Web制作会社のM&Aで相談すべき仲介会社10選

Web制作会社のM&Aを検討する際には、M&A仲介会社に相談することが大切です。仲介会社は、円滑なM&Aに繋がるよう買い手と売り手を仲介し、中立な立場で双方にアドバイスしてくれますそのため、双方にとってメリットのあるM&Aに繋がります。今回は、Web制作会社のM&Aを相談するのにおすすめの仲介会社を10社に厳選して紹介します。

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

Web制作会社のM&Aの実状とは

Web業界の市場規模は右肩上がりであるものの、Web制作会社の数が非常に多いため、会社によって収益に大きな差が出始めています。安定して取引できているWeb制作会社は、単価が高い案件を請けていますが、三次請けや四次請けの制作会社は中間マージンが抜かれることで、わずかな収益しか得られません。

さらに、クラウドソーシングの知名度が高まり、高スキルのフリーランスの確保ができるようになったため、Web制作会社の仕事も減少する可能性があります。現在は安定した収益を挙げられていても、将来的に収益が下がる恐れがあるため、高い収益を挙げているうちにM&Aを検討する会社もあります

また、Web業界は変化の激しい業界であるため、常に最新の情報を入手し、経営方針や事業の方向性を必要に応じて変えることが重要です。そのような業界を生き残るため、優秀な人物がトップに立つことが欠かせません。

しかし、経営者の健康状態が悪くなったり、別事業に集中したくなったりしたことを理由に、退任せざるを得なくなることもあるでしょう。その際に優秀な人物がすぐに見つかるとは限らず、そのまま廃業を余儀なくされる可能性もあります。

 

M&Aであれば、資金力と経営力のある人物に会社を承継できるため、従業員の雇用を守ることができます。

 

Web制作会社のM&Aでおすすめの仲介会社10選

Web制作会社のM&Aでは、実績のある仲介会社に相談することが大切です。質の高いサービスを提供するM&A仲介会社を10社に厳選してご紹介します。

 

スパイラルコンサルティング

スパイラルコンサルティングは、単なるM&Aで双方に利益をもたらすだけではなく、経営者の立場に立ち、引退後により良い人生を過ごせるようにサポートしてくれる仲介会社です。

引退後は、新しい事業を立ち上げたり、売却益を生活費として働かずに過ごしたり、自由な道を選ぶことができます。しかし、十分な売却益を得られなければ、退任後の選択肢が狭まってしまいます。

スパイラルコンサルティングは、会社の価値に見合う売却益を得られるようにサポートしてくれるため、様々な選択肢の中から引退後の行動や過ごし方を選べるようになります

仲介業務では、買い手と売り手の相性を考えて、最適なマッチングを目指してくれます。さらに、企業価値を正確に算定して希望売却額を決めたり、デューデリジェンスの実施の手続きを代行したりと、M&Aに関わる業務を全て任せられることが特徴です。

 

報酬形態にもメリットがあり、M&Aが成立したときにだけ、報酬が発生する完全成功報酬型となっています。途中で交渉が決裂しても、着手金や中間金による損失を防げます。

 

M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは、専任の担当者がつき、相談の段階からM&Aの成立後のサポートまで担当してくれます。M&Aでは、担当者との相性が非常に重要です。経営者の話を聞き、会社への想いを反映した形でM&Aができるように買い手を探す必要があります。

M&Aがまだ活発に行われていなかった時代からM&Aのサポートを行ってきており、これまでに培った豊富な実績とノウハウをもとに、売り手と買い手の双方にとって良いM&Aを目指してくれます

また、着手金がかからないという費用面のメリットがあります。ただし、成功報酬の10%分を中間金として支払い、M&A成立時に残りの90%分を支払います。

 

日本M&Aセンター

日本M&Aセンターは、売り手と買い手の双方にとって良いM&Aになることは当然とし、想像以上の価値を生み出すことを目標にサポートしていることが特徴です。そして、そのために必要なものは情熱であると考えています。数字だけを見て判断するのではなく、経営者の想いを踏まえ、最適なパートナー探しをサポートしてくれます。

M&Aの実績は計4,500件以上となっており、1年間で770件ものM&Aを成立させていますこれは、スピード感を重視しているためですが、当然ながら質も重視しています。そのため、M&Aの成立が早いからといって、質が低いわけではありません。

 

ストライク

ストライクは、買い手と売り手の利害関係だけではなく、経営者同士が分かり合い、納得できる形で契約を成立させることが重要と考えています。そのため、買い手と売り手の双方の想いを大切にして、M&Aの成立をサポートしてくれます。

経営者の話に耳を傾けず、マッチ度が低い買い手を紹介された場合は、ストライクに相談してみてはいかがでしょうかまた、自分で登録して買い手からのオファーを待てるマッチングサイトも経営しています。より多くの買い手候補の中からマッチ度が高い会社と引き合わせてくれるのは嬉しいサービスです。

 

インテグループ

インテグループは、売り手と買い手の双方の考え方を確認し、お互いにとって良い結果となるようコンサルティングしてくれる仲介会社です。特に、売り手の希望通りの買い手候補の選定を重要視しています。M&Aは企業の価値が高いタイミングで売却することで、高い売却益を得られますが、交渉に手間取っていると、その間に価値が下がる可能性があります。 

そのため、ベストなタイミングで売却できるように、短期間でのM&Aの成立を目指しています。また、同社は報酬形態が完全成功報酬型のため、マッチ度が低く交渉を進めることが難しいケースでも安心して断ることができるのです

 

M&Aアソシエイツ

公的な金融機関に勤めていた人物が設立したM&A仲介会社ですどちらに有利なM&Aではなく、両方にとってメリットのあるM&Aの成立をサポートしてくれます。金融機関出身ということから、大企業のM&Aばかりサポートしてきたイメージを持つ人がいるかもしれません。しかしながら、実際には中小企業を対象としたM&Aの実績を豊富に持ちます。

また、報酬形態は完全成功報酬型のため、交渉が決裂したときの費用リスクがありません。

 

中小企業M&Aサポート

中小企業M&Aサポートは、中小企業を対象としたM&Aの実績が豊富な仲介会社です。同社は経営者と信頼関係を築くことが重要と考え、ヒアリングに力を入れています。ヒアリングでは、会社の状況やM&Aを検討している理由、希望売却額など様々な項目を尋ねられます。

ひとつずつ情報を確認し、できるだけマッチ度が高い企業を選出してくれます。また、担当者は経営に関する知識やノウハウを持っているため、経営者の想いだけではなく、経営者の希望通りの結果になるのかを踏まえ、買い手を選定していることが特徴です

そのコネクションは数千社に及び、その中からM&Aの契約先に相応しい会社を選定してくれます。

 

また、全国各地の弁護士や税理士とコネクションがあるため、所在地を問わず、日本にある全ての会社がM&Aの契約先候補となります。

 

コーポレート・アドバイザーズ

M&Aを実行するかどうか検討している段階から相談でき、現在の状況を踏まえてM&Aを行うべきかどうかアドバイスしてくれます。そのため、経営者の希望を踏まえた柔軟な対応が可能です。

注目すべきはM&Aの業務経験の実績です。企業価値の算定に必要な株価算定やデューデリジェンスなどの実績が800件を超えていますそのため、妥当性が高い希望売却額の算定が可能なので、安心できるパートナーといえるでしょう。

 

クラリスキャピタル

業界の中でも低価格でM&Aをサポートする仲介会社です。スムーズな交渉を心がけており、買い手の性質や規模に応じた交渉を得意としています売り手の魅力を伝えるためのノウハウを持ち、速やかに買い手を選定してくれます。また、報酬形態は完全成功報酬型のため、初期費用を抑えたい企業におすすめです。

 

フォーバル

100年存続する中小企業を増やすことを目標に掲げ、中小企業を中心にM&Aのサポートを行っています。20万人以上もの経営者と関わってきた経験をもとに、様々な状況の企業のニーズに応えてきましたしかも、海外の企業とも繋がりがあるため、グローバル化を目的としたM&Aにも対応しています。

 

Web制作会社のM&Aで仲介会社を選ぶ際のポイント

Web制作会社のM&Aでは、仲介会社を慎重に選ぶ必要があります。質の低い仲介会社を選ぶと、マッチ度が高い買い手を選定してもらえませんその時点でM&Aの失敗リスクが高まるため注意が必要です。次のようなポイントを押さえ、仲介会社を探しましょう。

 

Web制作業に精通しているか

Web業界は、ここ数十年で目覚ましい進歩を遂げています。進化し続けるweb制作業に詳しい仲介会社を選ぶことが大切です。現在、Web業界で何が求められているのかを把握している仲介会社であれば、マッチ度が高い買い手を選定してくれるでしょう。

Web制作業界は、上流と下流で収益性や安定性が大きく異なります上流に属する買い手が下流の制作会社を買収し、収益拡大するケースが想定されるでしょう。下流の会社が下流の会社を買収しても、上流工程へ参入できるとは限りません。シナジー効果により、売り手と買い手の双方にメリットのあるM&Aを目指す必要があるため、Web制作業に精通している仲介会社を選ぶことが大切です。

 

Web制作会社でのM&A事例があるか

どれだけ実績が豊富でも、Web制作会社のM&A事例がない場合、依頼には慎重になった方がいいでしょう。業種は非常に多く、その中でも特定の業種のM&Aにだけ精通しているケースもあります。

Web制作会社の実績がどれだけあるのか確認するとともに、具体的な事例を提示してもらいましょう売り手と買い手の規模や事業内容、目的、より良いM&Aの成立に向けて何をしたのかを確認することが大切です。

そうすれば、その仲介会社が何を得意としているのか、依頼することで理想的なM&Aは可能となるかが分かります。

 

「ただ売れればいい」という考えではない

ただ売ればいいという考えのM&A仲介会社は、売り手と買い手の双方にメリットのあるM&Aは成立させられません。あなたのような経営者が納得できるように、売り手と買い手の双方の希望を踏まえ、ベストな条件で契約を成立させてくれるかが、ポイントです

M&A交渉では、お互いに譲り合えるようにサポートし、充実したアドバイスを行うのがM&A仲介会社です。M&Aを行う背景は、後継者問題や事業拡大、アーリーリタイアなど様々な理由があり、どのようなM&Aが理想的かは各社異なります。

そのことを把握したうえで買い手を選定できる仲介会社に依頼しましょう。

 

Web制作会社のM&Aなら仲介会社に相談を

Web制作会社のM&Aは、必ず仲介会社に相談することが大切です。自分で買い手を探すにしても、アポイントすら取れずに終わる可能性があります。また、仲介会社に相談する場合は、担当者との相性も見るべきポイントです。

担当者によって業務遂行能力が異なるため、M&Aの結果も変わってしまいます。担当者が経営者の話に耳を貸さず、マッチ度が低い買い手を選定するケースもあります。そのため、基本的に成功報酬型の仲介会社を選んだ方がいいでしょう

また、相談の段階で違和感を覚えた場合は、別の担当者に相談するか、他の仲介会社をあたりましょう。M&Aでは、数百万~数億円以上ものお金が動くため、できるだけ質の高い仲介会社に依頼することが大切です。そして、納得できる形でM&Aを成立させるためにも、買い手は妥協せずに選びましょう。

 

信頼できるM&Aエージェントを探し、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

経営者の方は必見!

今ならM&Aを理解し使いこなすための本、「図解で簡単!オーナーのためのM&A入門」が経営者限定で無料で手に入ります。詳しくは下記リンクをクリック。

>>「オーナーのためのM&A入門」無料プレゼント!<<