M&A仲介会社ランキングTOP10!どこの会社へ真っ先に相談すべき?

M&Aを行う場合、まずはM&A仲介会社に相談することでしょう。しかし、どのM&A仲介会社に相談すれば良いのかが分からないという人も多いと思います。そこで、今回はM&A仲介会社を10社取り上げ、ランキング形式で徹底解説! どの会社にM&Aについて相談すべきかを理解し、信頼できるパートナーを見つけてください。あなたの会社にとって最適なM&A仲介会社を選べれば、あなたの理想通りのM&Aができる確率も一気に高まるはずです。

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

M&A仲介会社で受けられるサービス

まずは、M&A仲介会社でどのようなサービスが受けられるのかについて解説しましょう。特に、意識をして見ておくべきポイントとしては、相手探しのネットワークの広さと、実際にM&Aを行う際の実務面でのサポートの充実度です。M&A仲介会社に相談に行くとき、一番大切なのが自社にとって最適な相手を見つけられるかどうかだと言えます。どれだけ実務面でのサポートが手厚くても、そもそも相手がいなければM&Aは実行できないからです。なので、どれだけ広いネットワークを持っているのかを過去の実績などから判断してください。M&Aを検討している業界での経験が豊富なM&A仲介会社であれば、さらに安心できるはずです。実務面でのサポートについては、税理士や公認会計士といった専門家がどこまで手続きを手助けしてくれるのかをしっかり確認しておきましょう。それでは、このようなポイントを踏まえた上で、M&A仲介会社について一緒に確認しましょう。

 

M&A仲介会社ランキングトップ10

今回、ランキングに登場したM&A仲介会社は以下の10社です。

  1. スパイラルコンサルティング
  2. M&Aキャピタルパートナーズ
  3. 日本M&Aセンター
  4. ストライク
  5. インテグループ
  6. M&Aアソシエイツ
  7. 中小企業M&Aサポート
  8. コーポレート・アドバイザーズ
  9. クラリスキャピタル
  10. フォーバル

 これら10社のM&A仲介会社を比較し、自社にとって最も良いと思えるパートナーを選んでください。それでは、それぞれのM&A仲介会社について順番に見ていきます。

 

スパイラルコンサルティング

スパイラルコンサルティングは、着手金なしの完全成功報酬型のコンサルティングを行っています。つまり、スパイラルコンサルティングに相談しても、M&Aが成約するまでは報酬を支払う必要はありません。そして、スパイラルコンサルティングの強みは、経営者に徹底的に寄り添ったコンサルティングです。M&Aを行うというように一口に言っても、高齢のためのリタイアが理由の場合と、新規事業に取り組みたいという気持ちが理由の場合では目指すべきM&Aが変わってきます。スパイラルコンサルティングに相談すれば、自分の現状に合わせたM&Aを実行することができるはずです。会社を成長させて希望の価格で売るスケール型M&Aに興味があるのであれば、スパイラルコンサルティングに依頼するのが良いでしょう。

 

スパイラルコンサルティング社へのご相談はこちら

 

M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは、経営者の高齢化による事業承継を達成するためのM&Aを中心に実績を積み重ねているM&A仲介会社です。中小企業の案件を多く扱っているので、自社の規模が小さくても心配することなく相談ができます。また、M&Aキャピタルパートナーズは着手金や月額報酬を支払う必要がないことも強みです。相手側の会社と基本合意に達するまでは無料でサポートしてもらえます。M&Aを考えているけれど、じっくり納得いく相手を探したいというときでも安心して相談ができるでしょう。そして専任のコンサルタントがついてくれるので、なんでも相談しやすい環境を作ってもらえます。

 

日本M&Aセンター

日本M&Aセンターは、中小企業から大企業まで幅広い企業を相手にM&Aの仲介を行っています。単にM&Aを行うことだけを目的にするのではなく、M&Aの前後までしっかりとサポートしてもらえるので、M&A初心者でも心配ありません。企業の過去の状態から多角的に分析をした結果、将来を見据えて本当の意味でのM&Aを実行できるようなサポートを受けられます。ただし、日本M&Aセンターは着手金を支払う必要があります。売り手の場合は調査・資料作成開始のタイミングで、買い手の場合は詳しい情報提供を開始するタイミングで着手金が発生するのです。また、M&Aが成約したときにも成功報酬を支払うので頭に入れておきましょう。着手金もしっかり払った上で徹底的にM&A成功のために動いてもらいたいなら、日本M&Aセンターに相談することを検討しましょう。

 

ストライク

ストライクは、M&A仲介会社の中でも珍しい上場企業です。2016年に東証マザーズに上場し、2017年に東証一部上場に変更しました。インターネットを活用した相手探しのパイオニア的存在としても知られており、現在は案件の1/3程度はインターネットでのマッチングとなっています。したがって、幅広い選択肢から自社にとって最適な相手とM&Aをしたいときにはストライクに相談するのが得策かもしれません。また、ストライクは後継者がいないことで廃業を考えているような経営者に向けて、定期的に事業承継セミナーを開いています。もし、あなたが後継者不足や経営難で経営を止めようと考えているなら、事業承継セミナーに参加してみるのも良いでしょう。

 

インテグループ

インテグループは着手金や中間金などが一切必要ないM&A仲介会社です。このような着手金や中間金は、一度支払ってしまうとM&Aが成功しなかったとしても返還されないのが一般的なので、成功報酬のみのインテグループはリーズナブルに相談できるM&A仲介会社だといえるでしょう。インテグループが安価に相談できるのは、インテグループの方針に「中小企業にもM&Aをして欲しい」という思いがあるためです。着手金や中間金が必要なケースでは、気楽に相談ができません。なので、できるだけコストを抑えてM&Aを行いたいのであれば、インテグループを検討しましょう。また、インテグループは企業グループに所属しない完全に独立したM&A仲介会社です。だからこそ、業界内のしがらみなどに縛られることもなく、最高の相手とマッチングできることが期待できます。

 

M&Aアソシエイツ

M&Aアソシエイツは、大手の政府系金融機関出身のスタッフが設立したM&A仲介会社です。公的な機関で中立的なM&Aをたくさん行ってきた専門家が設立したM&A仲介会社なので、買い手と売り手のどちらにも利益があるようなM&Aを狙えます。中立で将来を見据えたサービスを提供しながら、大手金融機関には頼れないような中小企業のM&Aで多くの実績を出しているM&A仲介会社です。相談は無料で受けてもらえるので、気になるようであれば電話やメールで問い合わせてみてください。無理な営業は行わないと名言しているM&A仲介会社なので、安心して問い合わせられるはずです。

 

中小企業M&Aサポート

中小企業M&Aサポートは、2017年度/2018年11月末においてM&Aの成約実績が78.3%となったことを売りにしているM&A仲介会社です。経験豊富で知識もあるアドバイザーと顧客の信頼関係を重要視しており、状況に応じて適切なアドバイスを行います。M&A仲介会社に相談するのであれば、できるだけ自社に寄り添ったサポートをしてもらいたいものです特に、中小企業を経営しているけれどM&Aについて、具体的な全体像をつかめていない人には最適なM&A仲介会社だと言えます。また、中小企業M&Aサポートは、着手金や月額報酬、企業価値算定が無料です。そして成功報酬も150万円からとなっており、M&Aにあまりコストをかけられない場合や、売却利益を多く手に入れたい企業には頼れる存在といえます。

 

コーポレート・アドバイザーズ

コーポレート・アドバイザーズは、会計事務所グループとしてM&Aについても専門家を抱えている会社です。M&Aに取り掛かろうか悩んでいるという段階から、実際にM&Aを実施する段階まで、迅速で柔軟な対応をしてもらえます。たとえば、売り手側には事業承継やM&Aのスタート段階の相談から、相続対策などの幅広くアドバイスしてくれます。一方、買い手側にも案件提案からM&Aを成功させるための統合業務についてまでサポートします。コーポレート・アドバイザーズは、「お客様の明日を創る/LONG TERM GOOD RELATION」というミッションを掲げて、顧客目線のハイレベルなサービスの提供を目指している会社です。財産問題などについても幅広くアドバイスしてもらいたいなら、コーポレート・アドバイザーズに相談してみるのも良いでしょう。相談自体は無料でできるので、気楽に相談することができます。

 

クラリスキャピタル

クラリスキャピタルは中小企業を専門としたM&A 仲介会社です。中小企業のM&A実務について経験豊富な専門家がアドバイスをしてくれます。中小企業を専門としているだけあって、M&Aの手数料は業界でも最安値となっており、完全成功報酬制なのも嬉しいポイントです。着手金がいらず、成功報酬も200万円からと安価なので、中小企業でも相談しやすいといれるでしょう。M&A仲介会社によっては取引価格が低い案件は断られる可能性もありますが、クラリスキャピタルは1億円未満の小規模なM&Aも担当してもらえるので心配いりません。自社の規模が中小企業レベルで、できるだけ安くM&Aを行いたいならクラリスキャピタルに問い合わせてみましょう。

 

フォーバル

フォーバルは、中小企業が事業を次世代に引き継げるようにサポートしてくれるM&A仲介会社です。中小企業の事業承継を成功させるのは難しく、必ずしも親族が引き継げば良いというわけではありません。創業者よりも経営能力のある後継者を見つけなければ、企業の存続が難しくなってしまう時代なのです。そのようなとき、中小企業は後継者不足に悩まされていても仲介会社に依頼するのには高いハードルを感じてしまいやすくなっています。そこで、中小企業の経営者の悩みを解決するために、フォーバルはサポートしてくれます。100年後も続く会社を作っていくために専門家の力を借りたいのであれば、まずはフォーバルに相談してみましょう。

 以上、M&A仲介会社を10社ご紹介しました。気になるM&A仲介会社を見つけたのであれば、積極的に問い合わせていくのが良いでしょう。M&Aを成功させるためには早めの相談が大切なので、まずは最初の相談に行ってみるべきです。ここからは、M&A仲介会社を選ぶ際に知っておくと良いポイントを確認していきます。どのM&A仲介会社に頼るのかを決めかねているという人は、ぜひ参考にして選んでみてください。

 

M&A仲介会社を選ぶ際のポイント

M&A仲介会社を選ぶ際に意識しておくべきポイントには、以下のような3つのものがあります。

  1. 実績
  2. 得意分野
  3. 料金

これらのポイントを押さえた上でM&A仲介会社を選べば、納得いくパートナーが見つけやすくなります。具体的にどのように意識しておけば良いのかについて、順番に見ていきましょう。

 

実績

M&A仲介会社を選ぶ上で非常に重要なのが、その会社のM&Aにおける実績です。自社と同じ規模のM&A案件の実績があるかどうかや、自社の業界におけるM&A案件の実績があるかどうかを確認してみてください。実績については、公式サイトで公開されていることが多いのですが、問い合わせて過去の事例を聞くべきでしょう。一部の業界にだけ非常に強いが他の業界についてはそこまでで詳しくないというM&A仲介会社もゼロではありません。どこに相談するべきなのか悩んだら、まずは実績を参考に選んでみましょう。

 

得意分野

M&A仲介会社の得意分野も重要です。たとえば税理士が多いM&A仲介会社であれば、相続税や贈与税についての相談にも丁寧に乗ってもらえます。もちろんどの仲介会社でもまったく相談に乗ってもらえない分野があるということは少ないですが、すでに詳しく相談したい分野が決まっているなら、それが得意分野となっているM&A仲介会社を選ぶべきです。その方が安心してなんでも相談できるでしょう。

 

料金

料金もM&A仲介会社を選ぶなら重要なポイントです。着手金が必要なM&A仲介会社もあれば、完全成功報酬型のM&A仲介会社もあります。なので、自分の予算に応じて相談するM&A仲介会社を選んだ方が、金銭面で不安になることなく相談できるはずです。最初の相談のときに見積もりを出してもらえば、どれくらいの金額を用意しておけば良いのかが分かるので、まずは見積書をもらいましょう。

 

後悔しないM&A仲介会社選びを

M&Aを行うのであれば、後悔しないM&A仲介会社を選ぶべきです。なんとなくといった曖昧な理由でM&A仲介会社を選ぶと、あとあと失敗したと感じることもあるので避ける方が良いでしょう。今回ご紹介したM&A仲介会社はそれぞれに強みがあります。自社の求めるパートナー像を冷静に考えた上で、最適なM&A仲介会社を選ぶようにしてください。悩んだらまずは無料相談に行ってみて、安心して任せられそうかを判断するのがベストです。

当サイトでは特に、最初にご紹介したスパイラルコンサルティング社をおすすめします。

着手金無料で相談が可能なので、まずは現状を整理する意味でも、相談を検討してみてはいかがでしょうか。

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

経営者の方は必見!

今ならM&Aを理解し使いこなすための本、「図解で簡単!オーナーのためのM&A入門」が経営者限定で無料で手に入ります。詳しくは下記リンクをクリック。

>>「オーナーのためのM&A入門」無料プレゼント!<<