不動産管理会社のM&A事例から学ぶ成功のポイントとは?

不動産管理会社のオーナーは、M&Aによって大きなメリットを得られます。

しかし、M&Aに失敗すると、思っていたほどのメリットを得られず、オーナーの立場から退いたことを後悔する可能性があります。

そのため、どうすればM&Aに成功できるのか確認しておくことが大切です。

過去の事例から成功のポイントが見えてくるでしょう。

ここでは、不動産管理会社のM&Aを成功させるために必要なポイントを過去の事例から詳しく解説していきます。

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

不動産管理会社オーナーがM&Aを選ぶ理由とは?

不動産管理会社のオーナーが、どのようなタイミングでM&Aを検討するのか、確認しておきましょう。

 

・後継者不足で跡継ぎがいない

オーナーは、いつまでも経営を続けることができません。

年齢の問題により、次第にアクティブな活動が難しくなり、現役を退かざるを得なくなるのです。

この場合、後継者にオーナーの立場を引き継ぐことになりますが、後継者が見つからないケースがあります

自分の子供や親戚に跡を継いでもらいたいという方もいますが、後継者として相応しいかどうかは別の問題です。

 

本人が後継者になりたくないと思っていれば、後継者にさせることはできないでしょう。

また、実際に後継者として育成しているときに、やはり後継者として相応しくないと思い、改めて後継者を探すことになる場合もあります。

 

このように、様々な理由で後継者が不足する場合があるのです。M&Aであれば、後継者がいなくても会社に事業や株式を売却できるため、現役を引退できます。

 

・健康問題によって事業の継続が困難になった

後継者の育成には時間がかかるため、10年以上前から準備を進める場合もあります。

しかし、急に健康問題によってオーナーの立場から退かざるを得なくなることもあるのです。

後継者を育成する時間がなく、すぐにでも後継者を探す必要がある場合は、M&Aを検討しましょう。

 

M&Aによって経営のノウハウを持つ人物に会社を任せることができます。

健康状態が悪いのに無理に経営を続けると、あるとき経営ができなくなり、会社の後継者をどうするのかなど、様々な問題が起こる可能性があります。

経営が難しいと判断したら、早めにM&Aに向けて動きだすことが大切です。

 

・別事業に力を入れたい

不動産管理会社の他に、不動産投資など不動産関係の事業や、全く別の業界の事業を展開しているケースは珍しくありません。

不動産管理事業ではなく、別の事業に力を入れたいと考えたが、オーナーの立場から退かなければ難しいというケースがあります。

この場合、不動産管理事業を売却することで、売却益を別事業にあてることが可能です。

 

・現金を手に入れて別の人生を歩みたい

不動産管理会社の売却によって得た利益を元手に投資に参入したい、今後一切働かずに暮らしたいと考えるオーナーもいます。

これまで育て上げてきた不動産管理会社の収益性や安定性が高い場合は、それだけ多額の売却益を得られるため、今後の選択肢が増えるのです。

 

新たに事業を立ち上げることも可能ですが、不動産管理事業を売却した場合は、不動産管理事業の立ち上げに制限がかかります。

飲食や旅行など全く異なる業界の事業を立ち上げることになるでしょう。

 

・とにかく経営のプレッシャーから解放されたい

オーナーは、常に収益を上げ続けることに対してプレッシャーを感じている場合があります。

不動産管理会社は非常に多く、契約先を取り合うような状況となっています。

契約解除となった場合、それだけ収益が下がるため、従業員の数や管理能力を踏まえ、常に契約先を探し続けることになるのです。

 

また、会社が倒産した場合、従業員とその家族に迷惑がかかります。

また、関連企業も損害を負うことになるなど、あらゆる面で責任を伴います。

 

このように、いつまでも安心できない状況に苦痛やストレスを感じているオーナーは少なくありません。

オーナーの立場から退くことで、プレッシャーから解放され、人生が良い方向へ進むこともありま

 

・会社の名前をもっと多くの人に知ってもらいたい

不動産管理事業の展開地域を広げ、もっと多くの人に会社を知ってもらいたいと思うオーナーは少なくありません。

しかし、展開地域を広げるためには、地域に強いコネクションを持つ企業の協力や多くの資金が必要です。

無理に展開地域を広げることで収益が下がることもあるため、リスクがある行為と言えます。

 

M&Aで大手企業の傘下に入ることができれば、安全に展開地域を広げることが可能です

また、大手企業の知名度の高さに影響を受けて、自社の名前も多くの人に知られるようになります。

 

・従業員の待遇を改善したい

高い収益を維持するためには、従業員のモチベーションを維持することが不可欠です。

モチベーションを維持する方法としては、福利厚生の充実やボーナスアップなどが挙げられます。

しかし、会社の業績によっては、安易に待遇をよくすることはできません。

一度上げた待遇を下げると、モチベーションが大きく下がり、会社の収益に大きな影響を与える恐れがあるためです。

 

しかし、待遇をなかなか改善できない場合も従業員のモチベーションが下がってしまう可能性があります。

資金力のある大手企業の傘下に入ることで、従業員の待遇を改善でき、さらなる利益へと繋げることが可能です

 

不動産管理会社のM&A事例

実際にM&Aを行った不動産管理会社の事例を確認して、成功のポイントを見出しましょう。

 

・外国人向けの高級賃貸管理会社の事例

外国人向けの高級賃貸マンション・アパートの管理会社が不動産賃貸管理会社に売却した事例があります。

従業員数は少ないですが、高い収益を挙げていました。

しかし、後継者として候補に挙げていた子供が跡を継がないことが決まり、このままでは廃業を余儀なくされることなりました。

 

そこで踏み切ったM&Aによって、新規マーケットに参入したい企業に事業を売却することができました。

この事例では、売却側としては後継者問題を解消することで従業員の生活を守ることができ、買収側としては新規マーケットに算入できるという双方にメリットがある内容となっています。

 

・オーナーの体調不良によりM&Aを行った事例

順調に利益を挙げていた不動産管理会社ですが、オーナーの健康面の問題により廃業を余儀なくされるところでした。

そこで、M&Aによって株式譲渡したことで、従業員の生活を守りつつ、今後の生活に役立てられる資金を得ることに成功したのです。

売却側の企業は、長年の実績と高い顧客満足度により、今後の安定性も高く評価されていました。

買収側は、そのような優秀な企業を買収したことで、不動産管理業界への参入と展開地域の幅を広げるという2つのメリットを得られたのです。

 

・別の事業に力を入れるためにM&Aを実行した事例

売却側の不動産管理会社は、収益も順調にあがっていましたが、別の事業に力を入れるためにM&Aを行いました。

売却によって得た利益は、別事業の資金として活用することで、別事業の収益アップと安定性の向上に繋がりました。

買収側としては、不動産管理関係のサービスの幅が広がり、会社全体の発展に繋がりました。

 

不動産管理会社のM&A事例から読み取る成功ポイントとは

不動産管理会社のM&Aの成功とは、期待通りの売却益を得られた譲れない条件を買収側が承諾した従業員のモチベーションに大きな支障をきたすことなく引き継ぎが終わったなどが満たされた場合です。

 

逆に、思っているような売却益を得られず、条件も承諾されず、オーナーが変わったことで従業員のモチベーションが下がった場合はM&Aに失敗したと言えるでしょう。

それでは、不動産管理会社のM&Aの事例から、どのような成功のポイントを読み取れるのか解説していきます。

 

管理物件の数と質

不動産管理会社の価値が高ければ、それだけ売却益も高くなります

不動産管理会社の価値は、収益性や安定性などで決まりますが、突き詰めると管理物件の数と質に行きつきます。

管理物件の数が少なければ、それだけ収益源が少ないということです。

1つの管理物件から多くの利益を得ていても、その管理物件の契約が終了すれば、企業の収益は大きく落ちてしまうでしょう。

 

できるだけ多くの管理物件と契約することで、収益の安定性が高いと判断されます

また、管理物件の質は契約期間や管理の手間などに関係します。

常識が通用しない大家と取引していたり、物件に質の悪い入居者がいたりすると、管理物件の収益性が低下します。

これは、従業員1人あたりの作業量が増えてしまうためです。

そのような状態では新たな管理物件への営業をかけるのに時間を割くことができなくなるでしょう。

 

逆に、入居者や大家の質がよく、余計な業務が発生しない場合は、それだけ従業員の生産性が高まり、収益アップに向けて営業に動くことが可能です。

 

管理物件の地域の動向を押さえられているか

開発計画がない地域は、マンションやアパートが少なく、今後も増える見込みがあまりないという特徴があります。

逆に、今はマンションやアパートが少なくても、開発計画がある地域は、数年後にはマンションやアパートが多数建設される可能性があるのです。

 

このように、地域の動向を抑えて行動することで、その地域のマンションやアパートと早い段階で契約できます

また、すでに契約しているマンションやアパートの地域の動向を抑えることも重要です。

今後、マンションやアパートが増える見込みが少ない場合は、他の地域に人員を割いたり、新たに開拓したりすることになります。

 

M&Aの専門家に頼るのもアリ

管理会社のM&Aに成功したいのであれば、M&Aの専門家に頼るのも1つの方法です

M&Aの専門家は、会社を繋ぐ仲介業者でもあり、より良いM&Aになるようサポートしてくれます。

どのようなポイントに注意すれば成功するのかアドバイスしてくれるため、理想のM&Aに一歩近づくでしょう。

 

また、売却益を高めるために、どういった項目をアピールすればいいのか、その根拠としてどのようなデータや資料の提示が必要なのかまで、詳しく教えてもらえます

企業の強みをアピールすることは、企業の価値を高めるための必須事項と言えますが、根拠を示さなければ買収側を納得させられません。

 

そして、M&Aの仲介業者に依頼するメリットのうち大きいのが、交渉をサポートしてもらえることです。

交渉は、人対人であるため、数字だけではなく担当者の雰囲気やイメージなどが契約に関わります。

仲介業者は、交渉を有利に進めるコツや、現在の状況でどのように行動することがベストかアドバイスしてくれます。

 

譲れない条件を提示し、どうやって承諾を得るのか、相手の条件のうちどの条件を飲むべきかなど、様々なことを相談できます。

M&Aは人生で何度も行うオーナーは多くはいません。そのため、未経験の状態でM&Aを実行することになり、ストレスを感じることもあるでしょう。

経験豊富な専門家のサポートを受けられれば、ストレスを和らげつつM&Aの成功に向けて動けるようになります。

 

不動産管理会社のM&A事例をさらに聞くなら

不動産管理会社のM&Aの事例を紹介しましたが、もっと多くの情報を得たいという方もいるでしょう。

情報は、多ければ多いほどに今後の展望が見えてきて、M&Aに失敗しにくくなります。

不動産管理会社のM&Aをさらに聞くのであれば、M&Aの仲介業者に相談しましょう。

 

仲介業者によっては、取り扱い案件に偏りがあるため、思っていたよりも不動産管理会社のM&Aの事例を知ることができないケースもあります。

しかし、取り扱った案件以外の事例も知れるため、あまり深く考えないでもいいでしょう。

 

また、そのままM&Aのサポートを依頼する場合は、仲介会社の実績や担当者との相性を確認することが大切です。

多くの事例を紹介できたからという理由だけでサポートを依頼すると、後悔する可能性があります。

担当者によっては、知りたいことを知ることができなかったり、交渉のサポートがいまひとつだったりする場合があるのです。

 

よりよい条件で不動産管理会社を売却するためにも、信頼できる仲介会社に相談しましょう。

 

当サイトでは、東京に拠点を置くスパイラルコンサルティング社も、信頼できる会社の一つとしておすすめしています。

匿名での相談が可能なので、まずは一度話を聞いてみてはいかがでしょうか。

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

経営者の方は必見!

今ならM&Aを理解し使いこなすための本、「図解で簡単!オーナーのためのM&A入門」が経営者限定で無料で手に入ります。詳しくは下記リンクをクリック。

>>「オーナーのためのM&A入門」無料プレゼント!<<