【事例】不動産管理会社のM&A/事業承継

不動産管理会社のM&Aや事業承継について事例を交えて説明しています。不動産管理会社だからこそのM&A(事業譲渡や事業売却)、事業承継のポイントがあります。不動産管理会社のM&A事例や事業承継事例を通して成功のポイントを押さえましょう。

不動産管理会社のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたいポイント

不動産管理会社のオーナーは、サービスの質を落とさないように施策を講じたり、採用や営業などに関する指示を出したりします。 オーナーの手腕が会社の収益に大きく関わります。 しかし、実力のあるオーナーでも、時代の変化に対応しきれず、廃業を余儀なくされるケースが少なくありません。» 続きを読む

不動産管理会社の事業売却【事例から読み解くポイント】

「不動産管理会社の経営を続けてきたけれど、事業をもう売却してしたい」とお考えではないでしょうか。 オーナーによって事業を売却したい理由はさまざまだと思います。 しかし、せっかく今まで経営してきた不動産管理会社を売却するならなんとしてでも成功させたいと考えているはずです。» 続きを読む

不動産管理会社の事業譲渡【事例から読み解くポイント】

「不動産管理会社をずっと続けてきたけれど、そろそろ事業譲渡をしたい」と、お考えではないでしょうか。 もしも経営から退くとしても、今までやってきた事業を廃業してしまうのはなんとなく避けたいと考えている経営者は少なくありません。 そのために、不動産管理会社の経営者がリタイアするとき、事業譲渡がよく活用されています。» 続きを読む

不動産管理会社のM&A事例から学ぶ成功のポイントとは?

不動産管理会社のオーナーは、M&Aによって大きなメリットを得られます。 しかし、M&Aに失敗すると、思っていたほどのメリットを得られず、オーナーの立場から退いたことを後悔する可能性があります。 そのため、どうすればM&Aに成功できるのか確認しておくことが大切です。» 続きを読む

不動産管理会社の事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

不動産管理会社を事業承継する際には、様々な準備をしたうえで適切に行う必要があります。 従業員や契約先のことを考えずにオーナーの独断で事業承継した場合、後継者に大きな負担がかかる恐れがあるのです。 また、収益の低下にも繋がる場合もあるため、注意点を押さえたうえで適切に事業承継することが大切です。» 続きを読む

不動産管理会社の事業承継【事例から読み解くポイント】

事業承継は、後継者に事業を引き継ぎ、自分はオーナーの立場から退くことを指します。 不動産管理会社のオーナーは、いずれ会社を引き継ぐ必要があります。引き継ぐだけであれば問題は起こらないと考えがちですが、事業承継を機会に収益が下がるようなケースもあるため注意が必要です。 事業承継に成功するためには、重要なポイントを押さえ、適切に行動する必要があります。» 続きを読む

不動産管理会社の事業譲渡を行う前に知っておきたいこと

不動産管理会社の事業譲渡を行う際には、事業譲渡の流れや成功のためのポイントを把握しておくことが大切です。 事業譲渡に成功すれば、オーナーは多くの利益を得られ、他の事業への資金の投入やアーリーリタイアなどが可能となります。 逆に、事業譲渡の準備を怠れば、なかなか買い手が見つからないことや、最終的な売却益が少ないなど問題につながる可能性があります。» 続きを読む