通訳・翻訳会社のM&Aで相談すべき仲介会社10選

通訳・翻訳会社のM&Aを考えているものの、どの仲介会社に頼めば安心なのか、知りたいという人も多いかと思います。現在、M&A仲介会社の数は非常に多く、特に、初めてM&Aに取り組む人は戸惑うことだらけだと思います。そこで、今回は通訳・翻訳会社のM&Aで相談すべき仲介会社10社を紹介します。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

ビルメンテナンス業のM&Aで相談すべき仲介会社10選

ビルメンテナンス企業は、私たちが日常的に足を運ぶことが多い大型商業施設やビルのバックグラウンドで、施設の空調設備や電気設備などの点検・整備を行い、利用者が安心して利用できるような快適な空間を作り出しています。 ビルメンテナンス業は安定した需要によって、業界内は均衡したバランスを保っているように見えますが、様々な理由により、業界内でM&Aを積極的に活用する動きが出てきました。そこで、M&Aにおいて重要な役割を務めるのが「M&A仲介会社」です。ビルメンテナンス業界動向から見えてくる企業のM&Aの動き、M&A仲介会社を選ぶ際のポイントや、おすすめのM&A仲介会社10社をご紹介していきます。  » 続きを読む

空調設備会社のM&Aで相談すべき仲介会社10選

空調設備会社のM&Aを行いたいが、数ある仲介会社から、どの仲介会社を選べばいいのか分からないという方もいるでしょう。事実、M&A仲介会社の数は非常に多く、初めてM&Aを行う方は、戸惑うかもしれません。そこで、この記事では空調設備工事業界におけるM&Aの実状を織り交ぜながら、相談すべき仲介会社10選を紹介します。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

ラーメン屋のM&Aで相談すべき仲介会社10選

この記事では、ラーメン屋業界の動向やM&Aが実施される背景などを説明しつつ、ラーメン屋でのM&Aを実施するにあたって、その相談をするに適していると思われる仲介会社を10社紹介します。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

ベンチャー企業の事業譲渡【事例から見えてくる注意点】

ベンチャー企業と聞くと、1949年に実際あった「光クラブ事件」を思い浮かべてしまいます。三島由紀夫著の「青の時代」のモデルにもなった事件です。 光クラブ事件というのは、学生だけで、今までとは全く違うタイプの金融業(光クラブ)を起業することから端を発します。代表者が東大生でした。今でいうなら東大発ベンチャーというところでしょうが。 光クラブは、大々的な広告を打つことで注目を集め、大勢の出資者から多額の資金を集めることに成功するのですが、起業間もなく物価統制令違反で代表者が逮捕されてしまいます。» 続きを読む

ベンチャー企業のM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

M&Aは、投資としての要素を持っています。不動産投資、株式投資など似たところがあります。物件、株式を手放して、手に入れた利益をプラスし、また新しい物件や株式を購入する、そして投資を繰り返すことで資産を増やしていくというやり方が似ているのです。   似ていますが大きな相違点もあります。» 続きを読む

ベンチャー企業のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

投資家で成功している方達は、ベンチャー企業に投資していることが多いという事実があります。 ベンチャー企業株式は、株価上昇にスピード感がありますし、企業が成長すると、配当金も受け取ることができます。この高額な配当金を見込めるベンチャー企業も存在します。  » 続きを読む

システム開発会社のM&Aで相談すべき仲介会社10選

IT技術の進歩によって、様々なツールが開発されてきました。スマートフォンやパソコンの普及と革新で、より快適で便利な生活を過ごすことができるようになったでしょう。 ビジネスの世界においてもIT技術が大きな革新をもたらしています。オフィスや製造工場などにはロボットやAIが導入され、日本経済の基盤の更なる強化に貢献しています。これらのシステムの構築を担うのが、システム開発会社です。ITや新しい技術に対するニーズは今後も拡大していくことが見込まれます。 そんな中、事業承継や、人材不足の解消などを背景に、システム開発会社のM&Aが増えてきています。M&Aは買い手企業にとっても、売り手企業にとってもメリットのある取引です。引退を考えている経営者は、会社を売却することで引退後の資金を獲得するとともに従業員の雇用を守ることができます。事業を素早く展開したい経営者であれば、買収により事業展開のスピードをあげることができます。» 続きを読む

IT企業のM&Aで相談すべき仲介会社10選

中小企業でのM&Aが増加傾向にあり、現在は、売り手市場といわれています。どの業界に売り手が多くなるかというのは、限定できないのですが、買い手がつきやすい企業というのは説明できます。すなわち「売れる会社」です。 売れる会社の特徴は、 ストック型ビジネスである» 続きを読む