【事例】ベンチャー企業のM&A/事業承継

ベンチャー企業のM&Aで相談すべき仲介会社10選

ベンチャー企業が株式譲渡をするときの手法の主流が、IPOからM&Aに変わってきています。 IPOにはかなり時間と面倒な手続きが必要です。大量の時間とお金をかけるのですが、IPO完了までに挫折することも多く、できたとしても上場企業を維持することは大変なことです。 IPOを完了した経営者の苦労を見てきて、M&Aを完了させたほうが効率的に利益を得ることができる、と判断するベンチャー企業が増えてきました。» 続きを読む

ベンチャー企業の事業売却【事例から分かる気をつけたいポイント】

「ベンチャー企業の経営を続けてきたけれど、事業をもう売却してしまいたい」と、現在、考えていないでしょうか。同時に、今まで経営してきたベンチャー企業を売却するならなんとしてでも成功させたいという気持ちもあるでしょう。 だからこそ、成功事例からポイントを読み取って正しく実践することが大切です。そこで今回は、ベンチャー企業の事業売却を成功させるための方法や、事例を確認していきます。  » 続きを読む

ベンチャー企業の事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

「ベンチャー企業である自社の事業売却をしたいけれど、できるのかどうかがわからない」と、お悩みの人もいるのではないでしょうか。しかし、ベンチャー企業でも魅力的な製品や技術力があれば、売却は可能です。 そこで今回は、ベンチャー企業の事業売却をするにあたって知っておくべきことを解説していきます。ベンチャー企業の事業売却の方法やポイントを知って、自社の売却を希望通りに成功させましょう。  » 続きを読む

ベンチャー企業の事業譲渡【事例から見えてくる注意点】

ベンチャー企業と聞くと、1949年に実際あった「光クラブ事件」を思い浮かべてしまいます。三島由紀夫著の「青の時代」のモデルにもなった事件です。 光クラブ事件というのは、学生だけで、今までとは全く違うタイプの金融業(光クラブ)を起業することから端を発します。代表者が東大生でした。今でいうなら東大発ベンチャーというところでしょうが。 光クラブは、大々的な広告を打つことで注目を集め、大勢の出資者から多額の資金を集めることに成功するのですが、起業間もなく物価統制令違反で代表者が逮捕されてしまいます。» 続きを読む

ベンチャー企業のM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

M&Aは、投資としての要素を持っています。不動産投資、株式投資など似たところがあります。物件、株式を手放して、手に入れた利益をプラスし、また新しい物件や株式を購入する、そして投資を繰り返すことで資産を増やしていくというやり方が似ているのです。   似ていますが大きな相違点もあります。» 続きを読む