【事例】建設業のM&A/事業承継

建設業のM&Aや事業承継について事例を交えて説明しています。建設業だからこそのM&A(事業譲渡や事業売却)、事業承継のポイントがあります。建設業のM&A事例や事業承継事例を通して成功のポイントを押さえましょう。

建設業のM&Aで相談すべき仲介会社10選

建設業のM&Aを検討している場合、まずはプロに相談しましょう。M&Aのプロとは、ズバリ、売り手と買い手を引き合わせてサポートするM&A仲介会社です。仲介会社は買い手の選定や契約書のチェック、デューデリジェンスの実施などの業務を行えるため、相談からM&A成立までトータルサポートしてもらえます。 しかし、仲介会社の数は非常に多く、その質も様々です。十分なサポートができなかったり、意向に沿わない買い手を選定されたりする可能性があります。そうなれば大きな時間のロスが生じ、その間に会社の状況が悪くなることも考えられます。 そこで今回は、十分なサポートやマッチ度が高い買い手の選定が可能な信頼できるM&A仲介会社を10社紹介します。» 続きを読む

建設業の事業売却【事例から読み解くポイント】

建設業の事業売却を成功させるためには、過去の事例を知り、十分に分析する必要があります。事業売却の成功に関わるのは、買い手の選定や事前準備、誰のサポートを受けるかといったことです。また、事業が最も高く売れるタイミングで売却することで、多くの利益を得られます。これらの一つでも問題があれば、思っているよりも売却益を得られなかったり、結局買い手がつかなかったりする恐れがあります。そこで今回は、建設業の事業売却について、過去の事例を踏まえて成功のポイントを解説していきます。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

建設業の事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

建設業を営む企業の数は非常に多く、案件獲得の競争率が高くなっています。また、時代の影響も受けやすく、なかなか収益が安定しないこともあります。このように、様々な不安を抱え、「事業を売りたい」と考える経営者は少なくありません。漠然とした理由で事業売却すると、後悔する恐れがあります。そこで今回は、建設業の事業売却は可能なのかということを含め、事業を売りたいと思ったらやるべきことをご紹介します。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

建設業の事業譲渡【事例から読み解くポイント】

事業譲渡は、業界を問わず活発に行われています。建設業でも例外ではなく、毎年多くの建設業の企業や個人が事業譲渡をして、多額の売却益を得ています。事業譲渡は、売却益を得ることが第一の目的ではなく、企業の未来や自分の充実した人生を手に入れるために行われるのです。建設業が事業譲渡をするのは、どういったケースなのでしょうか。これは、事業譲渡のメリットから見えてきます。ここでは、建設業が事業譲渡を選ぶメリットや事例、注意点などについて詳しく解説していきます。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

建設業のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

建設業界では、従来業界再編が起こりにくいとされてきました。しかし、ここにきてその流れが変わってきています。さまざまな理由から、大手建設会社が事業拡大を図る現状は、建設業のオーナーにとって、M&Aを検討するべき好機です。M&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイントをご紹介いたします。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

建設業の事業譲渡を行う前に知っておきたいこと3つ

建設業界では2011年以降では東日本大震災の復旧や復興や2020年の東京オリンピックの開催を受け、多くの商業施設や高速道路、鉄道の建設等のインフラの整備が進められています。そのため近年の建設業界では好景気が続いています。しかし好景気の傍ら、建設業界では重労働による人手不足や少子高齢化の影響を受けた後継者問題が浮上しています。そのため、建設業界では多くの企業が企業発展やシナジー効果を求め事業譲渡を実施しています。 ここでは建設業界での事業譲渡の基本的な情報や事業譲渡の流れや事前に知っておくポイントを詳しくご紹介します。  » 続きを読む

建設業の事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

2018年に休廃業・解散した企業は全国約4万7千件で、前年比約14%増でした。倒産件数は約8千件で、こちらは10年連続で前年を下回りました。合計すると、1年間で約5万5千件が営業をやめたことになります。これは全企業数約359万社のうち、約1.5%を占めます。 休廃業・解散した企業の経営者の年齢をみると、60代以上が全体の8割以上を占めています。2016年まで60代の構成比が最高でしたが、2017年から70代にシフトし、2018年になると70代が約4割を占めており、60代の約17%を大きく引き離しています。 このことから、高齢化した経営者が事業の承継に失敗していることがうかがえます。休廃業・解散した企業を産業別に見ると、第1位のサービス業が約3割を占めます。建設業は約2割で第2位に来ています。» 続きを読む

建設業の事業承継【事例から読み解くポイント】

近年の建設業界は変化が早く、事業運営に必要な知識やコストも加速度的に増加しています。事業体系の変革が進んでいる時期でもあり、これからの建設会社の運営には幅広い視野を持って最適な手段を実施していける決断力が重要となってきます。 本稿では建設業の特性と現状を基にM&Aが増加している背景に関して基本的な解説を実施したうえで、建設業界で実施された事業承継の事例について紹介します。  » 続きを読む

建設業のM&A事例から学ぶ成功のポイント5つ

現在、建設業界では、M&A、つまり会社の売買が活発に行われています。これは、会社の売却を考えているオーナーにとって有利な状況です。建設業のM&Aを成功させるためポイントを、事例から学びましょう。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む