建設業の事業譲渡を行う前に知っておきたいこと3つ

建設業界では2011年以降では東日本大震災の復旧や復興や2020年の東京オリンピックの開催を受け、多くの商業施設や高速道路、鉄道の建設等のインフラの整備が進められています。そのため近年の建設業界では好景気が続いています。しかし好景気の傍ら、建設業界では重労働による人手不足や少子高齢化の影響を受けた後継者問題が浮上しています。そのため、建設業界では多くの企業が企業発展やシナジー効果を求め事業譲渡を実施しています。 ここでは建設業界での事業譲渡の基本的な情報や事業譲渡の流れや事前に知っておくポイントを詳しくご紹介します。  » 続きを読む

建設業の事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

2018年に休廃業・解散した企業は全国約4万7千件で、前年比約14%増でした。倒産件数は約8千件で、こちらは10年連続で前年を下回りました。合計すると、1年間で約5万5千件が営業をやめたことになります。これは全企業数約359万社のうち、約1.5%を占めます。 休廃業・解散した企業の経営者の年齢をみると、60代以上が全体の8割以上を占めています。2016年まで60代の構成比が最高でしたが、2017年から70代にシフトし、2018年になると70代が約4割を占めており、60代の約17%を大きく引き離しています。 このことから、高齢化した経営者が事業の承継に失敗していることがうかがえます。休廃業・解散した企業を産業別に見ると、第1位のサービス業が約3割を占めます。建設業は約2割で第2位に来ています。» 続きを読む

人材サービス業の事業譲渡を行う前に知っておきたいこと3つ

人材サービス業の事業譲渡を考えているけれど、具体的に何から手をつけてよいか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 この記事では、そもそも事業譲渡とは何なのか、事業譲渡を実施する前に知っておきたい3つのポイント、事業譲渡を実施するステップについて解説します。 事業譲渡が何かを押さえ、全体像を理解するうえでお役立てください。» 続きを読む

建設業の事業承継【事例から読み解くポイント】

近年の建設業界は変化が早く、事業運営に必要な知識やコストも加速度的に増加しています。事業体系の変革が進んでいる時期でもあり、これからの建設会社の運営には幅広い視野を持って最適な手段を実施していける決断力が重要となってきます。 本稿では建設業の特性と現状を基にM&Aが増加している背景に関して基本的な解説を実施したうえで、建設業界で実施された事業承継の事例について紹介します。  » 続きを読む

中小企業のM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

中小企業のオーナーが多くの売却益を得たり、事業を成長させたりしたい場合に検討するのがM&Aです。M&Aは、売却や買収だけではなく、合併や業務提携なども含まれます。自社だけでの成長に限界を感じている、日本全国や海外へと拠点を広げたいといった場合にもM&Aが役立ちます。また、業績が下がっており、いつ廃業することになるかわからないようなケースでも買い手が見つかることがあるのです。ここでは、中小企業のM&A事例から成功のポイントを分析・解説していきます。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

建設業のM&A事例から学ぶ成功のポイント5つ

現在、建設業界では、M&A、つまり会社の売買が活発に行われています。これは、会社の売却を考えているオーナーにとって有利な状況です。建設業のM&Aを成功させるためポイントを、事例から学びましょう。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

建築資材卸の事業承継はどうすればいい?注意点とポイント

最近の中小企業経営者の悩みは、「事業承継」ではないでしょうか? いつの時代も、中小企業の財務状況というのは脆弱で、大口の取引先に問題が生じるとすぐに財務状況が苦しくなる、というのが多くの会社だと思います。 この傾向は、代々事業を引き継いできた老舗企業に多いそうです。» 続きを読む

建築資材卸のM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

最近、比較的大きな企業同士のM&Aが大きく報道されることが多くなってきました。 海外では、M&Aというビジネススキームは日本よりは日常茶飯事といってもいいほど、多くの企業間で行われてきました。しかし、日本ではM&Aという言葉は海外と比べれば、そこまでポピュラーとは言えないのではないでしょうか。 さらに、中小企業のM&Aとなると、「うちの会社の規模じゃ、M&Aなんて関係ないでしょ!?」という固定観念に縛られている経営者も少なくないでしょう。» 続きを読む