ラーメン屋のM&Aで相談すべき仲介会社10選

この記事では、ラーメン屋業界の動向やM&Aが実施される背景などを説明しつつ、ラーメン屋でのM&Aを実施するにあたって、その相談をするに適していると思われる仲介会社を10社紹介します。

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

ラーメン屋でのM&Aの実情とは

まずは、ラーメン屋でのM&Aの実情について触れておきましょう。活気のある業界ですが、一方で少子高齢化などを原因とする後継者問題が暗い影を落としているようですここでは、ラーメン屋業界の動向と、ラーメン屋でM&Aが実施される背景、そして今後のラーメン屋業界の動向の予想について紹介していきます。

 

業界の動向

ラーメンは日本人にとって「国民食」といってもよく、海外からの観光客にもとても高い人気がある料理です。「ラーメン評論家」と呼ばれる人たちのように、ラーメンを熱烈に愛する人も多く、それゆえに全国では毎年3000軒ものラーメン屋が新規開店しており、ラーメン屋業界は新しい参入者が絶えません。

業界の市場規模は6000億円と大きく、ラーメン屋の店舗は日本全国に3万5000店舗ほど存在するといわれていますそのうえで年間3000軒が新規参入し、常に新しい風味のラーメンが登場するので、ラーメン業界は常に変化を続けています。

 

ラーメン屋がM&Aを実施する背景

多くの中小企業と同じく、多くのラーメン屋も後継者問題を抱えています。ラーメン屋を続けるには体力が求められますが、年齢を重ねることにより体力・気力の面で衰えを感じ、自営を続けていくのは限界があるけれど、後継者となる子どもがいなかったり、いても既に自分の人生を歩んでいるため、跡を継ぐ気がなかったりといった状況が多くのラーメン屋で起きています。

ラーメン屋は単にお店を相続すれば良いのではありませんそのお店の味や伝統があり、それらのアセットも含めて引き継いで欲しいと多くのオーナーが思っています。さらに、後継者はお店の経営者としての素質や知識、ノウハウなどを持っている必要があります。後継者がいないために廃業を余儀なくされる事例も多く、創業者が長年こだわってきたお店の理念や経営方針、味などの技術やノウハウが途絶えてしまうことは、社会的にも大きな損失となってしまいます。

そこでM&Aを行うことにより、ラーメン屋の経営を熟知した買い手を探し、お店の経営をバトンタッチすることで、顧客の期待を裏切ることなく、従業員もそのまま雇い続けることができます。つまり、技術やノウハウも次の世代に継承されるのです。

 

今後のラーメン屋業界の動向

競争が激しく、新規開店も多いのがラーメン業界の特徴でしたが、現在は飽和状態です。現在、業界におけるチェーン店の占有率は3割程度ですが、そのうち4割を超えることが予想されます

また、今後はラーメン屋の出店が地域にも及ぶ可能性も高くなっています。ラーメン屋の売り上げには地域差の影響は少ないばかりでなく、むしろライバルの少ない地域であれば常連客を確保しやすくなり、利益が上がる可能性が高まります。事業を行うのは都市部がベストである、とは言い切れないのがラーメン業界です。それゆえに、都市部にこだわらず、地域への出店を検討するラーメン屋のオーナーも増えています。

 

ラーメン屋のM&Aでおすすめの仲介会社10選

次に、ラーメン屋のM&AでおすすめできるM&Aの仲介業者を10社紹介しましょう。ラーメン屋は小規模のM&Aとなることも多いため、中小のM&Aに強い業者や、様々な業種でM&Aを成功させている業者を選ぶのが良いでしょう。

 

スパイラルコンサルティング

スパイラルコンサルティング社は、多様な業種のM&Aを成功させた実績ある仲介会社で、ベンチャー企業を中心とした成長支援型のM&Aを得意としています。M&Aを考えている経営者の意向に注力した独自のマッチング方式を設定しており、M&A成立後までを視野に入れたサポート体制を持ち味としています

完全成功報酬制の仲介会社で、報酬金額は株式価額のみを対象とした「レーマン方式」で割り出しています。M&Aを受け持つ役員、アドバイザーには経営コンサルタントや公認会計士、大手企業の取締役などが揃っていて、計画の立案から実施までを包括的にサポートする仲介会社です。

 

M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは専任担当制の仲介会社です。各業界の専門知識を持つコンサルタントが多く籍を置き、最初の相談から成約までを同じ担当者が受け持つため、手続きが円滑に進行し、状況によって柔軟に対応してくれます同時に、独自の広範囲な顧客基盤を保有しているのも特徴です。また、基本合意時の中間報酬と、成立時に発生する成功報酬を除いて手数料はナシ。基本合意前の相談料や着手金も不要であるという料金面での親切さも、M&Aキャピタルパートナーズを選択する利点のひとつといえます。

 

日本M&Aセンター

日本M&Aセンターは、1991年の成立以来、特に多くの成約件数(4,500件超)や770件におよぶ年間成約支援数を獲得し、様々な業種の中小企業から信頼を得ているM&A仲介会社です同社は、会計事務所、商工会議所や証券会社といった各種機関から多様なM&A案件を収集する情報網を構築し、様々な地域・業種からのM&Aニーズに対応できるデータベースを持っています。

さらに、340名のM&Aコンサルタントによるマッチング会議を案件ごとに設定しているので、M&Aの安全性に重きを置く経営者に適した仲介会社です。

 

ストライク

インターネットを活用してM&Aの情報を収集することが一般化している昨今、ストライク社はその先駆者として他社に先駆けてインターネットを活用したM&Aサービスを始めた仲介会社です独自のネットワーク以外にも、金融機関や会計事務所、そしてM&Aブティックとも連携しており、多方面から最適な買い手企業を探し出すことのできる体制を構築しています。

ストライクは、公認会計士が設立に大きく関わっていて、所属するアドバイザーにも公認会計士や金融機関出身者が在籍しています。M&Aを進めるうえで公認会計士は必須の存在であり、スピード感を持ってM&Aを進めたい経営者にとって、ストライク社はいいパートナーです。

 

インテグループ

完全独立型のM&A仲介会社であるインテグループは、中小規模のM&Aに特化しているという特色があります。完全独立型の業者の強みは、M&Aを考えている会社の系列を問わず、経営者の意見を最優先することで、短期間での成約が顧客からの高く評価されています特に、完全成功報酬制でマッチングの候補選定や売却価額の計算などを手早く進められるという点です。

 

M&Aアソシエイツ

創立以来、一貫して中堅・中小企業のM&Aに特化している仲介会社がM&Aアソシエイツです。政府系の金融機関出身者が中心となって設立した会社で、ニュートラルな第三者として売り手側、買い手側両方の利益を考えたM&Aを多数成立させている実績がありますM&Aを進めるうえでは、その案件のスケールに見合った仲介会社を選択することが大切です。M&Aアソシエイツは、中小企業のサポートに主眼を置いた仲介会社なので、中小企業のM&Aが増えてきている近年、急速に件数を伸ばしている会社のひとつです。

 

中小企業M&Aサポート

中小企業M&Aサポートも、中小規模のM&Aに着目した仲介を行う仲介会社です。直接仲介のみでマッチングを進めることが特色で、良心的な料金設定と高い安全性を両立させています基本合意時の中間報酬と成約時報酬以外は無料で、1億円以下の譲渡価額であれば固定報酬制です。着手した案件のうち、成約率は8割近くと非常に高い仲介会社です。

 

コーポレート・アドバイザーズ

コーポレート・アドバイザーズ社は、会計事務所のグループ企業です。M&Aの仲介業務だけでなく、相続関係についてのことや、企業価値の算定、財務デューデリジェンスの手助けといった、会計面において優れた実績を持つ仲介会社です。M&A実績は豊富であり、それゆえに客観的な立場でアドバイスでき、多種多様な業種のM&A成立実績を保有しています。経営者の目的や事情に合わせた売却方針の相談から、成約後のアセット・マネジメントまでを包括的に援助できることがコーポレート・アドバイザーズ社の強みです。

 

クラリスキャピタル

中小企業専門のM&A仲介会社、クラリスキャピタルは、きわめて良心的な価格設定を特徴としています。完全成功報酬制で、報酬の額も最低200万円からとなっており、これは業界内で最安値の部類に入ります

また、取引価額が1億円に満たない小規模のM&Aの成約率が高く、幅広い業種に対応していることから、業種の異なる企業とのM&Aを支援できる長所も持ちます。

 

フォーバル

フォーバル社は中小企業の事業承継やM&Aを得意とするコンサルティング業者です。約2万社の経営相談契約顧客を持っていることから、円滑な企業マッチングを実現してくれます。

同社は中小企業の案件を得意とする業者として、充実した事業承継サービスを提供しているので、M&Aをするかどうか検討している中小企業経営者には、お勧めの1社です

 

ラーメン屋のM&Aで仲介会社を選ぶ際のポイント

ラーメン屋に限らず、M&Aの仲介会社を通じてM&Aを進めていくにあたっては様々な注意が必要ですこれらのポイントを押さえておかなければ、トラブルに巻き込まれてしまうこともあります。ここでは、トラブルに巻き込まれないための仲介会社を選ぶポイントを解説しましょう。

 

ラーメン屋に精通しているか

ラーメン屋のM&Aを行う際、ラーメン屋の経営に関する専門知識を持っている仲介会社を選択することが大切です。買い手側の企業、売り手側の企業双方にニーズに沿ったM&Aを行うには、対象となる企業の業種やその業界の特徴を熟知していなくてはなりません。充分な知識を持たないと売り手側の企業の長所を活かせず、トラブルを起こしてしまうことも考えられます。だからこそ、ラーメン屋のM&Aはラーメン屋を熟知した仲介会社に依頼するようにしましょう

 

ラーメン屋でのM&A事例があるか

これまでにラーメン屋のM&Aを成立させている仲介会社は、ラーメン屋のM&Aに対しての知識や経験、ノウハウを持っています。また、成立件数が多いほど多様な条件に対応してきたということになり、技術力や取引先の質が信頼できる仲介会社である可能性が高いです。実績が多い業種であるほど、顧客の人脈も充実している場合が多く、売り手側の企業、買い手側の企業の双方が納得できるM&Aを実現しやすい傾向があります。

同じM&A仲介会社であっても、担当者によって得意とするM&A形式や考え方は異なるため、担当者のスキルは成約率や売却価額に大きな影響を及ぼしますアドバイザーや役員がどの業界の出身者であるか、役員の持つ実績などは事前に調べておくことをお勧めします。

 

「ただ売れればいい」という考えではいけない

M&A仲介会社を起業する業者が増えている昨今、M&Aについての実績や経験を蓄積できていない仲介業者も多々あります。成約件数は信用度を表す指数ですから、成立内容やその後の経過といったことを考慮せず、成約件数を稼ごうとするケースもあるといわれています。

ラーメン屋のM&Aには、ラーメン屋とその業界に特化した知識が必要であるし、そのお店が持つ味や伝統というものも関わってくるため、誤った進め方をすると成約率が大幅に落ちてしまい、成約できたとしても顧客が離れたり、トラブルが発生したりするリスクが高くなります

M&Aの仲介会社は、経営者の目的や考え方を理解し、その上で適切な助言やサポートを実施してくれるかを重視して選ぶようにしましょう。

 

ラーメン屋のM&Aなら仲介会社に相談を

高齢化の問題により、ラーメン屋業界の後継者問題は今後、さらに大きな問題となるでしょう。創業者が長年築いたお店の理念や経営方針、そのお店の味などの技術やノウハウが途絶えることは、社会的に大きな損失ともいえます。

だからこそ、ラーメン屋業界のM&Aでは、ラーメン屋の経営を熟知した買い手を探す必要があるのです。経営者が個人的に進めるよりも、ラーメン屋業界を熟知したM&A仲介会社に依頼してM&Aを進めていくことが、M&Aを成功させるにあたっての重要なポイントとなります

 

ラーメン屋の売却を考えている場合には、まずは専門家に相談に行ってみましょう。

専門家に相談に行けば、売却額を査定してくれるだけではなく、高値で売却するためのコツを教えてもらえることもあります

査定や相談なら無料で行っている専門家も多いので、あまり気負いせずに話を聞きに行ってみてください。

 

最後にラーメン屋の売却の相談先としておすすめの会社を紹介します。

 

スパイラルコンサルティング社

スパイラルコンサルティング社はつけ麺で有名な某ラーメン屋のM&Aを支援した企業です。

その売却額の高さによって、当時話題になったほど。

売却前に会社を成長させて売却額を高める「スケースM&A」を得意としています。

そのため、「今すぐ売りたい」というわけでなくても「いつか売りたい」という段階で相談をしておき、より高値で売れるタイミングでのM&A実施が可能です。

ラーメン屋を経営していて、

 

「引退したいけれど後継者がいない」

「事業を拡大していきたいが資金がない」

「今後の成長のためには経営の建て直しが必要だ」

 

などの課題を抱えている場合は、一度相談してみてはいかがでしょうか?

 

>>成果報酬型・スケールM&Aなら『スパイラルコンサルティング社』<<