中小企業の事業承継【事例から読み解くポイント】

「中小企業の経営者をしているけれど、そろそろ後継者に事業を引き継いでもらいたい」と、考えている人もいるのではないでしょうか。

もしあなたがオーナーや経営者からリタイアするのであれば、自社を存続させるためにも後継者を見つけたいはずです。

しかし、引き継ぎ方法や後継者選びを失敗すると、事業承継した後、事業自体が傾いてしまうかもしれません

そこで今回は、事例を交えて中小企業の事業承継のポイントを紹介しましょう。

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

中小企業が事業承継を行う背景

まずは、中小企業のオーナーが事業承継を行う背景から説明しましょう。

中小企業で事業承継を行うタイミングは、主に以下です。

  • オーナーがリタイアを考えたとき
  • 後継者の経営手腕で事業を大きくしたいとき
  • 後継者の経営力で業績を伸ばしたいとき
  • オーナーが別の事業に注力したいとき

もしあなたがこのような状況下にいるのであれば、事業承継を行ったほうが良いでしょう。

というのも、スムーズな事業承継ができなければ、あなたの会社はあなたの引退と共になくなります。つまり、「廃業」するということです。

当然、今まであなたに仕えてくれた従業員は仕事を失うので、転職活動を余儀なくされます。

顔なじみの取引先にも、迷惑を掛けてしまうかもしれません。

ところが、事業承継を選択すると、あなたが経営から離れたとしても、新しいオーナー・経営者の下、これまで経営したきた会社とその事業は継続します。

そこで、「今まで経営してきた中小企業の経営を続けて欲しい」というオーナーや経営者の思いから、事業承継の可能性を探る人はとても多いです

また、後継者選びに成功すると、新しいアイディアなどにより、あなたの会社はさらに事業拡大する可能性もあります。

それでは、具体的な中小企業の事業承継の事例を見ていきましょう。

 

中小企業の事業承継の事例

注目したい事例は、ヤフーがベンチャー企業をM&Aで手に入れたことです。

ヤフーは過去に、ホテル予約サイト「一休」や料理動画サービス「dely」といったベンチャー企業をM&Aしています

今回の事例は大手企業がベンチャー企業をM&Aするものでしたが、中小企業同士でのM&Aも増加傾向にあります。

現在、経営からリタイアしようとしている経営者の多くが、後継者不足によって自社の存続を諦めようとしています。

しかし、第3者に経営を引き継いでもらうことによって、会社経営を続けられるだけではなく、経営の改善やさらなる成長も狙えるのです。

あなたも経営から離れる際、後継者がいないのなら第3者への事業の引き継ぎを考えることをお勧めします。

 

中小企業の事業承継のポイントとは

中小企業の事業承継を行う際、気をつけておくべきポイントは以下の4つです。

  • 競合優位性や業界での独自性
  • あなた以外での事業の継続性
  • 取引先企業の規模や数
  • M&Aの専門家に頼る

これらのポイントを抑えておけば、中小企業の事業承継は成功しやすくなります。

準備なしに事業承継を成功させることはできないので、しっかりとポイントを理解して計画を立てるべきです

それでは、上記のポイントについてさらに詳しく説明しましょう。

 

優位性や業界での独自性

あなたの会社の競合他社に対する優位性や業界での独自性があるのかどうかは、事業承継をするのにあたって非常に重要なポイントです。

当然、他社にないような強みがあれば、一般的に事業を引き継ぎたいと思ってくれる後継者も見つかりやすいでしょう事業承継後も、経営が上手くいきやすのではないでしょうか。

もし、現状であまり他社との差別化ができていないようであれば、現在の事業内容を再確認し、セールスポイントを見つけると良いでしょう。

また、あなたの会社の独自性や優位性を後継者にしっかりと理解してもらうために、客観的なデータを集めた資料を作成しておくことも大切な作業です。

わかりやすい資料を作り、実務経験を通して競合優位性や独自性を活かせる経営者になってもらうことが、あなたが事業承継においてすべきことのひとつです。

 

あなた以外での事業の継続性

中小企業を事業承継してもらいたいなら、あなた以外のオーナーや経営者でも経営できるビジネスモデルかどうかも大切なことです

中小企業の多くは、オーナーや経営者の独自の能力や人柄によって成り立っていることが多いです。

そのため、事業承継を行って後継者が変わると、一気に業績が悪くなるケースもあります。

事業承継をしたのに、すぐに自社が傾いてしまったというのは誰でも避けたいものです。

だからこそ、現在の経営者から経営者が変わったとしても、引き続き経営が続けられるようにビジネスモデルや経営方法を整えておくと良いでしょう。

不要な事業や施設を手放すことや、現場までの指示の流れをスマートにしておくことで新しい経営者が会社経営に取り掛かりやすくなるはずです。

もし、あなたが専門家の意見を聞きたいのであれば、事業承継アドバイザーなどに、自社の状況を理解してもらったうえで、意見を請うと良いでしょう。

 

取引先企業の規模や数

取引先企業の規模や数も、中小企業の事業承継をする際、後継者は気になるところです。

あなたの会社に、多くの取引先があれば事業承継後も、継続して事業を進めることができます。事業承継をする前の段階から、後継者には取引先企業に関する情報を伝えていくべきでしょう

その際、取引先の規模や担当者、取引内容などをすべて伝えると良いでしょう。不要な取引先がないかもあわせてチェックすると、今後の会社経営のためにもなります。

 

M&Aの専門家に頼る

中小企業の事業承継を行うなら、M&Aの専門家に頼るべきでしょう。

事業承継をあなたの希望通りに成功させようと思ったなら、さまざまな知識が必要となります。

例えば、会計や経営、法律などというような幅広く深い専門知識も事業承継には重要です

自分だけで完璧に手続きを進めることは簡単なことではありません。

十分な手続きを踏めていないにもかかわらず、無理やり事業承継を進めても、あとから後継者や従業員、取引先などとトラブルに発展する可能性があります。

だからこそ、M&Aアドバイザーや事業承継アドバイザーなどの専門家の力を借りることが非常に有効です。

しかも、後継者探しや後継者育成の方法、事業の拡大方法も提案してもらえることもあります。

事業承継は人生で何度も行うようなことではないので、せっかくならプロの力を頼って成功させたほうが良いのではないでしょうか。

事業承継は後継者探しから経営権の譲渡まで、とても長い期間を要します。

もしあなたが事業承継をしようと思ったなら、まずは専門家に相談してみることをお勧めします。

 

以上が、中小企業の事業承継を成功させるポイントです。

 

中小企業の競争は非常に激しく、事業承継も必ず成功するわけではありません。

しかし、ポイントを抑えることによって、事業承継が成功する確率を大幅に高めることになるでしょう。

 

中小企業の事業承継を行うなら

繰り返しになりますが、中小企業の事業承継を行おうと思ったのなら、早めに準備を始めましょう。

事業承継は単に、後継者へあなたの経営権を渡して終わりという簡単なものではありません。

自社のサービスや、従業員の働き方、経営理念など、さまざまなことを後継者に引き継いでもらう必要があるのです。

後継者を見つけて安心して会社経営を任せられるまでに教育するのは、あなたが思っているよりも時間がかかります。

そのためには、まずは事業承継の専門家である事業承継アドバイザーやM&Aアドバイザーのところに相談に行きましょう。

事業承継を何度も経験してきているプロに相談することで、あなたは後継者への事業の引き継ぎ方をしっかり理解できるはずです。

安心して相談できる専門家を見つけることが、あなたの会社の事業承継を成功させるための第一歩です

ぜひこの機会に、早めに専門家探しや資料の準備に取りかかり、事業承継を成功させましょう。

 

どこに相談すればいいかわからない、という場合は、当サイトがおすすめするスパイラルコンサルティング社をご検討ください。

数々の事業継承ノウハウを持っており、自社の価値を最大化してから売却することを得意としています。

より満足できる事業継承にするためにも、一度ご相談してみることをおすすめします。

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

経営者の方は必見!

今ならM&Aを理解し使いこなすための本、「図解で簡単!オーナーのためのM&A入門」が経営者限定で無料で手に入ります。詳しくは下記リンクをクリック。

>>「オーナーのためのM&A入門」無料プレゼント!<<