中小企業のM&A仲介のおすすめ10選!中小企業のM&Aのポイントも紹介

中小企業のM&Aを行う際、M&A仲介会社のサポートをしてもらうことが大切です。仲介なしでM&Aを実行しようとしても、理想的な買い手や売り手が見つからず、不本意な形でのM&Aになる可能性があります。仲介会社は様々な企業とのコネクションを持ち、最適な買い手や売り手と引き合わせてくれます。また、M&Aのプロセスや企業価値の算定などの情報を与えてくれるだけでなく、円滑な取引になるよう交渉をサポートしてくれます。

M&A仲介会社を選ぶときは、それぞれの特徴を踏まえ、自社のケースに適しているかどうかを確認しましょう。ここでは、中小企業のM&A仲介のおすすめを10社ご紹介します。

 

なぜ今、中小企業はM&Aを選ぶのか?

中小企業は、後継者不足や資金不足など様々な理由でM&Aを検討します。M&Aが成功すれば、買い手の豊富な資金力を得て事業拡大できたり、後継者不在の問題が解消したりするでしょう。また、買い手としては、売り手が持つコネクションや技術、人員などを得ることで、収益性、安定性、独自性を高められます。

それだけなく、オーナーが早期リタイアしたいケース、従業員の待遇を改善できず企業全体が盛り下がっているケースなど、M&Aを選ぶタイミングは様々です。

 

中小企業がM&A仲介会社を選ぶ際のポイント

中小企業のM&Aを成功させるために、M&A仲介会社を慎重に選ぶ必要があります。仲介会社選びを間違えると、理想的なM&Aができません。中小企業がM&A仲介会社を選ぶ際のポイントについて、この章で詳しく紹介します。

 

成果報酬型で費用を抑える

M&A仲介会社に依頼した際には、着手金や中間金、成功報酬などの費用がかかります。着手金は、M&Aの契約が成立したどうかに関係なく、案件に着手した時点でかかります。成功報酬は、M&Aが成立したときに支払うことになるのです。

ズバリ、中小企業のM&Aでは、成果報酬型のM&A仲介会社に依頼することをおすすめします。成功報酬型であれば、着手金がかからないため、途中で交渉が決裂しても出費を抑えられます。大切な事業や企業を譲渡するのであれば、買い手を慎重に選びたいのがあなたの本音ではないでしょうか。

着手金が気にかかると、買い手選びを妥協してしまうことも予想されます。妥協せずにM&Aを進めるためにも、成功報酬型の仲介会社に依頼することが大切です。

 

実績やノウハウの有無

実績やノウハウを持たない仲介会社に依頼した場合、最適な買い手や売り手を選定してもらえない可能性があります。どのような成功事例があるのか、そのなかで契約成立にどのように貢献したのか確認しましょう。具体的な事例を提示できない場合は注意が必要です。

また、複数人の担当者がいる場合は、その担当者の実績をプレゼンしてもらいましょう。別の人物の実績では、その担当者の質を推し量ることができません。その他、M&Aにおけるノウハウについても確認することが大切です。

M&Aの基礎知識だけではなく、どうすれば高く売却できるのか、どのような買い手を選ぶべきかなど、さまざまなノウハウを聞き出しましょう。他の担当者に聞きに行ったり、自信がないように感じられたりした場合は、質が高い担当者ではないかもしれません。

 

「ただ売る」でいいのか?

ただ会社や事業を売るだけでいいのか、それとも多くの売却益を得たいのか、方針を決めることが大切です。赤字事業であるため、買い手がつきにくく、事業価値も低いと思われる場合、売却できれば諸条件はこだわらないケースがあります。しかし、赤字事業であっても買収後の成長が見込まれる場合は、期待値として十分な額がつくこともあるのです。

そのため、赤字かどうかに関係なく、多くの売却益を得ることを意識した方がいいでしょう。高額で売却できれば、現経営者の引退後の生活に役立てられたり、他の事業に資金投入したりできます。それを足掛かりとして、他の事業を成長させ、多くの利益を得ることも可能です。

また、売却益だけではなく、他の条件もしっかり決めることが大切です。例えば、従業員の待遇改善が挙げられます。従業員の待遇を改善したくても、資金が不足しているために改善できない場合があります。買い手に提示する譲渡の条件に「従業員の待遇を改善」を含めることで、昇給や福利厚生の充実化などが期待できます。

このように、ただ売るのではなく、より多くの利益を得られるように売ることが大切です。

 

中小企業のM&A仲介会社おすすめ10選

中小企業の仲介会社はたくさんあるため、どこに依頼すべきか迷うでしょう。納得できるまで相談に行き、最も対応が良かった会社に依頼することが大切です。今回、代表的なM&A仲介会社しましょう。中小企業に対応しているので、おすすめです。

 

スパイラルコンサルティング

スパイラルコンサルティングは、単に会社を売るのではなく、経営者の人生設計を考えたSCALE型M&Aを提案する仲介会社です。新しい夢を実現するための手段として実行するM&Aをサポートしてくれます。候補先の選定、スケジューリング、目標設定、デューデリジェンスなどの基本的な業務の他、M&A後のプランをヒアリングし、コンサルティングします。

着手金や中間金、月額料金などは一切かからない完全成功報酬型となっています。また、経営者の夢を実現するために必要な資金を得るために、より高値で売却できるようサポートしてくれることも特徴です。

会社を成長させてからM&Aを実行することで、高値で売却できます。その会社の成長に必要なことが何か、具体的なアドバイスをしてくれます。

スパイラルコンサルティング社へのご相談はこちら

 

中小企業M&Aサポート

中小企業M&Aサポートは、経営者との信頼構築を第一に考えて交渉や調整を行うことが特徴です。コミュニケーションを重視し、それぞれの企業の概要や抱える事情を把握したうえでサポートしてくれます。また、単なる仲介ではなく、より具体的なサポートができるように、経営に知見と経験のある人物が担当してくれます。

全国、全業種を対象とした数千社以上ものデータベースの中から、最適なパートナーを探してくれます。また、全国の弁護士や税理士、公認会計士などと連携し、場所を問わず対応していることが嬉しいところです。

 

インテグループ

売り手が幸せになれるM&Aをサポートする仲介会社、それがインテグループです。完全成功報酬型で、着手金や月額料金などはかかりません。また、売上規模1億円前後から150億円程度まで、様々な規模のM&Aをサポートした実績があります。

多くの企業からM&Aのニーズを聞き出しており、その中から売り手が求める企業を選定してくれます。3~6カ月と比較的短い期間でM&Aを成立させることを得意としているため、少しでも早く売りたい方に向いているでしょう。

 

ストライク

ストライクは、「M&Aは、人の想いでできている。」を掲げるM&A仲介会社です。M&Aによって会社の状況が非常に大きく変わる事実を踏まえ、より理想的なマッチングを目標に仲介業務を行っています。また、買い手と売り手を繋げるマッチングサイトも運営しており、より手軽にM&Aを検討できる仕組みを作っています。

後継者不足によって、やむを得ず廃業する中小企業が多いことを踏まえ、より理想的な未来を実現できるようにサポートしていることが特徴です。

 

コーポレート・アドバイザーズ

コーポレート・アドバイザーズは、M&Aの検討段階からサポートしてくれる会社です。スピーディかつ柔軟な対応を意識しており、企業の特性や経営者が求める契約先のイメージなど、様々な情報をもとに理想的なM&Aを目指してくれます。

また、株価算定や買収監査業務の累計支援数が800件を超えているなど、経験数も多い仲介会社です。さらに、上場企業などのM&A戦略を踏まえた案件開拓チームもあるなど、より理想的な企業とマッチングできる可能性を持ちます。

 

M&Aアソシエイツ

M&Aアソシエイツは、公的金融機関出身のスタッフが設立した仲介会社です。中立性を持ち、買い手と売り手の双方にとって理想的なM&Aを目指してくれます。中小企業に特化した仲介会社のため、より充実したアドバイスやサポートを受けられます。

中小企業のM&Aで起こりやすいトラブル、問題点なども把握しているため、トラブルが起こる前に対処してくれることが特徴です。また、完全成功報酬型で、着手金や中間金は一切かかりません。

  

クラリスキャピタル

クラリスキャピタルは、親身な対応、リーズナブルな価格、迅速な対応などを強みとする仲介会社です。実績が豊富なため、どのような交渉が望ましいのか、どうすれば高く売却できるのかを把握しています。また、全国各地のM&Aを支援しており、業界や業種に関係なく理想的なM&Aの実現に向けて動いてくれます。

手数料は完全成功報酬型で、業界最安値を宣言しています。また、成功報酬も200万円~となっているなど、費用面を懸念して仲介会社への依頼を迷っている経営者を応援してくれる金額設定は中小企業にとって嬉しい一面です。

さらに、少数精鋭のスタッフが経営者の話を聞き、最適なタイミングでM&Aを実行できるようサポートしていることも特徴です。

 

日本M&Aセンター

日本M&Aセンターは、経営者のニーズを満たすことを当然のことと考え、想像を超える価値を生み出すことに注力しています。M&Aを成功させるためのスキル、そして実現に向けて動くための情熱を大切にし、中小企業の明るい未来のためにサポートしてくれます。

経営者の想いや背景、企業価値などM&Aに欠かせない情報を適切に取得し、正しく理解することを大切にしています。また、士業専門家チームによる課題分析を行い、最適な形でM&Aできるようにサポートしていることが特徴です。

成約累計実績は4,500件以上、年間成約支援数は770件を超えています。成約後も成長を支援し、買い手と売り手の双方にとって良い結果となるよう努めてくれます。

  

M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは、M&Aの検討段階から成約まで、ひとりの担当者が一貫サポートします。経営者と同じ想いを持ち、より理想的なM&Aを目指してくれます。M&Aという言葉が知られていなかった時代から大手企業に提案し続けてきた経験を持ち、経営者に寄り添った形で仲介していることが特徴です。

成功報酬の10%に相当する中間金と成功報酬90%の報酬体系です。着手金がかからないため、M&Aの交渉決裂による損失を懸念している経営者も相談しやすいでしょう。

 

フォーバル

フォーバルは、中小企業の存続と成長に少しでも貢献したいという想いを持っています。後継者不足に注目し、問題を解決できるようにM&Aをサポートしてくれます。100年企業と呼ばれる中小企業を増やしたい気持ちを持ち、M&Aの仲介に限らず様々な相談を受けつけていることが特徴です。

これまで20万人以上もの経営者と関わってきた経験豊富な仲介会社のため、あなたにとって満足のいくM&Aに導いてくれるでしょう。また、海外進出をサポートするために、海外の企業とのM&Aも提案しています。より幅広い選択肢を与えてもらえるため、あなたの考えた以上の結果に繋がる可能性が高いでしょう。

  

中小企業のM&Aでも仲介会社を活用しよう

中小企業であっても、仲介会社にM&Aを依頼することが重要です。金融機関などは、大手企業のM&Aを専門に取り扱う側面がありますが、仲介会社は企業規模に関係なくサポートしてくれます。取り扱ってきた案件数も豊富なため、中小企業のM&Aならではの課題やリスクなどを把握しています。

仲介会社は、単なる仲介だけではなく、交渉がスムーズに進むようにサポートしたり、会社を成長させるアドバイスをしたりと、M&Aに関わるさまざまな業務を行っていることが特徴です。大切な事業や会社を存続させるためにも、仲介会社の力を借りて、理想的な買い手とM&Aを成立させましょう。

どこに相談すればいいかわからない、という場合は、当サイトがおすすめするスパイラルコンサルティング社をご検討ください。数々の事業継承ノウハウを持っており、自社の価値を最大化してから売却することを得意としています。

より満足できる事業継承にするためにも、一度ご相談してみることをおすすめします。

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

経営者の方は必見!

今ならM&Aを理解し使いこなすための本、「図解で簡単!オーナーのためのM&A入門」が経営者限定で無料で手に入ります。詳しくは下記リンクをクリック。

>>「オーナーのためのM&A入門」無料プレゼント!<<