【事例】SES(システムエンジニアリングサービス)のM&A/事業承継

SES(システムエンジニアリングサービス)のM&Aや事業承継について事例を交えて説明しています。SES(システムエンジニアリングサービス)だからこそのM&A(事業譲渡や事業売却)、事業承継のポイントがあります。SES(システムエンジニアリングサービス)のM&A事例や事業承継事例を通して成功のポイントを押さえましょう。

SESのM&Aで相談すべき仲介会社10選

今回は、SES(システムエンジニアリングサービス)の売却について、相性がよい仲介会社をご紹介していきます。 SESはM&A市場でもかなり売れる業種と言われています。それは、この後もお話していくのですが、空前の人手不足状態が要因となっています。 SESを経営する側は、優秀な人材をもっと確保していくことに頭を悩ませていますし、SESを買収しようと考えている側は、優秀な人材が所属しているSESを事業に加えることで、人材確保ができると考えているのです。» 続きを読む

SESの事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

SES(システムエンジニアリングサービス)の経営者が事業売却をしたいと思った際には、事業売却のメリットを確認することが大切です。 自分にとってメリットがなければ、無闇に事業売却することは避けた方がいいでしょう。 また、メリットを確認したうえで事業売却をしたいと思った場合は、売却完了までの手順や注意点などについて確認することが大切です。» 続きを読む

SESの事業譲渡を行う前に知っておきたいこと3つ

SES(システムエンジニアリングサービス)を事業譲渡することが決まった際には、順序良く段取りを進めていく必要があります。 焦って売却すると、思っていたよりも手元に現金を残せず、事業譲渡の目的を達成できなくなるでしょう。 後悔しないためにも、万全に準備をして正しい手順で進めていくことが大切です。» 続きを読む

SESの事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

SES(システムエンジニアリングサービス)の経営者は、いつまでも現役で活動できるわけではありません。 年齢や身体の調子などの問題により、いずれ事業承継や事業売却が必要になるでしょう。 事業承継のメリットや方法、注意点などを確認しておくことが大切です。» 続きを読む

SESのM&Aを検討中に経営者が気をつけたい3つのポイント

SES(システムエンジニアリングサービス)のM&Aを検討している方は、M&Aのメリットや注意点などを確認しておき、できるだけ希望に近い売却額での契約を成立させることが大切です。 また、M&Aを行う目的とその先の目標を明確にするために、M&Aを行うケースについても確認しておきましょう。 今回は、SES(システムエンジニアリングサービス)のM&Aを検討する際に気をつけたいポイントをご紹介します。» 続きを読む