ベンチャー企業の事業売却【事例から分かる気をつけたいポイント】

「ベンチャー企業の経営を続けてきたけれど、事業をもう売却してしまいたい」と、現在、考えていないでしょうか。同時に、今まで経営してきたベンチャー企業を売却するならなんとしてでも成功させたいという気持ちもあるでしょう。

だからこそ、成功事例からポイントを読み取って正しく実践することが大切ですそこで今回は、ベンチャー企業の事業売却を成功させるための方法や、事例を確認していきます。

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

ベンチャー企業の事業売却を行うのは、こんなとき!

ベンチャー企業の経営者が事業売却を行うのは、以下のようなときが考えられます。

 

  • 資金調達により会社を大きくさせたいとき

 

  • 安定した会社の傘下に入り、経営を安定させたいとき
  • 別の事業で起業したいとき
  • 経営能力に限界を感じたとき
  • プライベートな事情により経営者を続けられないとき

 

 

もし、あなたがこれらの中のいずれかに当てはまるなら、積極的に事業売却を考えるべきです。上記の理由に該当しているなら、理想的な事業売却を成功させられる可能性は高いでしょう。

では、それぞれのケースについて順番に確認していきます。

 

資金調達により会社を大きくさせたいとき

ベンチャー企業の資金調達をして会社を大きくするために、一部の事業を売却する経営者は多いです。新たな取り組みに挑戦するベンチャー企業にとって、資金は非常に大切です。

しかし、あまり設立から時間が経っていないベンチャー企業だと、資金調達に苦労することも珍しくありません。そのようなとき、他社に買ってもらえる事業があれば、それを売却することで資金調達ができます

とにかく会社を大きくするために、今は資金が必要であるという局面をベンチャー企業の経営者なら経験するはずです。なので、資金調達に困ったら、事業売却を検討しましょう。

 

安定した会社の傘下に入り、経営を安定させたいとき

安定した会社の傘下に入り、経営を安定させたいときにも、事業売却を選択する経営者がいます。ベンチャー企業の経営は難しく、簡単に売上が変動します。そうなると、作りたい商品やサービスが安定し、提供できないということにもなりかねません。

それを避けるためには、事業売却をして落ち着いて業務に取り組める会社の傘下に入るという手段があります。今よりも安定した環境で事業を行いたいのであれば、大手企業への事業売却を検討すべきでしょう

 

別の事業で起業したいとき

ベンチャー企業の経営者が別の事業で起業したいときも、事業売却が活用されますベンチャー企業を経営していると、今とは違う事業をやりたくなることも珍しくありません。

同時に、資金や時間といったコストを短期間で作れないことも多いのです。そのようなときに、事業売却を活用すれば新事業に注力することができます。

 

経営能力に限界を感じたとき

自身の経営能力に限界を感じたときも、事業売却が使えます。ベンチャー企業の経営を続けていくためには、経営者としての能力が重要です。なので、日々の会社経営で自身の経営能力に自信がなくなったなら、事業売却でベンチャー企業の経営から離れることを視野にいれることが必要です

 

プライベートな事情により経営者を続けられないとき

プライベートな事情により経営者を続けられないときも、事業売却を行うべきです事業売却を行うことによって、ベンチャー企業をなくさずに自分は経営者の地位から退けます従業員や取引先に迷惑をかけることなく経営から離れられるので、積極的に検討すべきでしょう。

 

以上が、ベンチャー企業の経営者が事業売却を選ぶよくある理由でした。

もし、あなたに該当するものがあれば、事業売却を検討しましょう。しかし、事業売却と言ってもあまり具体的なイメージがわいていない人も多いと思います。

ここからはベンチャー企業の事業売却の事例を見てみましょう。

 

ベンチャー企業の事業売却の事例を見てみよう

今回、紹介するのはヤフーがベンチャー企業をM&Aで手に入れた事例です。ヤフーは、ホテル予約サイトの一休や、料理動画サービスのdelyといったベンチャー企業を次々とM&Aをしています

これによって、ヤフーは自社のプラットフォーム上に様々なサービスを提供できることになり、ユーザーとのタッチポイントを増やすことができました。逆に、M&Aされたベンチャー企業側は、大企業に事業を引き継ぐことに成功したのです。

 

現在、このようなM&Aは幅広い業界で盛んとなっています。

次の章では、ベンチャー企業の事業売却を行う際には気をつけるべきポイントを説明します。

 

ベンチャー企業の事業売却を行う際に気をつけるべきポイント

ベンチャー企業の事業売却を行う際に気をつけるべきポイントには、以下の4つがあります。

 

  • ビジネスモデルを見直す

 

  • 売却先の絶対条件を決める
  • 資料やデータを十分に用意する
  • 事業売却のコンサル企業の力を借りる

 

 

 

ズバリ、これらのポイントに気をつけることで、事業売却が成功しやすくなるでしょう。それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

 

ビジネスモデルを見直す

ベンチャー企業の事業売却をするなら、ビジネスモデルをしっかり整理することが大切です。今のままで良いのか、否かを冷静に再確認しましょう。

買い手となる人に現段階でのビジネスモデルを説明することが、事業売却の第一歩目なので、ビジネスモデルが不明確なままでは、良い買い手は現れません事業売却によって今後の事業のスケールアップを望むなら、ビジネスモデルを理解したうえで引き継いでくれる人にも、それを活用した経営をしてもらいましょう。

また、ビジネスモデルを見直して整理するだけではなく、それを買い手候補に正しく伝えられるように、ていねいな説明も行う必要があります。ベンチャー企業の経営をずっとしてきたあなた自身にとって、思い入れのある事業を買い手に熱意だけでアピールしても、相手の心には響きにくいでしょう。あなたの会社のビジネスモデルやその強みは、具体的な数字や表を交えながら説明すると、相手にわかってもらいやすいものです。

もし自分だけではビジネスモデルを上手く見直せないというときは、M&Aアドバイザーに聞いてみると客観的な意見がもらえるでしょう。事業売却を考えたなら、まずはビジネスモデルを再確認することから始めましょう。

 

売却先の絶対条件を決める

ベンチャー企業の事業売却をする際に、「これだけは絶対に譲ることのできない条件がある」というのなら事前に明確にしておくべきです。買い手候補が見つかったら、どのような条件で事業を引き継いでいってもらうのかを話し合う必要があります。

あなたの求める条件がハッキリしていなければ、良い話し合いはできません。なので、まずは売却先に求める絶対条件を決めておきましょう。相手の希望する条件は聞いても、自分の希望する条件が言えないと、話し合いが円滑に進まなくなってしまうのです。

また、その場は相手の求める条件を聞くことで話を進めたとしても、心理的にあとから妥協した条件での事業売却にしてしまったことに、悔やんでしまうということも考えられます。事前に時間をかけて、どの条件は絶対に譲れず、どの条件は妥協できるのかを決めてから話し合いに臨むべきでしょう

単に、自分の利益を追い求めるだけではなく、ベンチャー企業の買い手や従業員、お客さんのことまでを意識したうえで条件を考えると具体化しやすいです。例えば、今後も残して欲しいサービスがある場合や、従業員の雇用を守りたい場合は条件として、買い手にしっかり提示しましょう。条件をどれだけ具体的にまとめあげられるかが、ベンチャー企業の事業売却を成功させる鍵となります。

 

資料やデータを十分に用意する

ベンチャー企業を事業売却するなら、買い手に事業の強みや価値が伝わる説明をしなければなりません。そのためには、今まで経営してきた情熱や思い出を語るだけではなく、客観的な資料やデータを相手に見せることが重要です例えば、事業の強みや価値は日頃のベンチャー企業の売上や客数にも出ていると考えられます。

したがって、例えば、まずはどれくらいのユーザー数でいくらくらいの売上が出ているのかを考えるべきです。そのためには、グラフなどを作れば、自分の頭の中でも理解が進みやすくなります。客観的なデータを積み重ねることによって、事業を引き継いでくれる人に事業の良さを理解してもらいやすいでしょう。

もちろん、あなたの情熱を買い手に引き継いでもらうことも欠かせません。情報を整理し、その情報とともに、あなたの気持ちを買い手に伝えましょう。順番が逆になってしまうと、なかなか相手に本当の事業の強みや価値までは理解してもらいにくくなるからです。もし、資料作りが苦手なのであれば、専門家に頼ったほうが良いかもしれません。

 

事業売却のコンサル企業の力を借りる

事業売却を行うなら、専門家であるコンサル企業に頼るのもひとつの手です。事業売却をあなたの希望通りに成功させようと思ったなら、さまざまな知識が必要となります。例えば、会計や経営、法律などというような幅広く深い専門知識も重要です。

正直、あなただけで手続きを完ぺきにすることは難しいと考えられています手続きがうまくできていないまま無理やり事業売却を進めても、あとから買い手と大きく揉めることになりかねません。一度揉めてしまうと、その買い手と事業売却を成功させるのは難しくなってしまいます。

だからこそ、ベンチャー企業の事業売却が失敗する可能性を下げるためには、M&Aアドバイザーなどのいるコンサル企業の力を借りることが非常に大切なのです。そういった事業売却のプロフェッショナルに相談すれば、今までの経験も踏まえた良い事業売却を行ってもらえます。例えば、買い手探しや交渉方法、事業の今後の展望も提案してもらえることがあるからです。

事業売却は人生で何度も行うようなことではないので、せっかくならプロの力を頼って成功させましょう。なので、自分だけではベンチャー企業の事業売却を行うのは難しいと少しでも感じたら、専門家へ相談に行ってみましょう。

 

以上が、ベンチャー企業の事業売却をする際に気をつけたいポイントでした。

ベンチャー企業の事業売却は、必ずしも成功するとは限りません。しかし、ポイントを押さえておくことによって、成功する確率を大幅に高めることができます。ポイントが押さえきれていなければ、せっかくの事業売却も失敗に終わるかもしれないので気をつけましょう。

ベンチャー企業の事業売却が成功すれば、あなたには金銭的なメリットや時間的なメリット、精神的なメリットが手に入ります。それだけではなく、今まで以上の繁栄を売却したベンチャー企業の事業が見せることも少なくありません。したがって、ベンチャー企業の事業売却を成功させるためには、積極的に専門家に相談に行くべきです。

 

ベンチャー企業の事業売却でお悩みなら

ベンチャー企業の事業売却でお悩みなら、早めに専門家に相談しましょう。相談先には、専門家であるM&Aアドバイザーが良いでしょう。M&Aアドバイザーに相談すれば、事業売却の流れや手続き、必要なことをていねいに教えてもらえます。

事業の買い手が見つかっていないのであれば、買い手探しから手伝ってもらえることも多いです。自分だけでは買い手探しができる範囲も限られているので、専門家に頼れば良い買い手が見つかりやすくなります。

このように、事業売却するならできるだけ早くM&Aアドバイザーのところに相談に行ったほうが成功する確率を高められます行動することが事業売却には大切なので、まずは早めに相談に行きましょう。相談に行くときには、自社の基本情報や事業売却の目的を整理して持っていけば、スムーズに相談ができるはずです。

特に、規模の小さなベンチャー企業はすぐに買い手が見つかるとは限らないので、一度、専門家に話を聞きに行きましょう。

 

ベンチャー企業の事業売却を依頼するなら、初期費用がかからない「完全成果報酬型」の料金体系をとっているアドバイザーがおすすめです。

中でも当サイトがおすすめするスパイラルコンサルティング社は、数々の事業売却ノウハウを持っており、自社の価値を最大化してから売却することを得意としています。

より満足できる事業売却にするためにも、一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

経営者の方は必見!

今ならM&Aを理解し使いこなすための本、「図解で簡単!オーナーのためのM&A入門」が経営者限定で無料で手に入ります。詳しくは下記リンクをクリック。

>>「オーナーのためのM&A入門」無料プレゼント!<<