M&A仲介会社おすすめ10選!仲介会社でM&Aの結果が決まる!?

M&Aの仲介会社選びに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。M&Aを行うときに大切なプロセスとなるのが、M&A仲介会社への相談です。しかし、どのM&A仲介会社に相談すれば自社にとって最適なのかが分からないという人も多いと思います。そこで、今回はM&A仲介会社を10社紹介すると共に、仲介会社を選ぶポイントも徹底解説します。選び方を踏まえた上で、まずはどの仲介会社にM&Aの相談をすべきか紹介していきます。

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

M&A仲介会社とは

M &Aそのものは企業の双方のメリットにつながり、今では多くのM &A仲介会社が企業と企業の間に入る役割を担っています。

売り手側と買い手側のどちらにも言えることですが、企業や事業を売買するということは重要な選択であり、その売買によって企業の将来が左右されます。したがって、M &Aを検討していてもなかなか踏み出せない企業があったり、損をするのではと強い不安を抱く企業も多いでしょう。

M &A仲介会社は売り手側と買い手側のどちらかに偏らず、その両方がメリットを得られるように企業と企業をマッチングさせてくれるM &Aの仲介会社です。

そのM &A仲介会社にもそれぞれ異なる強みがあり、どの仲介会社を選ぶべきかは何に強いM &A仲介会社なのかによって異なります。数ある仲介会社の中でも自社の目的に合う仲介会社を選ぶことがおすすめだと言えます。

 

M&A仲介会社に依頼すべき理由

基本的にM&Aを行うにはいくつかの方法があり、仲介会社を使うことはそのひとつの方法にしか過ぎません。

M&Aを検討している会社が売却をするにあたって他に考えられる方法として代表的なものには、あと2つの方法があります。それは、M&A仲介サイトへの登録や知り合いの会社への売却です。

実は、これらの方法は自分で行わなければいけないことが多く、M&Aについての理解が浅いと損をしてしまう可能性も高い、リスク面で大きな弱点があります。

まず、仲介サイトではたくさんのオファーがあったときにどのオファーを選ぶべきかの正しい判断ができなければいけないですし、オファーがあったことに舞い上がって即決するようなことがあってもいけません。それと同様に、知り合いを信じ切って損をすることも避けたいですよね。

売却で損をしないためにも最もおすすめである、M&A仲介会社に依頼すべき3つの理由についてご説明します。

 

適正価格での売却をサポートしてもらえる

M &A仲介会社は当たり前ですがM &Aのプロフェッショナルです。そのため、売却初心者である企業にはわからない売却の適正価格などの情報を持っています。 

したがって、M&A仲介会社に依頼すれば、相場に合った金額で売却することもできるでしょう。もちろん、企業の中にはスムーズに適正価格で売却へと結びつけられる会社もあるかもしれません。しかし、多くの会社ではプロのサポートがない状態でそれを実現するのは難しいのではないでしょうか。

M &A仲介会社を使うのは費用がかかると考える経営者の方もいらっしゃると思いますが、M&A仲介会社のサポートを受けることでそれ以上のメリットが得られることは間違いありません。

 

買い手を見つけてもらえる

M &Aの知識がほとんどない企業にとって納得のいく取引を行ったり、自社で良い買い手を見つけて売却するというのは大変なことです。そのような企業にとっておすすめなのが、たくさんの企業をマッチングさせるスキルのあるM &A仲介会社を利用することです。

M &A仲介会社には売却先リストがあり、その仲介会社にもよりますがかなりの件数の中から選定を行うことができます。そのリストの中から買い手を見つけてもらうことはもちろん、条件を含めた交渉のためのサポートをしてもらえる魅力もあります。

もちろん、どちらかの側に寄ることなく中間的な立場で交渉をしてくれるので、自分でM&A仲介会社を利用することは何もわからない企業にとっても有意義なことだと言えるでしょう。

売り手側も買い手側も同じような思いでM&A仲介会社を利用していますし、仲介会社を使う体力のある会社が集まっているので、良い買い手を見つけるための取引ができるのです。

 

通常業務への支障が少ない

M &Aを行いたいと思っていても、日々の業務が忙しいためになかなかしっかりと相手先を見極める時間が取れない企業も少なくありません。通常業務に支障が出ることを考えて、M &Aを後回しにしてしまっている企業もあるのではないでしょうか。

M &A仲介会社にM &Aを任せることによって、企業はこれまで通り自社の経営や業務に集中することが可能です。特に、知識のない会社の場合にはM&Aについて調べる時間を割くことになり、結局は最近経営資源としても重要だと言われている時間を無駄にしてしまうデメリットへとつながります。

また、M&A仲介会社に依頼することによって、デューデリジェンスなどの専門的な作業も代行してもらうことができます。通常業務への大きな支障を回避することができ、社員の負担が増えることなくM&Aを進めていけるでしょう。

 

M&A仲介会社を選ぶポイント

 

M&A仲介会社を選ぶポイントは、主に以下の4点です。

 

  • 成果報酬型か異なる料金体系か
  • これまでの実績
  • 特定業界に特化した企業か非特化型か
  • 担当者との相性や信頼度

 

これらのポイントを押さえてM&Aを行うことによって、安全で円滑な取引を進めることができます。せっかく意味があってM&Aを進めているのに、費用面や担当者との相性で損をしてしまったら意味がありません。

これらのポイントはM&A仲介会社を正しく選ぶかの判断基準ともなるものなので、しっかりと押さえておいてくださいね。それでは、早速ひとつずつのポイントを解説していきます。

 

料金体系を確認

M&A仲介会社に依頼すると仲介手数料がかかりますが、その仲介手数料の料金は仲介会社ごとの料金体系によって異なります。

例えば、M&A仲介会社には下記のような料金体系の会社も多くあります。このパターンでは項目ごとに料金がかかるので、多くの資金が必要となってきます。

 

  • 事前相談料
  • 着手金
  • 中間金
  • 成功報酬
  • その他、かかった実費

 

これだけ見るとかなりの費用がかかることが想像でき、M&A仲介会社選びで躓くと会社としての損失が大きくなってしまうことがわかります。

料金体系を確認してサポート内容や会社の事業内容と照らし合わせ、納得のいくM&A仲介会社を選ぶことが一番良いですが、おすすめは成果報酬型の仲介会社です。

 

実績を確認

M&A仲介会社を選ぶときには、その会社の実績は必ず確認する必要があります。なぜなら、企業の規模や業種が合わなかったり、実績の少ないM&A会社では良い企業とマッチングできない可能性が高いからです。

また、その仲介会社の持つノウハウについても確認をしておかなければM&Aが失敗してしまうリスクも高くなります。情報収集には公式ホームページだけをチェックしがちですが、ホームページには一部の事例しか記載がありません。

 

相性が大切

M&A仲介会社はどこでも同じだと考えているかもしれませんが、意外と相性が大切です。相性が悪いM&A仲介会社に相談してしまうと、聞きたいこともうまく聞けずにその官界がギクシャクしてしまうことも珍しくありません。また、M&A仲介会社との相性だけではなく、直接あなたと関わることになる担当者との相性も非常に重要となります。

 

実績やノウハウは要チェック

M&A仲介会社を選ぶ際、実績やノウハウは必ず確認しましょう。自社と同じ規模のM&A案件の実績があるかどうかや、自社の業界におけるM&A案件の実績があるかどうかなどを理解しましょう。M&A仲介会社の過去の実績については、公式サイトで公開されていることが多いですが、問い合わせて過去の事例を聞いてみるのも良いでしょう。また、ノウハウについても公式サイトで紹介されていることが多いです。しっかりしたノウハウで実績を多数残しているM&A仲介会社に依頼すれば、あなたの会社のM&Aも成功しやすくなると言えます。

 

費用は成果報酬型がおすすめ

M&A仲介会社を選ぶにあたって、特にこだわりがなければ費用については成果報酬型がおすすめです。M&A仲介会社の報酬体系は幅広く存在しています。ですが、成果報酬型であれば、初期コストを抑えられる上に担当者も成果を出すために、より熱心に取り組んでくれえるからです。なので、費用について悩むようなら成果報酬型のM&A仲介会社を選んでください。

以上が、M&A仲介会社を選ぶ際に知っておくべきポイントでした。これらのポイントを押さえた上で、おすすめのM&A仲介会社10選を見ていきましょう。

 

M&A仲介会社おすすめ10選

今回見ていくおすすめのM&A仲介会社は、以下の10社です。

  1. M&Aコンサルティング
  2. M&Aキャピタルパートナーズ
  3. 日本M&Aセンター
  4. ストライク
  5. インテグループ
  6. M&Aアソシエイツ
  7. 中小企業M&Aサポート
  8. コーポレート・アドバイザーズ
  9. クラリスキャピタル
  10. フォーバル

 

名前を見かけたことがあるというM&A仲介会社も多いのではないでしょうか。これら10社のM&A仲介会社を比較して、自社にとって最も良いと思えるパートナーを選んでください。M&A仲介会社によって強みが異なるので、冷静に自社の状態と照らし合わせ、最適なパートナーを選ぶべきです。それでは、それぞれのM&A仲介会社について順番に見ていきます。

 

M&Aコンサルティング

M&Aコンサルティングは、着手金なしの完全成功報酬型のコンサルティングを行っています。つまり、M&Aコンサルティングに相談しても、M&Aが成約するまでは報酬を支払う必要はありません。そして、M&Aコンサルティングの強みは、経営者に徹底的に寄り添ったコンサルティングです。

M&Aを行うと一口に言っても、高齢のためのリタイアが原因の場合と新規事業に取り組みたいという気持ちが原因の場合では目指すべきM&Aが変わってきます。M&Aコンサルティングに相談すれば、自分の現状にあわせたM&Aを実行させられるはずです。会社を成長させて希望の価格で売るスケール型M&Aに興味があるのであれば、M&Aコンサルティングに依頼するのが良いでしょう。

 

M&Aコンサルティング社へのご相談はこちら

 

M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは、経営者の高齢化による事業承継を達成するためのM&Aを中心に実績を積み重ねているM&A仲介会社です。中小企業の案件を多く扱っているので、自社の規模が小さくても心配することなく相談ができます。また、M&Aキャピタルパートナーズは着手金や月額報酬を支払う必要がないことも強みです。相手側の会社と基本合意に達するまでは無料でサポートしてもらえます。M&Aを考えているけれど、じっくり納得いく相手を探したいというときでも安心して相談ができるでしょう。そして専任のコンサルタントがついてくれるので、なんでも相談しやすい環境を作ってもらえます。

 

日本M&Aセンター

日本M&Aセンターは、中小企業から大企業まで幅広い企業を相手にM&Aの仲介を行っています。単にM&Aを行うということだけを目的にするのではなく、M&Aの前後までしっかりとサポートしてもらえるので初めてのM&Aでも心配いりません。企業の過去からさまざまな分析をした上で将来を見据えて、ほんとうの意味でのM&Aを実行できるように協力してもらえるはずです。ただし、日本M&Aセンターは、着手金を支払う必要があります。売り手の場合は調査・資料作成開始のタイミングで、買い手の場合は詳しい情報提供を開始するタイミングで着手金が発生するのです。また、M&Aが成約したときにも成功報酬を支払うので頭に入れておきましょう。着手金もしっかり払った上で徹底的にM&A成功のために動いてもらいたいなら、日本M&Aセンターを検討しましょう。

 

ストライク

ストライクは、M&A仲介会社の中でも珍しい上場企業です。2016年に東証マザーズに上場し、2017年に東証一部上場に変更しました。インターネットを活用した相手探しのパイオニア的存在としても知られており、現在は案件の1/3程度はインターネットでのマッチングとなっています。したがって、幅広い選択肢から自社にとって最適な相手とM&Aをしたいときにはストライクに相談すると叶いやすいです。また、ストライクは後継者がいないことで廃業を考えているような経営者に向けて、事業承継セミナーを開いています。もしもあなたが後継者不足や経営難で経営を止めようと考えているなら、事業承継セミナーに参加してみるのも良いでしょう。

 

インテグループ

インテグループは、着手金や中間金などが一切必要ないM&A仲介会社です。このような着手金や中間金は、一度支払ってしまうとM&Aが成功しなかったとしても返還されないのが一般的なので、成功報酬のみのインテグループはリーズナブルに相談できるM&A仲介会社だと言えます。インテグループが安価に相談できるのは、インテグループの方針に中小企業にもM&Aをしてほしいという思いがあるからです。着手金や中間金が必要なケースでは、気楽に相談ができません。なので、できるだけコストを抑えてM&Aを行いたいのであれば、インテグループを検討しましょう。また、インテグループは企業グループに所属しない完全に独立したM&A仲介会社です。だからこそ、業界内のしがらみなどに縛られることもなく最高の相手とのマッチングが期待できるのです。

 

M&Aアソシエイツ

M&Aアソシエイツは、大手の政府系金融機関出身のスタッフが設立したM&A仲介会社です。公的な機関で中立的なM&Aをたくさん行ってきた専門家が設立したM&A仲介会社なので、買い手と売り手のどちらにも利益があるようなM&Aを狙えます。中立で将来を見据えたサービスを提供しながら、大手金融機関には頼れないような中小企業のM&Aで多くの実績を出しているM&A仲介会社です。相談は無料で受けてもらえるので、気になるようであれば電話やメールで問い合わせてみてください。無理な営業は行わないと名言しているM&A仲介会社なので、安心して問い合わせられるはずです。

 

中小企業M&Aサポート

中小企業M&Aサポートは、2017年度/2018年11月末においてM&Aの成約実績が78.3%となったことを売りにしているM&A仲介会社です。経験豊富で知識もあるアドバイザーと顧客の信頼関係を重要視しており、状況に応じた適切なアドバイスを行ってもらえます。M&A仲介会社に相談するのであれば、できるだけ自社に寄り添ったサポートをしてもらいたいと考えているはずです。特に、中小企業を経営しているけれどM&Aについて全然分からないという人には良いM&A仲介会社だと言えます。また、中小企業M&Aサポートは、着手金や月額報酬、企業価値算定が無料です。そして、成功報酬も150万円からとなっており、M&Aにあまりコストをかけられない場合や、売却利益を多く手に入れたい場合にも相談しやすいM&A仲介会社です。

 

コーポレート・アドバイザーズ

コーポレート・アドバイザーズは、会計事務所グループとしてM&Aについても専門家を抱えている会社です。M&Aに取り掛かろうか悩んでいるという段階から、実際にM&Aを実施していく段階まで、迅速で柔軟な対応をしてもらえます。たとえば、売り手側には事業承継やM&Aのスタート段階の相談から、相続対策などのアドバイスが受けられます。

一方、買い手側にも案件提案からM&Aを成功させるための統合業務についてまでアドバイスがもらえます。コーポレート・アドバイザーズは、「お客様の明日を創る/LONG TERM GOOD RELATION」というミッションを掲げて、顧客目線のハイレベルなサービスの提供を目指している会社です。財産問題などについても幅広くアドバイスしてもらいたいなら、コーポレート・アドバイザーズに相談してみるのも良いでしょう。相談自体は無料でできるので、気楽に問い合わせることができます。

 

クラリスキャピタル

クラリスキャピタルは中小企業を専門としたM&A 仲介会社です。中小企業のM&A実務について経験豊富な専門家がアドバイスをしてくれます。中小企業を専門としているだけあって、M&Aの手数料は業界でも最安値となっており、完全成功報酬制なのも嬉しいポイントです。着手金がいらず、成功報酬も200万円からと安価なので、中小企業でも相談しやすいといえるでしょう。M&A仲介会社によっては、取引価格が低い案件は断られる可能性もあります。しかし、クラリスキャピタルは1億円未満の小規模なM&Aも担当してもらえるので心配いりません。自社の規模が中小企業レベルで、できるだけ安くM&Aを行いたいならクラリスキャピタルに問い合わせてみましょう。

 

フォーバル

フォーバルは、中小企業が事業を次世代に引き継げるようにサポートしてくれるM&A仲介会社です。中小企業の事業承継を成功させるのは難しく、必ずしも親族が引き継げば良いというわけではありません。創業者よりも経営能力のある後継者を見つけなければ、企業の存続が難しくなってしまう時代なのです。

さらに、中小企業は後継者不足に悩まされていても、仲介会社に依頼するのに高いハードルがあると感じてしまっていることでしょう。そのような中小企業の経営者の悩みを解決するためにサポートしてくれるのがフォーバルなのです。100年後も続く会社を作っていくために専門家の力を借りたいのであれば、まずはフォーバルに相談してみましょう。

以上、M&A仲介会社を10社紹介しました。気になるM&A仲介会社を見つけたのであれば、積極的に問い合わせていくべきです。M&Aを成功させるためには早めの相談が大切なので、まずは話を聞きに行きましょう。しかし、どれを選ぶべきなのかについてまだ悩んでいる人もいると思います。そのような人のために、困ったときに行うべきアクションも一緒に確認しておきましょう。

 

おすすめのM&A仲介会社の中から選ぶのに困ったら

おすすめのM&A仲介会社10社の中からうまく選べないようなら、以下のようなことを試してみてください。

 

  • 簡易査定を受ける
  • 相談に行く
  • 二人三脚する相手として相応しいか考える

 

これらのアクションをとることによって、自社にとって有益なパートナーを選びやすくなります。どれもまだ具体的に良さそうなM&A仲介会社が見つけられていなくてもできることばかりなので、まずはトライしてみましょう。それぞれのアクションについて確認しておきます。

 

簡易査定を受ける

ひとまず問い合わせやすいM&A仲介会社に簡易査定をしてもらうと、M&Aについて具体的なイメージが沸きやすくなります。自社を売ろうと思っている場合、どれくらいの金額で売却できるのかが気になるポイントでしょう。査定の結果が高いところに依頼すれば、高額な売却益を手に入れられる可能性は高まります。ただし、簡易査定はあくまでも簡易的なものなので、必ずしもその金額になるとは限りません。したがって、目安程度として参考にしてください。

 

相談に行く

どこのM&A仲介会社にするべきなのかがハッキリ決められないなら、いくつかのM&A仲介会社に相談に行ってみるのが良いでしょう。直接行ってみて会社の雰囲気や従業員の言動について確認すれば、自然と依頼したいM&A仲介会社が決まることも珍しくありません。したがって、少しでも気になるM&A仲介会社があるなら、まずは相談に行きましょう。多くのM&A仲介会社は最初の相談は無料となっているので、気楽に行けるはずです。

 

二人三脚する相手として相応しいか考える

M&A仲介会社を選ぶのなら、二人三脚する相手として本当に相応しいかを考えることも大切です。M&Aは何カ月にも渡る非常に大きな手続きです。そのようなときに、なんでも相談できて安心して一緒に歩んでいけそうな相手かどうかを、無料相談の際には確かめてください。あなたの質問に対し、平易な回答をしてくれるだけでなく、あなたの会社のために動いてくれそうな信頼できる相手を見つけましょう。

 

M&Aの仲介会社に相談してみよう

M&Aを行うのであれば、後悔しないM&A仲介会社を選ぶべきです。なんとなくといった曖昧な理由でM&A仲介会社を選ぶと、あとあと失敗したと感じるので気を付けましょう。今回紹介したM&A仲介会社は、各社に強みがあります。自社の求めるパートナー像を冷静に考えた上で、最適なM&A仲介会社を選ぶようにしてください。悩んだらまずは無料相談をし、安心して任せられそうかを判断するのがベストな方法です。

 

当サイトでは、最初の相談相手としては、ご紹介したM&Aコンサルティング社をおすすめします。着手金無料で相談が可能なので、まず現状を整理する意味でもご相談してみてはいかがでしょうか。

 

M&Aコンサルティング社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<