【事例】人材サービス業のM&A/事業承継

人材サービス業の事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

現在、日本国内の中小企業約127万社では、後継者が決まっていない状態にあると言われています(経済産業省調べ)。 「大廃業時代の幕開け」ともいわれています。後継者不足が深刻化していく中、近年は中小企業経営者の間でも「M&A」が事業を継承させるための戦略として普及してきたのです。 中小企業経営者の間でも「M&A」が普及し始めていることにより、サラリーマンでも条件さえそろえば「会社を買う」ことができるようになりました。実際に、中小企業を購入したサラリーマンは存在します。サラリーマンが、一夜にして社長となったというまさに現代のシンデレラストーリーですね。» 続きを読む

人材サービス業の事業売却【事例から読み解くポイント】

少子化に伴う人口減少から、今後の社会では労働者が不足していく可能性が高くなってきています。 新卒者も、空前の売り手市場と言われていて、若い労働者を獲得するために、企業は様々な対策をとっています。 また、受注があっても、それに対応してくれる従業員が不足していますから、人手不足が要因で倒産してしまう企業も出てきているのです。» 続きを読む

人材サービス業のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

中小企業庁がまとめた平成28年11月28日付レポート「事業承継に関する現状と課題について」によると、「経営者が交代した企業や若年の経営者の方が利益率や売上高を向上させている」と記されていました。 また、「経営者の年齢が上がるほど、投資意欲の低下やリスク回避性向が高まる」とも書いていました。つまり、事業を若い世代に引き継ぐということは、企業が成長するうえでとても重要であるということです。 次世代に事業を引き継ぐ方法として今、M&Aが注目されています。» 続きを読む

人材サービス業のM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

人材サービス業というのは、景気に左右されやすい業界と言われています。 景気が悪ければ、求人数が減少するからです。 現在は、アベノミクスにより景気が上向きになってきている状況とは言われていますが、この先、日本経済がどうなっていくかは不透明な部分が多いのではないでしょうか。» 続きを読む