【事例】中小企業のM&A/事業承継

中小企業のM&A仲介のおすすめ10選!中小企業のM&Aのポイントも紹介

中小企業のM&Aを行う際、M&A仲介会社のサポートをしてもらうことが大切です。仲介なしでM&Aを実行しようとしても、理想的な買い手や売り手が見つからず、不本意な形でのM&Aになる可能性があります。仲介会社は様々な企業とのコネクションを持ち、最適な買い手や売り手と引き合わせてくれます。また、M&Aのプロセスや企業価値の算定などの情報を与えてくれるだけでなく、円滑な取引になるよう交渉をサポートしてくれます。 M&A仲介会社を選ぶときは、それぞれの特徴を踏まえ、自社のケースに適しているかどうかを確認しましょう。ここでは、中小企業のM&A仲介のおすすめを10社ご紹介します。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

中小企業の事業譲渡【事例から読み解くポイント】

「中小企業を経営しているけれど、そろそろ事業譲渡をしたい」と考えていませんか。 あなたが中小企業の経営から退くとしても、今までやってきた会社を閉じるのは避けたいというのが、本音ではないでしょうか。 そんなことから現在、中小企業の経営者が変わる際には事業譲渡が活用されています。» 続きを読む

中小企業の事業譲渡を行う前に知っておきたいこと3つ

「中小企業の事業譲渡を行いたいけれど、その前に何か知っておくべきことはないのかな?」と、考えているオーナーや経営者もいるのではないでしょうか。 ズバリ、中小企業の事業譲渡を行うのなら、知っておくべきことが3つあります。 そこで今回は、この3つのポイントを中心に、中小企業の事業譲渡を行う詳しい手順などを紹介します。» 続きを読む

中小企業の事業承継【事例から読み解くポイント】

「中小企業の経営者をしているけれど、そろそろ後継者に事業を引き継いでもらいたい」と、考えている人もいるのではないでしょうか。 もしあなたがオーナーや経営者からリタイアするのであれば、自社を存続させるためにも後継者を見つけたいはずです。 しかし、引き継ぎ方法や後継者選びを失敗すると、事業承継した後、事業自体が傾いてしまうかもしれません。» 続きを読む

中小企業の事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

「中小企業の経営をしているけれど、そろそろ誰かに事業を引継ぎたい」と思っているオーナーや経営者は多いのではないでしょうか。 事業承継を行えば、自分が経営から退いても会社は引き続き存続していきます。 後継者となる人が身近に見つからないから廃業するしかない、と考えがちですが、実はM&Aで事業承継ができる可能性は高いのです。» 続きを読む