【事例】バルのM&A/事業承継

バルのM&Aや事業承継について、ポイントや事例などを説明している記事をまとめています。

バルの売却額はいくら?相場や高く売るための方法は?

日本で少子化による人手不足は危機的状況となっており、外国人の人手の受入についても法律が改正されました。人手不足は飲食業界も例外ではなく、人材不足そのものと、それから来る賃金の上昇も経営の大きな重荷になっています。また、若者のアルコール離れにより、アルコールの消費量が減少しており、アルコールを提供する業態へのニーズが減ってきています。バルもこの影響を受け、厳しい経営を強いられていることでしょう。バルの廃業を検討されているオーナーもいるはずです。そこで本稿では、バルを廃業するのではなく、売却する場合、どのようにして行うかをご紹介します。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

バルの事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

ひところのバルブームも落ち着いて、バルの経営環境も厳しさを増してきました。進み続ける少子化や消費嗜好の多様化を受けてアルコールの消費量は減少を続けています(「酒レポート」国税庁)。また、少子化の影響は人手不足という形でも表れており、特に飲食業の有効求人倍率は3.5~4.1倍(「一般職業紹介状況」厚生労働省)と人を新たに雇用するのが非常に難しい上に、人件費の上昇も招いています。さらにここ数年は食材費も高騰しており(「農業物価統計調査」農林水産省/「消費者物価指数」総務省)、仕入れ値の上昇が経営環境悪化に拍車をかけています。   厳しい状況にあるバルの経営から手を引くことを考える場合の、廃業でなく事業売却という選択肢をご紹介します。» 続きを読む

バルの事業売却【事例から読み解くポイント】

バルを含む飲食業界は、原材料費の高騰や人手不足、アルコール消費の減少などで窮地に立たされているといっても過言ではないでしょう。大規模な飲食業者は仕入れや配送を共通にするなどのスケールメリットを得るために、買収を活用して規模拡大を目指しています。このような背景により、飲食業界では事業売却が活発化しています。現在の事業環境の中で、バル事業の売却を検討したいというオーナーも少なくないでしょう。本稿では、バルの売却を検討しているオーナーに向けて、バル売却についてご紹介します。   >>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<» 続きを読む

バルの事業譲渡を行う前に知っておきたいこと3つ

原材料費の高騰や人手不足、アルコール消費の減少など、バルを取り巻く経営環境は年々厳しさを増しています。大規模な飲食事業者は仕入れや配送の共通化などのスケールメリットを求めるために、買収を活用しての規模拡大に積極的です。こういった背景により、飲食業界では再編のうねりが続いています。現在の事業環境の中でバルの事業を手放したいと考える経営者も少なくないでしょう。   以下では、バルの事業譲渡を検討する際に知識として持っておいたほうが良いポイントについてご紹介します。» 続きを読む

バルの事業譲渡【事例から読み解くポイント】

スペインを発祥とするバルですが、日本では軽食とお酒を気軽に楽しめる少し洒落た居酒屋として定着し、ブームを反映して店舗も多数オープンしました。  一方で、バルを含む飲食店業界を取り巻く経営環境はここ数年だけを取ってみても非常に厳しさを増しています。 日本では少子化・高齢化が進み、消費は縮小の傾向にあります。» 続きを読む

バルの事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

バルをはじめとする飲食店業界を取り巻く経営環境は現在非常に厳しくなっています。 新規開業店舗の2割近くが5年で廃業に追い込まれているというデータもあり(日本政策金融公庫「新規開業パネル調査」より)、競争の激しさがうかがえます。   また、近年飲食店業界の頭痛の種となっているのが人手不足です。» 続きを読む

バルの事業承継【事例から読み解くポイント】

日本全体での人手不足はもはや危機的状況となり、外国人材受け入れについての法改正もされました。 この人手不足は飲食業界については特に深刻で、人材不足そのものに加え、それから来る賃金の上昇も経営の大きな足かせになりつつあります。 また、消費嗜好が多様化する中、アルコールの消費量は総量と成人一人当たり消費、共に減少を続けており、酒類を提供する業態へのニーズが減ってきています。» 続きを読む

バルのM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい4つのポイント

近年、SNSの普及に伴い、バルが増加傾向にあります。 バルは、居酒屋のように気軽に利用できるビジネスモデルから、模倣することが容易です。よって、競争率が高まり、持続的繁盛と収益確保の両立が至難の業となります。 厳しい現状を打破するために、M&Aを活用する会社もあります。» 続きを読む