【事例】システムインテグレーターのM&A/事業承継

システムインテグレーターの事業承継はどうすればいい?注意点やポイント、事例は?

突然ですが、人間誰しも、今の年齢では問題なくできていることでも、10年後、20年後には、年齢による衰えで出来なくなってしまうことがあるかもしれません。これは仕事にも当てはまります。あなたもどこかのタイミングで、現在の仕事から退くことを考える必要があります。 それはシステムインテグレーター業界の経営者も一緒です。多岐にわたる業務を同時に考え、課題を解決していかなければならないシステムインテグレーターなら、なおさら年齢の影響が強く出るかもしれません。 今回はそんなシステムインテグレーター業界の経営者が退く際に考える、事業承継について詳しく紹介します。近年では親族や社内の人以外に、事業を引き継ぐケースも増え、事業承継の方法も多様化しています。そんな事業承継についての理解をより深めて、スマートなリタイアを考えてみませんか?» 続きを読む

システムインテグレーターのM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント【事例もチェック】

SIerと略記されることも多いシステムインテグレーターは、顧客企業の課題を情報処理技術によって解決するシステムの設計、開発、導入、運用のサービスを請け負います。 生産年齢人口の減少が進む日本では、各業界で深刻化する人手不足の対応のため、情報処理システムの導入により、より一層の省人化の流れは止められません。それによりシステムインテグレーター業界の売上は増加傾向にあります。一方で、システムインテグレーター業界自体も深刻な人材不足に悩まされており、その対応が急務とされています。 深刻なソフトウェア技術者不足に対し、システムインテグレーターを含む、ソフトウェア事業者のM&Aで補おうとする動きもあります。そこで、今回はシステムインテグレーターのM&Aを行うに際し、留意すべきポイントについて取り上げます。» 続きを読む