【事例】バス会社のM&A/事業承継

バス会社の事業承継はどうすればいい?注意点やポイント、事例は?

日本国内の公共機関の中で大きな役割を果たしているのが、「バス会社」です。自家用車の普及により、バス利用者が年々減少傾向にあります。 しかし、路線バスが廃線となれば、バスを生活の足としている住民にとっては、非常に由々しき問題です。 バス会社全体で問題提起されている、人口減少や自家用車普及等による、バス利用客減少に対して、各バス会社ではどのような方法で対処しているのでしょうか。» 続きを読む

バス会社のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント【事例もチェック】

近年、人口の減少や自家用車の普及により、バス利用客は大幅に減少しています。バス利用者が減ること、それは同時にバス会社の収益に大きく影響することになり、バス業界自体の規模縮小にも繋がっています。バス会社の経営者は、全国各地に営業拠点を置き、運行範囲の拡大で収益向上を目指そうと、M&Aを積極的に行なっています。 今回、バス会社のM&Aを検討している経営者に対し、今後の経営判断の参考になるバス会社のM&A情報をお伝えします。  » 続きを読む