中小企業の事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

「中小企業の経営をしているけれど、そろそろ誰かに事業を引継ぎたい」と思っているオーナーや経営者は多いのではないでしょうか。

事業承継を行えば、自分が経営から退いても会社は引き続き存続していきます。

後継者となる人が身近に見つからないから廃業するしかない、と考えがちですが、実はM&Aで事業承継ができる可能性は高いのです

最近、中小企業はM&Aによって外部から後継者を探す傾向があります。つまり、買い手が多いということです。

そこで今回は、中小企業を事業承継するメリットや、実行の際の注意点、成功させるためのポイントを紹介しましょう。

 

事業承継のメリットとは

あなたが経営している中小企業を事業承継することによって、主に下記の3つのメリットがあります。

  • 経営に対する重責からの解放
  • 売却益による現金の獲得
  • 従業員の雇用継続や待遇改善

これらのメリットは、中小企業の経営から退くにあたって非常に大きな後押しとなるのではないでしょうか

それでは、各メリットについて順番に説明していきます。

 

経営に対する重責からの解放

第3者に事業承継をすれば、あなたは自分の中小企業の経営をもうしなくても良くなります。

それによって、今まで負っていた経営者としての重責からも解放されるはずです。

ご存知のとおり、会社経営というのは一筋縄ではいかず、大変な労力が必要となります。

特に、中小企業の経営は資金的に浮き沈みの度合いが大きく、知らず知らずのうちにあなたは重責を背負っていることでしょう。

事業継承によってあなたは重責から解放されますが、あなたの会社がなくなるわけではありません新しいオーナーや経営者の下で、従業員や取引先との関係は継続するので、何も心配する必要もありません。

 

売却益による現金の獲得

M&Aによって事業承継を行った場合、第3者から会社を譲渡する対価をもらえる可能性も高いです。

売上がしっかりあり、黒字企業であれば、譲渡の対価は高額になるでしょう。

正直、第3者に売却すれば売却益によってあなたは現金を得られるのに、それを試すことなく廃業を選択するのは実にもったいないことです。

あなたが得た現金は、リタイア後の生活資金や今後の新事業などに役立てられるので、この機会に一度、M&Aによる事業承継を考えてみませんか?

 

従業員の雇用継続や待遇改善

あなたが持つ中小企業を第3者に事業承継することにより、従業員の雇用を続けることができます。

それだけではなく、今までの待遇よりも良くできるかもしれません。

なぜなら、新しい第3者の目線による経営の革新や従業員の待遇改善が期待できるからです

特に、従業員の雇用継続はオーナーにとっても大きな問題です。

 

廃業して従業員の仕事をなくしてしまうと、従業員やその家族の生活も脅かされます。

もしあなたが中小企業の経営から離れるのであれば、できるだけ事業承継を行うほうが良いのではないでしょうか。

あなたが持つ中小企業の事業継承は、オーナーや経営者にメリットがあるだけでなく、従業員にとってもメリットが生まれるものです。

以上が、中小企業のオーナーが事業承継をする際のメリットでした。

当然、事業承継をする場合、良い面ばかりではありません。その他で知っておいたほうがいいことを次章でまとめたので、一緒に確認しましょう。

 

中小企業の事業承継を行う際の注意点

中小企業の事業承継にはメリットばかりではなく、注意しておくべきこともあります

実際に事業承継を行う際の注意点は、以下の2つです。

  • 事業承継の確定まで従業員や取引先には公表しない
  • 親族や従業員以外に、M&Aで事業承継をする

これらの注意点に気をつけておかなければ、事業承継が失敗するかもしれません。逆に、この2点を頭の中に入れておけば、成功する可能性は高くなります。

 

事業承継の確定まで従業員や取引先には公表しない

あなたの中小企業が完全に事業承継されるまで、自社の従業員や取引先には秘密にするべきです

心の準備をしてもらうためにも、早めに周りの人たちに告知していきたいというオーナーや経営者もいると思います。

しかし、まだ事業承継が確定していない段階で、従業員や取引先にこの事実が知られてしまうと、従業員が途中でやめてしまったり、取引先との関係が悪くなったりするかもしれません。

そのようなことになると、事業承継の成功も難しくなってしまいます。

したがって、事業承継が確定したタイミングで従業員や取引先には知らせたほうが良いでしょう。

事業承継をする際、慎重に手続きを進める必要があります。

 

親族や従業員以外に、M&Aで事業承継をする

事業承継と聞けば、親族や従業員に自社を引き継いでもらうものだと考える人が多いと思います。

しかし、身近なところに後継者候補となる人がいない場合も多いのが現実です。

そんなときでも、事業承継を諦める必要はありません。

それはM&Aによる事業承継という手段です

M&Aを行えば、親族や従業員ではない第3者があなたの中小企業の事業承継をしてくれます。

だからこそ、身近に後継者候補がいなくても、すぐに諦めないでください。

多くの場合は、諦めなければ事業承継をしてくれる第3者が見つかります。

上記の注意点を踏まえた上で、ここからは具体的に中小企業の事業承継を成功させるポイントを見ていきましょう。

 

中小企業の事業承継を成功させるポイントとは

中小企業の事業承継を成功させるポイントは、以下の5つです

  • 準備は早めに
  • 譲歩できない条件を明確に
  • 真の強みを再確認
  • 3者にとって最も良い着地を
  • 専門家にアドバイスを

上記5つのポイントを抑えることで、あなたの会社の事業承継を成功させられる可能性が高まります。

それぞれのポイントについて、順番に見ていきましょう。

 

準備は早めに

中小企業の事業承継を行うなら、できるだけ準備は早めに行うべきです。

事業承継は、ただオーナーや経営者としての権利を後継者に渡すだけではありません。

例えば、経営についての知識や実務経験を後継者に積んでもらう必要があるのです。

それをせずにいきなり後継者に経営権を渡しても、長期的な意味での事業承継を成功させることは難しくなるでしょう。

慣れない人に経営権を渡すと、場合によっては一気に自社の経営状況が傾くこともあります。

会社経営の知識や実務経験は、一朝一夕につくというものではなく、長い目で見ていくことが大切です

後継者候補を見つけるまでにかかる時間だけではなく、後継者として納得できるまでしっかりと育て上げていく時間も考えておきましょう。

したがって、事業承継の準備は早く行えば行うほど、後継者が育った状態で事業を引き継げるのであなたも安心すると思います。

 

譲歩できない条件を明確に

中小企業の事業承継をするなら、譲歩できない条件は明確にしておくべきです。

後継者候補が見つかったら、どのような条件で事業を引き継いでいってもらうのかを話し合うことになります。

そこで、どの条件は事業譲渡するうえで譲れないのかということをハッキリさせておかなければ、話し合いが円滑に進みません。

条件について曖昧なままなら、あとから妥協した事業承継にしてしまい悔やむことでしょう

だからこそ、事前にあなたの中でどの条件は絶対に譲れず、どの条件は妥協できるのかを決めておくべきです。

焦って考えると失敗しやすいので、落ち着いて冷静に考えてください。

条件について考えるときには自分のことだけではなく、今後の会社経営や従業員、取引先のことも考えるのがポイントです。

自分だけではなく、自社に関わる人たちみんなにとって良い条件で事業承継ができるように、時間をかけて考えるべきでしょう

 

真の強みを再確認

自社の持っている真の強みを知ることも、事業承継の成功のためには非常に重要です。

あなたを事業承継する人にも、この会社の強みを理解したうえで、それを活用した経営を続けてもらわなければなりません。

そうしなければ、せっかく今まで築き上げてきた自社の良さが失われてしまう可能性があります。

そこで、まずはあなたが自社にどのような強みがあるのかを再確認し、リストアップしていきましょう

日々の利用客数や売上を他社と比較すればリストも作りやすいです。

自分だけではなかなか客観的に強みを考えられないなら、従業員やM&Aアドバイザーなどに聞いてみるのもひとつの方法です

 

3者にとって最も良い着地を

中小企業の事業承継を行うにあたり、オーナーと後継者、そして従業員といった事業承継の関係者全員にとって最も良い着地を目指すべきです。

「事業承継が成功した」とあなたが満足していても、後継者や従業員などの他の関係者が満足をしていないことも少なくありません。

事業承継を全員が満足する結果に終わらせなければ、自社を引き継いだ後の経営に支障をきたします

まずは、関係者と話し合いの場を設定し、みんなが納得できるような事業承継はどのような形か、探るべきです。

そのうえで、あなたはベストな着地を見つけるべきでしょう。

 

専門家にアドバイスを

専門家の力を借りるのも、事業承継の成功には欠かせません。

中小企業の事業承継を希望通りに成功させようと思ったなら、さまざまな専門的知識が必要です。

中小企業のオーナーがすべての知識を持っていることは少なく、正直、あなたひとりで全ての事業承継の手続きを完ぺきにするのは難しいでしょう。

あとから手続きにミスが生じていた場合、大きなトラブルに発展する可能性もあります。

それを避けるために、自社の事業承継の失敗を避けたいなら、M&Aアドバイザーや事業承継アドバイザーなどの専門家の力を借りるべきでしょう

そういったプロフェッショナルに相談すれば、あなたひとりだけでは気が付かなかった後継者探しや後継者育成の方法も提案してもらえます。

成功させるために専門家への費用が多少かかったとしても、中小企業の事業承継には彼らのアドバイスを求め、力を借りるべきでしょう。

 

以上が、中小企業の事業承継を成功させるポイントでした。

繰り返しになりますが、もし事業承継について少しでも悩みや不安があるなら、まずは専門家に相談しましょう。

 

中小企業の事業承継を検討するなら

中小企業の事業承継を検討しているなら、早めに専門家に相談して手続きを前に進めるべきです。

事業承継は早く動けば動くほど、成功する可能性が高まります。

後継者を探したり、安心して自社の経営を任せられるまでに教育したりといったことをするのは、思っているよりも時間がかかります。

まずは、事業承継アドバイザーに相談することで自社の事業承継が成功する可能性は一気に高くなり、作業のスピードもより一層速くなるはずです

安心して相談できる専門家を見つけ、この機会に自社の事業承継を成功させましょう。

 

アドバイザーを探す場合、初期費用がかからない「完全成果報酬型」の料金体系をとっているアドバイザーがおすすめです。

中でも当サイトがおすすめするスパイラルコンサルティング社では、数々の事業継承ノウハウを持っており、自社の価値を最大化してから売却することを得意としています。

より満足できる事業継承にするためにも、一度ご相談してみることをおすすめします。

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

経営者の方は必見!

今ならM&Aを理解し使いこなすための本、「図解で簡単!オーナーのためのM&A入門」が経営者限定で無料で手に入ります。詳しくは下記リンクをクリック。

>>「オーナーのためのM&A入門」無料プレゼント!<<