはスパイラルコンサルティングに依頼しましょう。

 

スパイラルコンサルティング社へのご相談はこちら

 

中小企業M&Aサポート

中小企業M&Aサポートは、2017年度/2018年11月末においてM&Aの成約実績が78.3%となったことを売りにしているM&A仲介会社です。経験豊富で知識もあるアドバイザーと顧客の信頼関係を重要視しており、状況に応じた適切なアドバイスを行ってもらえます。

M&A仲介会社に相談するのであれば、できるだけ自社に寄り添ったサポートをしてもらいたいと考えているはずです。特に、中小企業を経営しているけれどM&Aについて全然分からないという人には良いM&A仲介会社だと言えます。また、中小企業M&Aサポートは着手金や月額報酬、企業価値算定が無料です。

そして成功報酬も150万円からとなっており、M&Aにあまりコストをかけられない場合や、売却利益を多く手に入れたい場合にも利用しやすいM&A仲介会社でしょう。小規模M&Aなら売却利益が比較的少額になりやすいです。そのようなとき、中小企業M&Aサポートのような低い成功報酬のラインが設けられているM&A仲介会社は安心して相談できます。

 

インテグループ

インテグループは、着手金や中間金などが一切必要ないM&A仲介会社です。このような着手金や中間金は、一度支払ってしまうとM&Aが成功しなかったとしても返還されないのが一般的です。しかし、成功報酬のみのインテグループはリーズナブルに相談できるM&A仲介会社だといえるでしょう。

インテグループが安価に相談できるのは、インテグループの方針に中小企業にもM&Aをしてほしいという思いがあるからです。着手金や中間金が必要なケースでは、気楽に相談ができません。なので、できるだけコストを抑えてM&Aを行いたいのであれば、インテグループを検討しましょう。また、インテグループは企業グループに所属しない完全に独立したM&A仲介会社です。だからこそ、業界内のしがらみなどに縛られることもなく最高の相手とのマッチングが期待できます。

 以上が、小規模M&Aを行おうと思ったときに、特におすすめできるM&A仲介会社でした。M&A仲介会社によって小規模な案件は対応していないところもあるので、今回紹介した3社を中心に、自社にとって最適なパートナーを見つけていってください。小規模M&AはM&A仲介会社選びを中心としたポイントを押さえることが成功への鍵となるはずです。

 

小規模M&Aはポイントを押さえて成功させる

小規模M&Aは、ポイントをしっかり押さえて成功させましょう。ズバリ、M&Aを行うのであれば、自社にぴったりのM&A仲介会社を選ぶべきです。なんとなくといった曖昧な理由でM&A仲介会社を選ぶと、あとあと失敗したと感じることもあるので避けるべきです。

今回紹介した3つのM&A仲介会社は、どれも小規模M&Aに強いM&A仲介会社です。しかし、それぞれに異なる強みがあります。自社の求めるパートナー像を冷静に考えた上で、最適なM&A仲介会社を選ぶようにしましょう。

まず、悩んだらM&A仲介会社へ無料相談に行き、安心して任せられそうかどうかを判断するのがベストです。当然、小規模M&Aを行うとき、コスト面についても冷静に考えなければなりません。相談に行ったとき、簡易査定や見積もりを出してもらえば不安になることなく、安心して話を前に進めることができるでしょう。その際に、担当者に曖昧な発言でごまかされていると感じたなら、依頼はせずに安心して頼める他のM&A仲介会社を探しましょう。

 

当サイトでは特に、最初の相談相手としては、最初にご紹介したスパイラルコンサルティング社をおすすめします。

着手金無料で相談が可能なので、まず現状を整理する意味でも話してみてはいかがでしょうか。

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

経営者の方は必見!

今ならM&Aを理解し使いこなすための本、「図解で簡単!オーナーのためのM&A入門」が経営者限定で無料で手に入ります。詳しくは下記リンクをクリック。

>>「オーナーのためのM&A入門」無料プレゼント!<<