IT企業の事業承継【事例から読み解くポイント】

IT企業の経営者は、いずれ退任して後継者に会社を任せることになります。いつ事業承継を行うかは、企業の状況に合わせて決めることが大切です。また、事業承継を行うためには、いくつかの条件を満たしていなければなりません。条件を含め、IT企業の事業承継の成功のポイントは、過去の事例を読み取ることでわかるでしょう。ここでは、IT企業の事業承継の事例と、事例から読み取れる成功のポイントをご紹介します。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

IT企業の事業譲渡を行う前に知っておきたいこと3つ

IT企業が事業譲渡を行う際には、より高く売却できるように、魅力的なプレゼンをしなければなりません。そのためには、必要な資料やデータを集めることが重要です。その他にも、自社に合った買い手を選出し、適切に条件を提示して速やかに契約へと繋げる必要もあります。このように、IT企業の事業譲渡を成功させるためには、様々なポイントを押さえる必要があります。そこで今回は、IT企業の事業譲渡を行う前に知って起きたいポイントをご紹介します。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

製薬会社の事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

会社を経営していく上で、トップに立つ人間には会社の経営資源を守っていく責務があります。 製薬会社は医薬品、研究開発に携わる研究員、取引先の薬局や他業種など、多くの経営資源が携わり構築しています。 なんらかの理由で、経営者が会社から退くことになった場合、経営者や従業員共に、悩んだり、不安な気持ちになったりするかと思います。» 続きを読む

製薬会社のM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

製薬会社とは、薬事法に基づき厚生労働大臣から許可を得て、医薬品の製造を行っている会社のことを指します。 医薬品は、病気の治療や予防に欠かせないものであり、医薬品を研究開発する製薬会社業界は、他業界に比べて景気に左右されることの少ない安定した産業といわれてきました。2018年度の統計では、日本国内にある製薬会社の売り上げは約10兆円程とされており、世界でトップ3をキープする市場規模となっています。 しかし現在の日本は、国民皆保険制度により世界最高レベルの平均寿命と保健医療水準を実現した代わりに、高齢化などによって増え続ける医療費の問題を抱えています。政府は薬価の引き下げや、ジェネリック医薬品の推進などの対策によって、医療費を抑制しようとしています。» 続きを読む

製造業(メーカー)の事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

「製造業を行っている自社の事業売却をしたいけれど、できるのかどうかがわからない」なんて、お悩みではないでしょうか。 それなりの規模がある会社を経営していると、実際に買い手がつくのかどうか不安になりますよね。 しかし、魅力的な製品や技術力があれば、売却は可能です。» 続きを読む

製薬会社のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

現在、日本における労働者人口の減少や国内消費の停滞などによって事業再編を迫られる企業は増加傾向にあります。 製薬会社もその例外ではなく、多くの企業が企業間の競争や激しい需要の変化にさらされています。 本稿では、M&Aの概要や一般的な実施方式に触れた後、各方式のメリット・デメリット、M&Aが有効な承継手段となる状況、最後に実際の手続き過程における注意点を解説します。» 続きを読む

システム開発会社のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

「会社を買う」ということが、サラリーマンでも実現可能となってきました。 今までは、大手企業が対象企業を買収して傘下にいれるということが多く行われてきて、会社を買うなんて一般人には無理だと思われてきたのですが、最近は個人が会社を購入することが増加する傾向となっています。 なぜこのような状況になってきたのでしょうか?» 続きを読む

システム開発の事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

日本でM&Aは売り手市場といわれています。しかし残念ながら全ての業種が売り手市場というわけではありません。あまり人気のない業種も存在します。 たとえばM&A市場では「製造業」はあまり人気がないと言われています。 なぜかいうと、海外製品に押されて売上が低迷している上に、工場などを持つ必要があり設備投資がかさんでしまって、金融機関などからの借入金が重くのしかかっている企業が多いという点が挙げられます。» 続きを読む

システム開発の事業譲渡を行う前に知っておきたいこと3つ

一昔前までは、M&Aといえば大企業同士が行うことが多かったのですが、最近は中小企業を中心にM&A件数が増加傾向にあります。 この理由として、後継者不在問題、少子化に伴う若手労働者の不足などが関係しています。ただ、ここまでM&Aが一般化した要因には、M&Aが特別な手法ではなく、誰にでも実行するチャンスがある身近なものだという認知が広まったことも関係しています。 M&Aを完了することで、後継者不在で廃業しかなかった企業が経営を続けることができたという話や、赤字経営だった会社が売却できたという話がどんどん出てきているのです。» 続きを読む