【事例】バルのM&A/事業承継

バルのM&Aや事業承継について、ポイントや事例などを説明している記事をまとめています。

バルの事業譲渡【事例から読み解くポイント】

スペインを発祥とするバルですが、日本では軽食とお酒を気軽に楽しめる少し洒落た居酒屋として定着し、ブームを反映して店舗も多数オープンしました。  一方で、バルを含む飲食店業界を取り巻く経営環境はここ数年だけを取ってみても非常に厳しさを増しています。 日本では少子化・高齢化が進み、消費は縮小の傾向にあります。» 続きを読む

バルの事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

バルをはじめとする飲食店業界を取り巻く経営環境は現在非常に厳しくなっています。 新規開業店舗の2割近くが5年で廃業に追い込まれているというデータもあり(日本政策金融公庫「新規開業パネル調査」より)、競争の激しさがうかがえます。   また、近年飲食店業界の頭痛の種となっているのが人手不足です。» 続きを読む

バルの事業承継【事例から読み解くポイント】

日本全体での人手不足はもはや危機的状況となり、外国人材受け入れについての法改正もされました。 この人手不足は飲食業界については特に深刻で、人材不足そのものに加え、それから来る賃金の上昇も経営の大きな足かせになりつつあります。 また、消費嗜好が多様化する中、アルコールの消費量は総量と成人一人当たり消費、共に減少を続けており、酒類を提供する業態へのニーズが減ってきています。» 続きを読む

バルのM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

近年、SNSの普及に伴い、バルが増加傾向にあります。 バルは、居酒屋のように気軽に利用できるビジネスモデルから、模倣することが容易です。よって、競争率が高まり、持続的繁盛と収益確保の両立が至難の業となります。 厳しい現状を打破するために、M&Aを活用する会社もあります。» 続きを読む