【事例】システム開発会社のM&A/事業承継

システム開発会社のM&Aで相談すべき仲介会社10選

IT技術の進歩によって、様々なツールが開発されてきました。スマートフォンやパソコンの普及と革新で、より快適で便利な生活を過ごすことができるようになったでしょう。 ビジネスの世界においてもIT技術が大きな革新をもたらしています。オフィスや製造工場などにはロボットやAIが導入され、日本経済の基盤の更なる強化に貢献しています。これらのシステムの構築を担うのが、システム開発会社です。ITや新しい技術に対するニーズは今後も拡大していくことが見込まれます。 そんな中、事業承継や、人材不足の解消などを背景に、システム開発会社のM&Aが増えてきています。M&Aは買い手企業にとっても、売り手企業にとってもメリットのある取引です。引退を考えている経営者は、会社を売却することで引退後の資金を獲得するとともに従業員の雇用を守ることができます。事業を素早く展開したい経営者であれば、買収により事業展開のスピードをあげることができます。» 続きを読む

システム開発の事業売却【事例から読み解くポイント】

米国などの経営大学院の修了者に与えられる修士資格にMBAというものがあります。 財務・会計、技術開発、IT、マーケティング、人的資源等のビジネスやマネジメントに関わる専門性の高いテーマを実践的に学んだ修了者に与えられる修士資格です。 日本やヨーロッパでも取得は可能ですが、この分野ではアメリカが最も進んでいると言われています。» 続きを読む

システム開発会社のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

「会社を買う」ということが、サラリーマンでも実現可能となってきました。 今までは、大手企業が対象企業を買収して傘下にいれるということが多く行われてきて、会社を買うなんて一般人には無理だと思われてきたのですが、最近は個人が会社を購入することが増加する傾向となっています。 なぜこのような状況になってきたのでしょうか?» 続きを読む

システム開発の事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

日本でM&Aは売り手市場といわれています。しかし残念ながら全ての業種が売り手市場というわけではありません。あまり人気のない業種も存在します。 たとえばM&A市場では「製造業」はあまり人気がないと言われています。 なぜかいうと、海外製品に押されて売上が低迷している上に、工場などを持つ必要があり設備投資がかさんでしまって、金融機関などからの借入金が重くのしかかっている企業が多いという点が挙げられます。» 続きを読む

システム開発の事業譲渡を行う前に知っておきたいこと3つ

一昔前までは、M&Aといえば大企業同士が行うことが多かったのですが、最近は中小企業を中心にM&A件数が増加傾向にあります。 この理由として、後継者不在問題、少子化に伴う若手労働者の不足などが関係しています。ただ、ここまでM&Aが一般化した要因には、M&Aが特別な手法ではなく、誰にでも実行するチャンスがある身近なものだという認知が広まったことも関係しています。 M&Aを完了することで、後継者不在で廃業しかなかった企業が経営を続けることができたという話や、赤字経営だった会社が売却できたという話がどんどん出てきているのです。» 続きを読む

システム開発会社の事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

中小企業経営者にとって一番の悩みは、資金繰りなど目先の問題もありますが、将来的にぶつかるのは、後継者がいないという問題です。 体が元気なうちは、ずっと働きたいし、自営業には定年退職がないということが大きなメリットではあります。また現役をリタイアしてから、自営業を始めた方もいらっしゃるでしょう。 会社は自分の代で終わりにして廃業するつもりだ、それが一番周りに迷惑をかけないからと考えている経営者は多くいらっしゃいます。» 続きを読む

システム開発会社の事業承継【事例から読み解くポイント】

システム開発会社の業務において、最終段階でシステムテストという項目があります。 このシステムテストでうまくいったとしても、実際にシステムを稼働させてから想定外のことが起き、テスト通りに行かないということは起こり得ます。 特に、発注側の都合によってテストが十分に行えなかったり、テストの重要性を軽視したような注文をつけたりといった場合は、こういったトラブルが起きる可能性を高めてしまいます。» 続きを読む

システム開発会社のM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

システム開発会社を経営していく上で、様々な顧客とのトラブルがあると思います。 その一つとして、設計変更が、開発途中で当たり前にあるということが挙げられるのではないでしょうか。 最初に決めていた仕様が、開発途中で、ユーザーからやっぱりこうしてほしいという変更を求められることを異常と考えるか、当たり前と考えるかというところなのですが。» 続きを読む