【事例】建築資材卸事業のM&A/事業承継

建築資材卸事業のM&Aや事業承継について事例を交えて説明しています。建築資材卸事業だからこそのM&A(事業譲渡や事業売却)、事業承継のポイントがあります。建築資材卸事業のM&A事例や事業承継事例を通して成功のポイントを押さえましょう。

建築資材卸会社のM&Aで相談すべき仲介会社10選

建築資材卸会社がM&Aを検討する場合、売り手と買い手を繋げてスムーズなM&Aを実現する仲介会社に相談しましょう。M&Aは単なる会社の売買ではありません。経営者同士、互いの想いが通じ合い、初めてM&Aの計画を進められるようになります。そのため、自分だけでM&Aを進めることは難しいので、M&A仲介会社に任せることが大切です。 ここでは、建築資材卸会社のM&Aで相談すべき仲介会社を10社紹介します。  » 続きを読む

建築資材卸の事業承継はどうすればいい?注意点とポイント

最近の中小企業経営者の悩みは、「事業承継」ではないでしょうか? いつの時代も、中小企業の財務状況というのは脆弱で、大口の取引先に問題が生じるとすぐに財務状況が苦しくなる、というのが多くの会社だと思います。 この傾向は、代々事業を引き継いできた老舗企業に多いそうです。» 続きを読む

建築資材卸のM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

最近、比較的大きな企業同士のM&Aが大きく報道されることが多くなってきました。 海外では、M&Aというビジネススキームは日本よりは日常茶飯事といってもいいほど、多くの企業間で行われてきました。しかし、日本ではM&Aという言葉は海外と比べれば、そこまでポピュラーとは言えないのではないでしょうか。 さらに、中小企業のM&Aとなると、「うちの会社の規模じゃ、M&Aなんて関係ないでしょ!?」という固定観念に縛られている経営者も少なくないでしょう。» 続きを読む

建築資材卸業の事業売却【事例から読み解くポイント】

少子高齢化に人口減少など、経済面で明るくないニュースが近年は目立ちます。多くの会社は逆境に負けじと経営の安定とさらなる発展のため様々な工夫を凝らしています。そんな動きは建築資材卸業界の企業でも盛んです。例えば最近では事業売却という手法を用いて、会社の未来を切り開く経営者も増えています。事業売却という名前だけ聞くと敷居が高く感じられるかもしれませんが、いくつかのポイントを押さえれば誰でも経営の選択肢に加えられる方法です。今回はそんな事業売却について、実際の事例の紹介も交えながら読み解いていきます。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

建築資材卸業の事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

経営の再建を図るために、何か手立てを考えたい。事業承継の問題を解決して、引退後の生活を満喫したい。そんな思いを持っている経営者の方は多いのではないでしょうか。特に少子高齢化や日本の人口減少の影響を受けている、建築資材卸業界の企業ではその様な意見が目立ちます。今までは地域に根ざして親子代々経営を行なってこれたとしても、同様の方法が通用しなくなってきています。そんな際に、何か打開策となる方法はあるのでしょうか。今回はそんな悩める建築資材卸業の経営者の方に、解決策となりうる方法をご紹介します。その方法とはずばり「事業売却」という手法です。聞きなれない言葉かもしれませんが、メリットやポイントを正しく理解すると見え方も変わってくるはずです。それでは早速、詳しくみていきましょう。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

建築資材卸のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

建築資材卸事業のM&Aを検討している場合、まずはM&Aの基礎知識やメリットなどを把握する必要があります。そのうえで、どのようなケースにM&Aを行うべきなのかを確認しましょう。自社が置かれている状況がM&Aを行うのに相応しいか冷静に考えることが大切です。勢いでM&Aした結果、後悔するケースは少なくありません。 また、事業だけではなくオーナー自身が得られるメリットも知っておいた方がいいでしょう。M&Aの情報を多く集め、冷静に判断することが大切です。 ここでは、建築資材卸のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイントをご紹介します。» 続きを読む

建築資材卸業の事業譲渡を行う前に知っておきたいこと

今後の経営をどうしていくべきか、悩まれている経営者の方は少なくありません。少子高齢化の影響もあり、事業規模が縮小傾向にある業界は多くあります。建築資材卸業界もその例外ではなく、会社を継続させていく上で厳しい判断に迫られている経営者は多いです。そんな中で注目されている手段に事業譲渡があります。大胆な手法に聞こえるかもしれませんが、会社の将来を考えて実際に事業譲渡を選択される経営者の方は増えています。今回はそんな事業譲渡について詳しくご紹介します。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

建築資材卸業の事業譲渡【事例から読み解くポイント】

建築資材卸業界にて事業に行き詰まり、対処法に悩まれている経営者の方は少なくありません。少子高齢化の影響もあり、人口も減少傾向にある日本です。地域密着で人との繋がりを大切に行ってきた建築資材卸業も、今までの方法では立ち行かなくなっているケースも目立ちます。出来るならば事業は続けたい。しかし後継者の問題や経営状態の改善など、解決しなければならない問題が多く、前に進めずに悩んでいる経営者の方が多くいます。そんな中、注目されているのが事業譲渡という方法です。手続きは簡単ではありませんが、上手くいけば売り手企業と買い手企業、双方にメリットのある手法です。今回はそんな事業譲渡について、事例も交えながら詳しくみていきす。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

建築資材卸業の事業承継【事例から読み解くポイント】

事業の存続をどうすべきか、特に事業承継で悩んでいるという経営者の方は多くいらっしゃいます。建築資材卸業界でもそれは同様で、後継者の選定は企業にとって大きな問題です。従業員のためにもスムーズに引継ぎを行いたいものですが、親族や社内に適任者が見つからないケースも多く、難航する場合も珍しくありません。そんな中、注目されているのがM&Aによる事業承継です。一昔前まではM&Aというと会社を売り払ってしまうというマイナスなイメージが先行していましたが、近年では経営を前向きに行う手段として多くの企業がM&Aを実施しています。今回はそんな建築資材卸業における事業承継の動向について、事例も含めてご紹介いたします。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む