M&Aアドバイザー ランキングトップ10【最新版】

M&Aと合わせてM&Aアドバイザーを検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、M&Aをより良いものにするためにM&Aのアドバイザーを依頼したいと考える方は、少なくありません。

ここではM&Aアドバイザーについて詳細をご説明するとともに、ランキングも合わせてご紹介します。

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

M&Aアドバイザーとは?

M&Aアドバイザーとは、M&Aに関する一連の手続きをサポートし、M&Aが成立するように専門家の立場からアドバイスなどを行う人です。主に、買い手側の代理人として、売り手候補との交渉を行うことが多く、財務会計や法律などの幅広い専門知識と実務経験が必要です

M&Aをオーナーが単独で行うことは難しいため、M&Aを行うには、まずM&Aアドバイザリーを探すところからスタートします。M&Aの成功は、いかに自社に適したM&Aアドバイザーを探せるかにかかっている、ともいえます

 

M&Aアドバイザーに依頼できる業務内容

M&Aアドバイザーに依頼できる業務内容は、手続きから成約のサポート以外にもさまざまです。

M&Aを検討している企業に対して相手の企業を探すほか、交渉や企業の価格査定、各種必要な書類作成もしています。また、アドバイスをするだけでなくM&Aに関して全面的なバックアップを行っています。

 

M&Aアドバイザー ランキングトップ10

ここまでM&Aのアドバイザーについて、ご紹介させていただきました。

M&Aアドバイザーのランキングが気になる方も多いのではないでしょうか。ここからはランキングをトップ10に絞りご紹介します。

 

M&Aコンサルティング

M&Aコンサルティングは、M&Aを単なる売却やマッチングではなく、M&A後の企業成長やオーナーの今後まで見据えて総合的なゴールを設定し、その一過程としてM&Aの目標を位置づける「スケール型M&A」という独自の考え方をとっています。

そのため、M&Aアドバイザーが陥りがちな目先の利益偏重ではなく、アドバイザーがオーナーと一緒になって、現状把握や企業価値向上のための目標・アクションプラン設定を行う姿勢が魅力です。場合によっては、売却希望価格を実現するために、企業を成長させてからM&Aを行うといった、長期的なおつきあいを提案することもあります。

また、完全成功報酬型をとっているため、M&Aの成立まで支払いが発生しない点は、相談の時点でやや資金面に余裕がなくても、将来的に大きな成長を目指しているオーナーにとっては、大きなメリットです。成功報酬の算定方法は、ほかの方法より報酬を低めに抑えることが可能な譲渡対価ベースを採用しているのも、オーナーにやさしいポイントです。

 

料金体系:完全成功報酬型

成功報酬の算定方法:レーマン方式(譲渡対価ベース)

相談料:無料

 

M&Aコンサルティング社へのご相談はこちら

 

M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは、東証一部上場企業の信頼感と、契約前の相談時からM&Aの成約まで、専任コンサルタントが継続して担当する点が特徴です。調剤薬局業界など、様々な業界においてトップレベルの成約実績を誇ります。対応地域は、主に東京周辺です。

買い手候補との基本合意までは支払い費用が発生せず、企業評価レポートの作成も無料のため、初期の段階では気軽に相談できます。ただし、M&Aが成立しなくても中間金は返金されない点に注意しましょう。

 

料金体系:中間金(成功報酬の10%分)+成功報酬(残り90%)

成功報酬の算定方法:レーマン方式(譲渡対価ベース)

相談料:無料

 

日本M&Aセンター

日本M&Aセンターは、同じく東証一部に上場しており、約30年以上、中堅・中小企業のM&Aサポートに従事、成約実績累計は約4,500件超と、国内トップクラスである点が特徴です。公認会計士などの士業専門家を多数有しており、企業概要書の作成や企業価値評価などに定評があります。

東京をはじめ国内5ヶ所とシンガポールに拠点があり、国内全域+アジアにおけるM&Aの依頼が可能です。着手金+成功報酬の料金体系のため、M&Aが不成立でも着手金は返金されない点に注意しましょう。

 

料金体系:着手金+成功報酬

成功報酬の算定方法:レーマン方式(移動総資産ベース)

相談料:無料

 

ストライク

ストライクは、同じく東証一部に上場しており、90年代からインターネット上にM&A仲介市場「smart」を運営するなど、M&A業界では最先端のマッチング手法を展開しており、Web上から買い手候補を見つけることも可能です。東京をはじめ、国内7ヶ所に拠点があります。投資銀行出身者などの社内専門家や、国内の士業専門家との連携による高い専門性が特徴です。

着手金+成功報酬の料金体系をとっており、成功報酬の算定方法についてはホームページに詳しい記載がないため、依頼したい場合は無料相談時に担当者へ確認するようにしましょう。

 

料金体系:着手金+成功報酬

成功報酬の算定方法:要確認

相談料:無料

 

インテグループ

インテグループは、中小規模の企業へのM&Aサポートに特化し、メインとしているのは売上金額1億前後〜150億円程度の企業ですが、それ以外の規模でも積極的に対応します。専門性とスピードにこだわりがあり、特にスピードは、通常1年程度はかかるM&Aにおいて3ヶ月〜半年程度での成約を可能としています。対応地域は拠点がある東京・大阪近辺です。

完全成功報酬型をとっているため、費用を比較的抑えることが可能なのがうれしいです。

 

料金体系:完全成功報酬型

成功報酬の算定方法:レーマン方式(譲渡対価ベース)

最低報酬金額:500万円

相談料:無料

 

M&Aアソシエイツ

M&Aアソシエイツは、大手公式金融機関の出身スタッフが創設し、中堅・中小企業を対象としたM&Aや事業承継支援に特化しています。完全成功報酬型をとっているため、中小企業にもやさしめの料金で、大手金融機関水準のサービスを受けられるのが魅力です。中小企業オーナーがM&Aに臨むうえでの心理への理解があり、まだM&Aを検討している段階でも気軽に相談可能です。

 

料金体系:完全成功報酬型

成功報酬の算定方法:レーマン方式(譲渡対価ベース)

相談料:無料

 

中小企業M&Aサポート

中小企業M&Aサポートは、中小企業のM&Aサポートに特化し、経験を踏んだアドバイザーがオーナーとの信頼関係を最優先として誠実に対応します。直近2年間の成約実績は78.3%と、独自案件分析システムの活用により高成約率を実現しています。企業登録多数の独自データベースにもとづくマッチング力が特徴です。

 

料金体系:中間金(100万円)+成功報酬

成功報酬の算定方法:レーマン方式(譲渡対価ベース)

最低報酬金額:150万円

相談料:無料

 

コーポレート・アドバイザーズ

コーポレート・アドバイザーズは、会計事務所グループの特徴を活かして、M&Aのみならず財産活用や相続対策まで、総合的なコンサルティングが可能です。売り手だけではなく、買い手側のM&Aサポートも積極的で、M&Aの成功確率向上のためのセミナーも頻繁に実施しています。

 

料金体系:着手金(50万円)+成功報酬

成功報酬の算定方法:レーマン方式(譲渡対価ベース)

最低報酬金額:1,000万円

相談料:無料

 

クラリスキャピタル

クラリスキャピタルは、中堅・中小企業を対象にしたM&Aサポートに特化しており、売却価格が1億円未満の個人店舗など、大手会社には依頼しにくい小規模な案件についても対応可能です。誠実でスピーディーな対応を心がけており、顧客満足度は比較的高いです。本社がある東京以外にも、全国対応しています。

 

料金体系:完全成功報酬型

成功報酬の算定方法:レーマン方式(譲渡対価ベース)

最低報酬金額:200万円

相談料:無料

 

フォーバル

フォーバルは、中小・小規模案件を対象としたM&Aサポートに特化しており、メインとしているのは、売上金額数千万円〜10億円程度の企業です。約2万社が登録している独自の顧客ネットワークにより迅速にマッチングできます。全国10ヶ所に拠点があり、地方のオーナーも気軽に相談できるのがうれしいです。

 

料金体系:着手金(50〜200万円)+成功報酬

成功報酬の算定方法:レーマン方式(移動総資産ベース)

相談料:無料

 

M&Aアドバイザーの仲介手数料の仕組みは?

M&Aアドバイザーの依頼を検討されている方もいるでしょう。

では、実際にM&Aアドバイザーに依頼をした場合仲介手数料はどのくらいかかるのでしょうか。

あまり金額がかからないのではと考える方もいらっしゃいますが、依頼時から成約まですべてを合わせると安い金額ではありません。それぞれについて、ぜひ参考にしながらご覧ください。

 

かかる費用の種類

M&Aアドバイザーに依頼をした時から最終的な成約までにかかる仲介手数料を9つに分けてご紹介します。

こちらの仲介手数料は、進捗状況によって支払われています。しかし、近年では、他社と比べ手数料なしもしくは手数料を低くするなど強みにしている仲介会社も増えてきています。

 

相談料

相談料は、一部手数料を取っている仲介会社もあります。しかし近年では、多くの仲介会社は無料になっています。

ただし、相談料がかからないから安く済む、というわけではないため注意が必要です。

相談料がかからない仲介会社の一部には、そのぶん着手金がかかってしまう場合もありますので、事前にしっかりとリサーチをしましょう。

 

着手金

着手金は、企業によって大きく差がある手数料のひとつと言ってもいいでしょう。

着手金の金額に差が出る理由のひとつは、仲介会社が調査費用や資料の作成に時間や費用がかかってしまうためです。

ただし一部の仲介会社では、相談料と同様で無料に設定している場合もあります。

 

中間金

中間金は、M&Aアドバイザー側と依頼側の双方が同意をしたときに支払いが生じる仲介手数料です。

契約後に途中で契約がなくなった場合でも支払われ、戻ってこない仲介手数料です。

そのため、しっかりと契約内容を確認し、中間金の金額が成功手数料の1割から2割と視野に入れて契約をしましょう。

 

成功報酬

成功報酬は、M&Aの契約が成約した場合に支払われる仲介手数料です。

成約したときのみに発生する仲介手数料ですので、途中で契約がなくなった場合は支払いは行いません。

一般的には、計算式の「レーマン式」と呼ばれる方法で計算されます。このあとご紹介する最低手数料(最低報酬)を設定している企業もあるため、金額が高くなることも想定しておきましょう。

 

定額顧問料(リテイナーフィー)

定額顧問料は、M&Aの交渉が成立するまでつまり成約するまでの間に毎月支払いをする手数料です。

定額顧問料を設けている仲介会社は多くありません。しかし、成約するまでに時間がかかることも少なくありませんので、成約に長引く点も視野に入れ事前に確認しましょう。

 

デューデリジェンス費用

デューデリジェンス費用は、調査費用とも呼ばれている仲介手数料です。

調査費用と呼ばれているため、M&Aの仲介会社のための手数料と思われる方も少なくありません。

しかし、実際にはこの契約に関わる公認会計士などの専門家に支払われる手数料です。近年では、この手数料を設定している仲介会社は少ないと言ってもいいでしょう。

 

その他実費

その他の実費は、名義などの書き換えに必要な手数料などです。こちらの手数料は、すべて企業が支払う場合がほとんどですが、一部を仲介会社が負担する場合もあります。

他にも専門家へ依頼した場合の費用も自己負担になる場合が多いため、必要以上の金額を想定しておきましょう。

 

最低手数料とは

最低手数料は、別名最低報酬と呼ばれています。成功報酬だけでは、人権費など他の費用の影響で事業として維持するには難しい仲介会社もあります。

そのため、仲介会社の規模を問わず最低手数料を設けています。

この金額は、仲介会社規模によって大きく差が出る場合が少なくありません。最低手数料と聞くと低めの手数料と思いがちですが、事前に確認しておきましょう。

 

完全成果報酬型なら安心して相談できる

完全成果報酬型は、別名完全成功報酬型と呼ばれます。

完全成果報酬型の場合、M&Aの契約が成約しなければ発生しません。そのため、必要以上の仲介手数料を支払わずに契約が可能です。

特に経営者にとっては、都度かかる様々な手数料を考慮せずに行えるなど、さまざまなメリットがあります。いくつかご紹介します。

 

費用を安く抑えられる

料金が高めのM&Aアドバイザーでは、200万円程度の着手金や、成功報酬の30%程度の中間金などを支払うケースもあります。また、売却代金をあてにしてM&Aを依頼する場合は、着手金や中間金の支払い分を、捻出する必要も出てきます。

完全成果報酬型は、着手金や中間金などを支払わなくてもよいため、費用を大幅に安く抑えられ、M&A成立時に売却代金から成果報酬を支払えばよいため、資本に限りがある会社にとってのメリットは大きいです。

 

M&Aが不成立に終わっても、ムダな費用が発生しない

実際にM&Aを進めてみると、買い手候補が見つからないなどの理由で、M&Aが不成立に終わったり、成立しても数年かかったりといったケースもあります。

M&Aが不成立でも、支払った着手金や中間金などは返ってきません。また、定額顧問料はM&Aが成立するまで毎月支払う必要があるので、M&Aに年単位の時間がかかってしまうとその分費用が膨らんでいきます。

完全成果報酬型では、着手金や中間金、定額顧問料が発生しないため、仮にM&Aが不成立に終わっても、費用は発生しません

 

料金体系がシンプルで分かりやすい

M&Aアドバイザーに支払う費用は、前述した以外の費用もあるなど、料金体系が複雑で分かりにくいです。加えて、ホームページなどに詳しい費用の内訳や金額が明示されておらず、担当者に直接確認が必要な会社もあります。

完全成果報酬型は、M&A成立時に成果報酬を支払うのみのシンプルな料金体系のため、分かりやすい点が魅力です。ほかの料金体系のように、M&Aアドバイザーとの契約に際して支払う細かい費用が次から次へと出てきて戸惑うようなことはありません。そのため、安心してM&Aアドバイザーに相談することができます。

 

M&Aアドバイザーを選ぶ際のポイント

おすすめのM&Aアドバイザーを紹介してきましたが、実際にM&Aアドバイザーを選ぶ際に、重視したいポイント3点を解説します。

 

  • セキュリティ面など安心して依頼できるかどうか
  • 経営者の思いに寄り添う姿勢があるか
  • 実績も確認する

 

こちらの点について、それぞれ詳しくご説明します。M&Aアドバイザーによって特徴が異なりますので、ぜひ検討しているM&Aアドバイザーと比べながらご覧ください。

 

セキュリティ面など安心して依頼できるかどうか

個人情報や企業の情報など流失するニュースを耳にしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

特に近年ではさまざまな経路からの情報流出が考えられるため、いかにセキュリティ面において安心して依頼できるかは重要なポイントです。

セキュリティ面をどのように強化しているのかなど、詳細をしっかりと確認しておきましょう。

 

経営者の思いに寄り添う姿勢があるか

M&Aアドバイザーがどのような姿勢でM&Aに臨んでいるかも、重要なポイントです。

案件の成立や売却金額を重視しすぎるM&Aアドバイザーの場合、強引に話を進めようとする姿勢に戸惑いを感じる場合があります。たとえば、契約を取って着手金を支払わせようとして、高めの売却金額予測を提示していたのに、いざ契約したら希望する売却金額を次第に下げさせられるなどのケースもあります。

経営者の思いに寄り添う姿勢があり、単に物件を売却すればよいのではなく、企業の将来や経営者の今後を俯瞰で見て、より良い選択肢を提案してくれるかという観点から、M&Aアドバイザーを選ぶようにしましょう。

 

実績も確認する

依頼したいM&Aアドバイザーが、過去にどんな実績を挙げているのかも確認しましょう。M&Aアドバイザーごとに最も得意とする業界や事業領域があるため、できれば売却したい企業・事業が属する業界に精通しているM&Aアドバイザーを探せればベストです。

M&Aの過去事例は非公開が多いため、M&Aアドバイザーのホームページには実績の詳細が記載されていないケースがあります。その場合も、契約前の相談時に確認すれば教えてもらえます。自社と類似または隣接する業界・事業の過去事例があれば紹介してもらい、業界特有の事情や過去事例から予測される売却金額などを確認しましょう。

 

M&Aアドバイザーを活用しよう

M&Aを成功させる鍵は、よいM&Aアドバイザーを見つけることです。

契約前の相談は無料でできる会社がほとんどなので、「料金体系」「M&AアドバイザーのM&Aへの姿勢」「実績」の3点から複数のM&Aアドバイザーを比較し、実際の相談により曖昧な点を確認して、納得のいく形で契約できるようにしましょう。

 

相談無料のM&Aアドバイザーの中で、まず最初に問い合わせてみて頂きたいのは、M&Aコンサルティング社です。幅広いノウハウを持っているので、様々なパターンの相談に答えられるのではないかと思います。

まず現状を整理する意味でもご相談してみてはいかがでしょうか。

 

M&Aコンサルティング社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<