【事例】デイサービス・訪問介護業のM&A/事業承継

デイサービス・訪問介護業の事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

地方で会社を経営している方は、いざ会社を売却したいと思っても、肝心のM&Aエージェントがほとんどないという現状があります。そのため、会社を売ることもなかなかできず、廃業を選ぶ企業が増えているそうです。 中小企業庁が行ったアンケートでも、127万社の社長は「後継者がいない」と回答しています。単純計算で、127万社が廃業の危機に直面しているということになります。 この現状を打破すべく、現在、インターネットで売却先を探すお手伝いをするM&Aエージェントが増加傾向にあります。» 続きを読む

デイサービス・訪問介護業の事業譲渡【事例から読み解くポイント】

日本では、少子化による人口減少時代を迎えています。 このような時代だからこそ、経営のかじ取りがこれまでの延長線上でなく、未来を見据えた決断をすることがオーナーや経営者には求められています。 そんな中、新規で事業と立ち上げるより、他社を買収して事業譲渡する、M&Aが注目を浴びています。この場合のM&Aは敵対的買収というより、人材不足、後継者不在などの解決策となる、ウィンウィンの関係となる事業譲渡です。» 続きを読む

デイサービス・訪問介護業の事業譲渡をする前に、知っておきたいこと3つ

「利用者も思ったように増えないし、介護スタッフを確保するのも難しい。やはり、ずっと続けてきたデイサービス・訪問介護業だけれど、廃業しようかな」と、思っているオーナーや経営者の方は多いのではないでしょうか。 同時に、「うちの会社を譲って欲しい、なんて人はいないだろう」と先入観を持っているかと思います。ところが、あなたのデイサービス・訪問介護業に魅力を感じている人は多いのです。 ズバリ、今は売り手市場です。» 続きを読む

デイサービス・訪問介護業の事業承継【事例から読み解くポイント】

日本でも、ネットで会社が売れるという時代が到来しました。 アメリカでは既に、インターネットを活用したM&Aが数年前から活発に行われています。個人所有の不動産や車のように、はっきりした値段がつかみにくい中小企業でも、M&Aによって値付けされ、売買が行われています。しかも、インターネットで買い手を見つけることができるようになってきたのは画期的な出来事です。 その背景には、会社を買収したいという買い手企業が増えていることもあります。» 続きを読む

デイサービス・訪問介護業のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

最近、会社を買いたい需要と会社を売りたいという供給がともに増加傾向にあります。その結果、M&A市場が活況を呈しているといわれています。 そんな中、今回はデイサービス・訪問介護業にスポットを当てて、M&Aを成功させるためのポイントをまとめました。早速、見ていきましょう!   デイサービス・訪問介護業のM&A» 続きを読む