デイサービス・訪問介護業の事業承継【事例から読み解くポイント】

日本でも、ネットで会社が売れるという時代が到来しました。 アメリカでは既に、インターネットを活用したM&Aが数年前から活発に行われています。個人所有の不動産や車のように、はっきりした値段がつかみにくい中小企業でも、M&Aによって値付けされ、売買が行われています。しかも、インターネットで買い手を見つけることができるようになってきたのは画期的な出来事です。 その背景には、会社を買収したいという買い手企業が増えていることもあります。» 続きを読む

デイサービス・訪問介護業のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

最近、会社を買いたい需要と会社を売りたいという供給がともに増加傾向にあります。その結果、M&A市場が活況を呈しているといわれています。 そんな中、今回はデイサービス・訪問介護業にスポットを当てて、M&Aを成功させるためのポイントをまとめました。早速、見ていきましょう!   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

建設業の事業売却【事例から読み解くポイント】

建設業の事業売却を成功させるためには、過去の事例を知り、十分に分析する必要があります。事業売却の成功に関わるのは、買い手の選定や事前準備、誰のサポートを受けるかといったことです。また、事業が最も高く売れるタイミングで売却することで、多くの利益を得られます。これらの一つでも問題があれば、思っているよりも売却益を得られなかったり、結局買い手がつかなかったりする恐れがあります。そこで今回は、建設業の事業売却について、過去の事例を踏まえて成功のポイントを解説していきます。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

建設業の事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

建設業を営む企業の数は非常に多く、案件獲得の競争率が高くなっています。また、時代の影響も受けやすく、なかなか収益が安定しないこともあります。このように、様々な不安を抱え、「事業を売りたい」と考える経営者は少なくありません。漠然とした理由で事業売却すると、後悔する恐れがあります。そこで今回は、建設業の事業売却は可能なのかということを含め、事業を売りたいと思ったらやるべきことをご紹介します。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

建設業の事業譲渡【事例から読み解くポイント】

事業譲渡は、業界を問わず活発に行われています。建設業でも例外ではなく、毎年多くの建設業の企業や個人が事業譲渡をして、多額の売却益を得ています。事業譲渡は、売却益を得ることが第一の目的ではなく、企業の未来や自分の充実した人生を手に入れるために行われるのです。建設業が事業譲渡をするのは、どういったケースなのでしょうか。これは、事業譲渡のメリットから見えてきます。ここでは、建設業が事業譲渡を選ぶメリットや事例、注意点などについて詳しく解説していきます。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

建設業のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

建設業界では、従来業界再編が起こりにくいとされてきました。しかし、ここにきてその流れが変わってきています。さまざまな理由から、大手建設会社が事業拡大を図る現状は、建設業のオーナーにとって、M&Aを検討するべき好機です。M&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイントをご紹介いたします。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む