【事例】美容室・ヘアサロンのM&A/事業承継

美容室のM&Aや事業承継、ヘアサロンのM&Aや事業承継について事例を交えて説明しています。美容室やヘアサロンだからこそのM&A(事業譲渡や事業売却)、事業承継のポイントがあります。美容室・ヘアサロンのM&A事例や事業承継事例を通して成功のポイントを押さえましょう。

美容室・ヘアサロンのM&Aで相談すべき仲介会社10選

美容室を経営するには、経営力だけでなく、技術力も必要です。オーナー=美容師であることがほとんどです。 美容師になるためには、美容学校を修了して国家試験に合格、そしてインターンという見習い期間を経て、やっと一人前になります。 誰でもなれるわけではありませんし、合う、合わないという適性がはっきりしています。センス、カリスマ性も必要です。» 続きを読む

ヘアサロンの事業譲渡【事例から見えてくる注意点】

ヘアサロンをさまざまな理由で廃業しようと考えている方は、廃業よりも事業譲渡がおすすめです。 廃業時にかかる廃業コストがかからず、譲渡額によってはプラスになる可能性もあり、ヘアサロンオーナーにとっていろいろなメリットがあります。 しかし、上手に譲渡できればメリットのある事業譲渡ですが、注意すべきポイントがいくつか存在します。» 続きを読む

ヘアサロンの事業譲渡を行う前に知っておきたいこと3つ

ヘアサロン事業から撤退するとき、廃業ではなく「事業譲渡」を選ぶと、オーナーにとってお得なメリットがたくさんあります。 ヘアサロンの事業を他社に引き継いでもらうことができ、廃業コストもかからない上に手塩にかけて育てたヘアサロンを残すことができます。 事業譲渡は昨今、非常に注目され、数も増えてきています。» 続きを読む