【事例】学習塾のM&A/事業承継

学習塾のM&Aや事業承継について事例を交えて説明しています。学習塾だからこそのM&A(事業譲渡や事業売却)、事業承継のポイントがあります。学習塾のM&A事例や事業承継事例を通して成功のポイントを押さえましょう。

学習塾のM&Aで相談すべき仲介会社10選

少子化で、子供の数が減ってきている影響で、学習塾の市場規模が縮小化傾向にあると言われています。2018年度の小学校、中学校の在学者数は過去最低を更新し、高等学校の在学者数も前年度より約4万5千人減少しています(文部科学省発表)。 その結果、学習塾・予備校業界の主な顧客層の人口は減少し続けています。今後も少子化が続き、長期的には市場が縮小していくと予測されているので、学習塾関係者は売上を維持、向上させていくための早急な対策が必要です。 しかし、これは地方の学習塾経営に顕著に現れていて、都市部では個別指導、生徒ひとりひとりのニーズを踏まえた受験対策をとっている塾では売り上げを伸ばしています。つまり、地方と都市で格差が生まれている状況です。» 続きを読む

学習塾の事業承継【事例から読み解くポイント】

経営者は、いずれ後継者に事業を承継することになります。 一般的には子供や親族に承継しますが、第三者に承継するケースも多いのです。 子供や親族への事業承継は、経営者が思っているほどスムーズに進められず、廃業を余儀なくされる場合もあります。» 続きを読む

学習塾の事業譲渡【事例から読み解くポイント】

事業譲渡を検討している学習塾が多いことをご存知でしょうか。 学習塾の経営は、世の動向や国の法律などの影響を受けるため、一度安定したからといって一生経営を続けられるとは限りません。 あるとき、業績が下がってしまい、学習塾事業からの撤退を余儀なくされることもあるのです。» 続きを読む

学習塾の事業売却【事例から読み解くポイント】

学習塾を経営している方は、事業売却について知っておくことをおすすめします。 学習塾の事業売却は増加傾向にあり、多くの企業が学習塾を売却しています。 適切なタイミングで事業売却することで、大きなメリットを得られるでしょう。» 続きを読む

学習塾のM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

学習塾の経営、最近は難しいんじゃないの?と思う方もいらっしゃるでしょう。 なぜなら、少子化が深刻化していて、子供の人口が減ってきています。それに伴い、20代の人口も減少傾向にありますから、塾に通う生徒も、教えてくれる塾講師の数も減っているのです。 つまり習う側も教える側も減っている状態です。» 続きを読む

学習塾のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたいポイント

学習塾には通ってくる生徒がいます。 生徒たちの成績が上がっていき、志望校に合格することを目標に一緒にがんばるのが学習塾の使命です。 やる気と学力をアップさせたいという執念を、生徒たちに自分の手でつかみとってもらわなければいけません。塾に通うこと自体、自分の学力を上げたいと思って通ってくるはずなのですが、親に通うよう言われたから、友達もみんな通っているからというだけで、自分の意志とは違うところで塾に通っていると、いつまでたっても「やる気」は起こってこないのです。今回は、この真剣勝負が繰り広げられる教育の現場である「学習塾」のM&Aについてお話していきます。» 続きを読む

学習塾の事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

学習塾経営は、とても難しい事業だといわれています。 一流大学を卒業して、自分も子供時代から成績が優秀で、その受験をクリアしたノウハウを子供たちに伝えたいという思いで塾を開業する方が多いのですが、学習塾というのも立派なビジネスです。ボランティアではありません。 自分の強い想いばかりを生徒にぶつけてみても、それが伝わらなければ生徒数は増えないのです。自分が思い描いていた学習塾経営ができないと経営を断念するオーナーも少なからず存在します。» 続きを読む