【事例】病院・クリニックのM&A/事業承継

病院・クリニックのM&Aや事業承継、病院・クリニックのM&Aや事業承継について事例を交えて説明しています。病院・クリニックだからこそのM&A(事業譲渡や事業売却)、事業承継のポイントがあります。病院・クリニックのM&A事例や事業承継事例を通して成功のポイントを押さえましょう。

病院・クリニックの事業売却【事例から読み解くポイント】

「病院やクリニックの経営を続けてきたけれど、事業を売却したい」とお考えではないでしょうか。 オーナーによって病院やクリニックを売却したい理由はさまざまだと思います。 しかし、せっかく今まで経営してきた事業を売却するなら、なんとしてでも成功させたいと考えているはずです。» 続きを読む

病院・クリニックの事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

国内の人口は30年後には現在より20%少なくなることがわかっており、患者不足や後継者不在問題が、日本の医療制度を崩壊させるとさえ言われています。 人口減少による経営難だけでなく、地方では医師不足、都市部では医師の偏在といった様々な問題を抱えています。  » 続きを読む

病院・クリニックの事業譲渡【事例から読み解くポイント】

少子高齢化、度重なる診療方針の改定による診療報酬の減少、医師不足・偏在問題など日本の医療業界は混迷の時代です。 病院・クリニックの経営者達は地域医療を支えるという重責、経営難、後継者不在などで頭を悩ませ、引退や閉院を考える医師も増えてきています。 しかし、そのような病院を買い取り新しく再生させるため事業譲渡という道を選択する医師・法人が増えています。» 続きを読む

病院・クリニックの事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

日本の少子高齢化問題が急速に加速し大きな問題になっていることは万人の知るところとなりました。 医療業界においても開業医や勤務医の4人に1人が70歳以上となっています。 高齢となった医師が引退しようとしたとき、身内に後継者がいるなら医院は存続できますが、後継者がいない場合は閉院せざるを得ず、毎年約4000件の診療所が閉院しています。» 続きを読む

病院・クリニックの事業承継【事例から読み解くポイント】

初期コストを抑える事ができ、患者も引き継ぐことが可能な事業承継での病院・クリニックの開業が増えています。 年々M&Aと事業継承の成約数は増加していて、今ではM&Aと第三者への事業承継の合計が親族承継を上回っています。 少子高齢化で後継者不足を解消し地域医療を継続させる手段として注目を集めている事業承継、今回はその成功事例から事業承継のポイントを読み解いていきます。» 続きを読む

病院・クリニックのM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

「病院・クリニックを経営しているけれど、M&Aを行いたい」と、検討しているオーナーさんは多くいらっしゃいます。 M&Aをしたい理由はオーナーによって異なると思いますが、何か意図があるはずです。 しかし、M&Aを行うことは簡単ではないので、実際に行うかどうかすぐに決められず悩んでいるオーナーも多いでしょう。» 続きを読む

病院・クリニックのM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

「病院やクリニックのM&Aをしてみたいけれど、周りにしたことのあるオーナーがいないからいまいちイメージがわかない」という人も多いのではないでしょうか。 M&Aは、友好的なものも多く、うまくいけば買い手や売り手、スタッフなど全員が喜ぶ結果にもできます。 成功のためにまずは、病院やクリニックのM&Aの事例を知ることが必要です。» 続きを読む