ラーメン屋の事業譲渡を行う前に知っておきたいこと3つ

ラーメン屋の事業譲渡を決めた方は、事業譲渡を成功させるためにしっかり準備を進めることが大切です。

自分だけで事業譲渡を進めようとすると、失敗に終わる可能性があります。

事業譲渡は単純な契約ではなく、いくつかのステップを踏んで、ようやく契約が締結となります。

ここでは、ラーメン屋の譲渡譲渡を行う前に知っておくべきことをご紹介します。

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

事業譲渡とは何?

事業譲渡とは、事業を個人や企業に売却することを指します。

事業を譲渡するということは、ラーメン屋の店舗や土地、人材、組織、ノウハウ、ブランド、麺を取り寄せている取引先との関係など全てを売却するということです。

 

ラーメン屋の他にも事業を行っている場合は、ラーメン屋事業だけを売却することができます。

ただし、これまでとは違ったスタイルのラーメン屋を作りたいために、現在経営しているラーメン屋を事業譲渡することはできません。

 

事業譲渡をした会社は、再び同じ事業を行うことができなくなります。

そのため、ラーメン屋を事業売却するのは、今後ラーメン屋を経営しないと決めたときです。

 

ラーメン屋の事業譲渡を行う前に知っておくべきポイント

事業譲渡は、買い手と売り手が交渉を行い、売却額や条件に関して合意すれば実行できます。

すぐに売りたいと思っても、買い手がすぐに見つかるとは限りません。

また、十分に準備せずに交渉してしまうと、思っていたよりも安い売却額がついてしまう可能性があります。

 

ラーメン屋の事業売却を行う前に、次のことを確認しておきましょう。

 

事業譲渡は専門家を頼ったほうが良い

事業譲渡は、非常に専門的なビジネスであるため、経営者だけで進めようとしても契約にまでたどり着くことは難しいでしょう。

また、相場よりも安い売却額がついてしまい、後悔することも予想されます。

事業譲渡は、専門家のアドバイスを受けながら進めていくことが大切です。

 

事業譲渡の専門家は、事業譲渡のメリットやデメリットはもちろんのこと、進め方や交渉のポイント、必要書類まであらゆることを熟知しています。

そのため、専門家を頼ることで契約に関するミスを防げるうえに、相場よりも安く売却してしまうリスクを大きく減らせるのです。

 

また、交渉の際に仲介してもらうこともできます。

売り手と買い手の中心に立ち、円滑な交渉をサポートしてくれます。

交渉の落としどころのアドバイスを受けられれば、売り手と買い手の双方にとって良い取引にできるでしょう。

 

売却額は、ラーメン屋の価値によって決まります。

ラーメン屋の価値は、現在の売上高だけではなく、将来性や競合の有無など様々なところから割り出されます。

そのため、自分で妥当な売却額を計算することは非常に難しく、相場よりも安い希望売却額を提示してしまう可能性もあるのです。

事業譲渡の専門家に依頼すれば、ラーメン屋の現在の状況から適切な売却額を算出してもらえます。

 

相場から大きく外れた希望売却額を買い手に提示してしまうと、常識を持っていないと思われてしまい、交渉が決裂することも考えられます。

大きな不利益に繋がることも予想されるため、事業譲渡は専門家のサポートを受けることが大切です。

 

事業価値が高くても譲渡先に伝わらなければ意味がない

事業価値が高い場合は、それだけ高い希望売却額を提示できます。

ここで覚えておきたいのは、どれだけ妥当な希望売却額を提示しても、根拠となるデータを提示できなければ買い手には伝わらないということです。

例えば、売却するラーメン屋に将来性があるために希望売却額を高く設定したのであれば、将来性があることの根拠を示す必要があります。

 

これまでのラーメン文化の変化や現在のトレンド、ラーメン業界の変化の予測などをデータつきで示すことで、売却するラーメン屋の将来性があることを示せるでしょう。

競合が近くに出店していないのであれば、それを示すデータも必要になります。

 

ラーメン屋がある土地の価値、今後の町の発展、人口の変化の予測などのデータまでしっかり示すことができれば、希望売却額について納得してもらいやすいでしょう。

 

事業譲渡を行う目的があやふやだと譲渡後に後悔しやすい

事業譲渡の目的には、次のようなものがあります。

 

・後継者不足

現経営者は、いずれ事業を誰かに引き継がなければなりません。

親族や従業員に引き継ぐことが一般的ですが、モチベーションは高くても経営者に相応しい人物でなければ引き継ぐことはできないでしょう。

無理に引き継いでしまうと、数年のうちに廃業を余儀なくされると考えられます。

 

ラーメン屋を引き継げる後継者がいない場合、そのままでは廃業するしかありません。

これまで育ててきたラーメン屋を廃業してしまうのは、心もとないという方は多いです。

このような場合におすすめなのが事業譲渡です。

経営者に相応しい人物にラーメン屋を引き継げるため、廃業どころか発展に繋がる可能性があります。

 

成長したラーメン屋の姿を見たいという方は、経営のノウハウを持っており、ラーメン業界への理解がある企業・個人に事業譲渡しましょう。

 

・他の事業に資金を集中したい

ラーメン屋以外にも事業を行っている場合、他の事業の方が多くの利益を得られるため、資金をそちらに集中させたいといったケースがあります。

ラーメン屋事業の資金を他の事業に回すことは、事業譲渡を選択することで実現できます。

廃業でもいいのですが、事業譲渡の方が多くの現金を手元に残せるため、より多くの資金を他の事業に回せます。

他の事業に資金を十分に投入できれば、企業をより大きく成長させられるでしょう。

 

事業譲渡を行う場合、これらの目的があやふやになっていると、どれだけの希望売却額を提示すべきか判断がつかず、良い結果とならない可能性があります。

また、事業譲渡が完了した後に、「事業譲渡するのは今ではなかった」、「やはり親族に引き継いでサポート役として経営に携わればよかった」などと後悔する可能性もあるでしょう。

 

事業譲渡を行う目的を明確にすれば、それだけ交渉に対するモチベーションが上がり、良い結果となりやすいのです。

 

ラーメン屋の事業譲渡を行う手順

ラーメン屋の事業譲渡は、数日や数週間では完了しません。

買い手企業を見つけて交渉を行い、契約を締結し、株主総会から承認を得る必要があります。

それぞれのステップを具体的にみていきましょう。

 

事業譲渡する相手を見つける

事業譲渡を成功させるためには、良い値段で買収してくれる企業や個人を探す必要があります。

買い手を探す方法は次のとおりです。

 

・事業譲渡の専門家から紹介してもらう

事業譲渡の専門家は、買い手となり得る企業や個人と繋がりを持っています。

積極的に買収している企業であっても、ラーメン屋の経営についてはノウハウを持っておらず、買収していないといったケースもあります。

 

事業譲渡の専門家であれば、ラーメン屋を買収してくれそうな買い手企業や個人と繋がりがあるため、スムーズに買い手企業と巡りあえるでしょう。

 

・マッチングサイトで探す

事業譲渡をしたい人がデータを登録し、興味がある人が経営者に直接連絡をとれるサイトがあります。

このようなサイトに登録すれば、ラーメン屋を買収したい人に出会えるでしょう。

しかし、相手の素性がよくわからず、これまでの買収実績も提示されないようなケースでは、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

 

事業譲渡では様々な書類が必要になるため、知識がない方が信頼性に乏しい人物と取引することには大きなリスクを伴うのです。

事業譲渡の専門家に紹介してもらえれば、このようなリスクを限りなく抑えられます。

 

・知人に紹介してもらう

知人に買い手企業を紹介してもらう場合、知人から買い手の情報を得られます。

信頼できる企業・個人なのかしっかり確認しましょう。

知人が紹介するから信頼性が高いとは限りません。

たまたま知り合っただけの人物の可能性もあります。

 

譲渡先候補から意向表明書をもらう

意向表明書は、買収側の企業が売却側の経営者に対して渡す書類の1つで、事業譲渡を検討する理由や背景、基本的な条件などが記載されています。

買い手企業が信頼できるのか、ラーメン屋を譲渡してどのように成長させていってくれるのか、どの程度の売却額を希望しているのかなどを確認できます。

 

意向表明書をもらわなければ、買い手として相応しいかどうかを知ることもできません。

なかなか意向表明書が送られてこない場合は、他の買い手を探した方がいいでしょう。

 

基本合意書の締結

基本合意書は、交渉の末に決定した事業譲渡に関する条件を記した書類です。

譲渡価格や取引形態、今後のスケジュールなどに関する条件が記されています。

売り手と買い手の間で合意事項を確認し、当事者間で締結します。

 

交渉で話してきた内容に間違いはないか、話し合ってすらいない内容が記載されていないかなどを確認し、問題が無ければ締結することになります。

 

デューディリジェンスの実施

デューディリジェンスとは、相手の企業の実態の把握と問題点の洗い出しを目的とした調査のことです。

事業譲渡を行う意思決定に関する情報、売却額の交渉に関する情報、買収後の運営戦略立案に関する情報の提供を求められます。

 

デューディリジェンスは、次の3つに分類されます。

 

・ビジネスデューデリジェンス

取り扱い商品の特質、事業活動の内容、販売活動の内容などについて調査します。

 

・財務デューデリジェンス

財務や会計、税務に関する調査で、過去の財政から現在の財政、損益の推移、資金状況、将来的な安定性などについて調査します。

 

・法務デューデリジェンス

損害賠償などに関する調査、法務面の基本事項などについて調査します。

 

ビジネス関係はコンサルティング会社、財務関係は公認会計士、税理士、法務関係は弁護士が担当です。

 

契約書の締結

事業譲渡の契約書の締結をします。

契約書に署名捺印をもって締結となります。

契約書は、必ず弁護士にチェックしてもらい、法的に問題がないことを確認したうえで締結しましょう。

これまでの交渉で決まっていたことが記載されていなかったり、売却額が書き換えられていたりする場合があります。

 

契約書が締結されれば、買い手企業との一連のやり取りは終了で、後は引き継ぎだけとなります。

 

株主総会の承認

事業譲渡のためには、株主総会において承認を得る必要があります。

具体的には、株主の議決権の過半数を持つ株主が株主総会に出席しており、なおかつその議決権の3分の2以上の賛成が必要です。

承認を得られなければ、事業譲渡を行うことができません。

 

引継ぎを行う

売掛金、動産・不動産、労働契約、地位を引き継ぐことになります。

書類上の手続きだけではなく、ラーメン屋の経営に関することや人材の性質などについても引き継ぎが必要です。

事業譲渡では経営者が変わるため、現経営者のために働いてきた従業員は、譲渡を機に退職する可能性があります。

 

説得できたとしても、譲渡後の経営が思っていたものと違った場合には、次々と従業員が辞めていってしまうでしょう。

新たな経営者が従業員の性質を理解したうえで、適切なコミュニケーションを図る必要があります。

 

ラーメン屋を事業譲渡するならまずは相談

ラーメン屋の事業譲渡を実行することを決めたら、まずは専門家に相談しましょう。

自分の中では、今が事業譲渡の最適なタイミングだと思っていても、実際のところは違う場合があります。

事業譲渡の専門家は、これまでに多数の企業のM&Aを経験しているため、事業譲渡をするのに相応しいタイミングかどうかがわかります。

 

また、どの買い手企業であればラーメン屋の事業譲渡が可能かもわかっているため、買い手企業を探す手間が省けます。

条件の交渉においても、買い手と売り手の双方の立場を踏まえ、落としどころを模索してくれるでしょう。

 

このような条件を満たす相談先の例として、スパイラルコンサルティング社があります。

ラーメン屋のM&Aを支援した経験があり、最適なタイミングでなければ無理に事業売却を推し進めようとはしません。

むしろ売却のタイミングがやってくるまで、より高く売れるように事業価値を高める「SCALE」というサービスが特徴的な相談先です。

 

「今のままで売れるのだろうか」

「できるだけ高い金額で譲渡したい」

 

という場合は、一度相談してみてはいかがでしょうか?

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>成果報酬型・スケールM&Aなら『スパイラルコンサルティング社』<<

 

事業譲渡の交渉が長引いてしまうと、経営状況に変化が現れ、譲渡価格が下がってしまうことも考えられます。

事業譲渡を決断したら、速やかに行動することが大切です。

専門家は、事業譲渡に必要な書類やデータなどについても熟知しているため、円滑な取引と交渉が期待できます。

多くの専門家は譲渡価格の数%を報酬としているため、今後の資金運用に支障をきたす心配もほとんどありません。

 

ローリスクハイリターンなので、前向きに検討しましょう。