【事例】建築資材卸事業のM&A/事業承継

建築資材卸事業のM&Aや事業承継について事例を交えて説明しています。建築資材卸事業だからこそのM&A(事業譲渡や事業売却)、事業承継のポイントがあります。建築資材卸事業のM&A事例や事業承継事例を通して成功のポイントを押さえましょう。

建築資材卸の事業承継はどうすればいい?注意点とポイント

最近の中小企業経営者の悩みは、「事業承継」ではないでしょうか? いつの時代も、中小企業の財務状況というのは脆弱で、大口の取引先に問題が生じるとすぐに財務状況が苦しくなる、というのが多くの会社だと思います。 この傾向は、代々事業を引き継いできた老舗企業に多いそうです。» 続きを読む

建築資材卸のM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

最近、比較的大きな企業同士のM&Aが大きく報道されることが多くなってきました。 海外では、M&Aというビジネススキームは日本よりは日常茶飯事といってもいいほど、多くの企業間で行われてきました。しかし、日本ではM&Aという言葉は海外と比べれば、そこまでポピュラーとは言えないのではないでしょうか。 さらに、中小企業のM&Aとなると、「うちの会社の規模じゃ、M&Aなんて関係ないでしょ!?」という固定観念に縛られている経営者も少なくないでしょう。» 続きを読む

建築資材卸のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

建築資材卸事業のM&Aを検討している場合、まずはM&Aの基礎知識やメリットなどを把握する必要があります。そのうえで、どのようなケースにM&Aを行うべきなのかを確認しましょう。自社が置かれている状況がM&Aを行うのに相応しいか冷静に考えることが大切です。勢いでM&Aした結果、後悔するケースは少なくありません。 また、事業だけではなくオーナー自身が得られるメリットも知っておいた方がいいでしょう。M&Aの情報を多く集め、冷静に判断することが大切です。 ここでは、建築資材卸のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイントをご紹介します。» 続きを読む