【事例】製薬会社のM&A/事業承継

製薬会社の事業承継【事例から読み解くポイント】

製薬会社は、新薬の研究・開発に余念がありません。それは、未だに治療薬がない病気を患っている人間が世界中で助けを求めているからです。さらなる技術の向上と最先端の医薬品を求めて、製薬会社は、国内だけではなく海外の製薬会社とのM&Aを行うようになりました。 M&Aを必要としている製薬会社が抱えている問題や、近年の事業承継の事例で見えてくる製薬業界の今後を追っていきましょう。  » 続きを読む

製薬会社の事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

会社を経営していく上で、トップに立つ人間には会社の経営資源を守っていく責務があります。 製薬会社は医薬品、研究開発に携わる研究員、取引先の薬局や他業種など、多くの経営資源が携わり構築しています。 なんらかの理由で、経営者が会社から退くことになった場合、経営者や従業員共に、悩んだり、不安な気持ちになったりするかと思います。» 続きを読む

製薬会社のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

現在、日本における労働者人口の減少や国内消費の停滞などによって事業再編を迫られる企業は増加傾向にあります。 製薬会社もその例外ではなく、多くの企業が企業間の競争や激しい需要の変化にさらされています。 本稿では、M&Aの概要や一般的な実施方式に触れた後、各方式のメリット・デメリット、M&Aが有効な承継手段となる状況、最後に実際の手続き過程における注意点を解説します。» 続きを読む

製薬会社のM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

製薬会社とは、薬事法に基づき厚生労働大臣から許可を得て、医薬品の製造を行っている会社のことを指します。 医薬品は、病気の治療や予防に欠かせないものであり、医薬品を研究開発する製薬会社業界は、他業界に比べて景気に左右されることの少ない安定した産業といわれてきました。2018年度の統計では、日本国内にある製薬会社の売り上げは約10兆円程とされており、世界でトップ3をキープする市場規模となっています。 しかし現在の日本は、国民皆保険制度により世界最高レベルの平均寿命と保健医療水準を実現した代わりに、高齢化などによって増え続ける医療費の問題を抱えています。政府は薬価の引き下げや、ジェネリック医薬品の推進などの対策によって、医療費を抑制しようとしています。» 続きを読む