製造業のM&Aで相談すべき仲介会社10選

この記事では、製造業界におけるM&Aを行うにあたって、それを相談すべき仲介会社を10社紹介します。

M&Aが活発化する製造業界で、スムーズで安全にM&Aを行うためには、優秀なM&A仲介会社の助けを求めることも重要になってきています

この記事では、製造業の実情を説明したうえで、M&Aで頼りになるM&A仲介会社を紹介します。

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

製造業でのM&Aの実状とは

日本の製造業界は、昔から精度の高い組み立て技術によって高品質な商品を世に送り出してきました。が、最近は中国や台湾、そして韓国といった新興国が日本や先進国のユニットを使って低価格かつ、高品質な製品を製造できるようになってきています。そのため、新興国の製造会社は日本の同業者にとって強力な競争相手となっています。

低価格でありつつ、これまで以上に高品質な商品を提供するには、新しいノウハウを追求するだけでなく、世界各国の需要を取り入れる必要もあります。昨今のグローバル化により、製造業界でも海外に進出する会社が増えています。国内市場が人口の減少によって縮小してきている中、海外市場に視点を移すことは当然の流れといえますが、製造業界も例外ではないのです。

新興国との競争に臨みつつ、新市場を獲得し、高品質かつ低価格の製品をいかに提供していくか、これが製造業の課題ですこうした課題を突破するために、製造業界においてM&Aが積極的に行われています。M&Aは事業規模の拡大や、新しいノウハウの導入によって核となる事業の成長を促すだけでなく、事業領域の拡大という点でも有効な手段です。

製造業界は大手・中小を問わずM&Aには積極的な業界です。前述のとおり、新たなノウハウの獲得や、海外市場に進出するにあたってM&Aは有効な手段です。また、縮小する国内市場に頼らず、海外の、特にアジア市場に着目する企業が増えているため、国境を越えたM&Aも活発に行われています。

国内のM&Aももちろん活発であり、毎年多くの製造業界の企業がM&Aによって経営統合を行っています。元来、すそ野が広く、業種を越えたM&Aが容易に行えるため、今後も業種を越えたM&Aが積極的に行われるでしょう。

 

製造業のM&Aでおすすめの仲介会社10選

ここからは、製造業のM&Aに明るい10社の仲介会社をご紹介します。

 

スパイラルコンサルティング

スパイラルコンサルティング社は、多彩な業種のM&Aを成功させた実績ある仲介会社で、ベンチャー企業を中心とした成長支援型のM&Aを得意としていますM&Aを計画している経営者の意向に沿った独自のマッチング方式を設定し、M&Aの成立後まで視野に入れたサポート体制が持ち味です。

完全成功報酬制の仲介会社で、株式価額のみを対象とした「レーマン方式」で報酬価額を割り出しています。M&Aを受け持つ役員やアドバイザーには経営コンサルタントや大手企業の取締役、公認会計士などが社内にいるので、計画の立案から実施までを総合的にサポートしてくれます。

 

M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズ社は、専任担当制の仲介会社です。専任担当制とは、業種ごとに専門知識を持つコンサルタントがスタートからM&A締結まで、一連の流れをサポートしてくれます。

基本合意の時の中間報酬と、成立時に発生する成功報酬を除き、手数料を求めず、基本合意前の相談料や着手金も不要ということから、料金面での親切さもM&Aキャピタルパートナーズが選ばれている大きな理由です

 

日本M&Aセンター

日本M&Aセンターは1991年の成立以来、多くの成約件数(4,500件以上)や770件に及ぶ年間成約支援数を獲得しており、多様な業種の中小企業からの信頼を受けているM&A仲介会社です会計事務所、証券会社や商工会議所といった各種機関から様々なM&Aの案件を収集できる情報網を構築していることから、様々な地域・業種からのM&Aニーズに対応できるデータベースがあります。

さらに、340名のM&Aコンサルタントによるマッチング会議を案件ごとに設定しているので、安全なM&Aを重視する経営者に適した仲介会社であるといえます。

 

ストライク

インターネットを活用したM&Aの情報収集が一般化している昨今、ストライク社はその先駆けとしてインターネットを活用したM&Aサービスを始めた仲介会社といえます。独自のネットワーク以外にも、金融機関や会計事務所、M&Aブティックといった外務拠点とも連携しており、様々な方面から最適な買い手企業を探し出すことのできる体制を実現しています。

ストライクの設立には、公認会計士が大きく関わっていることから、所属するアドバイザーにも公認会計士や金融機関の出身者が多いのが特徴ですM&Aを実施する上で公認会計士は欠かせない存在であり、テキパキとしたM&Aを求めている経営者にとって、ストライク社はピッタリなM&A仲介会社です。

 

インテグループ

完全独立型の仲介会社であるインテグループ社は、中小規模のM&Aに特化しているという特色があります。完全独立型の業者の強みはM&Aを計画している会社の系列を問わず、経営者の意見を最優先できることです 

特に、インテグループは短期間でM&Aを成約させることが、顧客から高く評価されています。料金システムは完全成功報酬制で、マッチングの候補の選定や売却価額の計算などを手早く進められます。

 

M&Aアソシエイツ

M&Aアソシエイツは、創立以来一貫して中堅・中小企業のM&Aに特化している仲介会社です。政府系金融機関の出身者が中心となって設立した仲介会社で、中立した立場の第三者として売り手側、買い手側双方の利益を考えたM&Aを多数成立させている実績があります

M&Aを進める上では、その案件のスケールに見合った仲介会社を選択することが重要です。M&Aアソシエイツは、中小企業のサポートに重点を置いた仲介会社であるため、中小企業のM&Aが増加傾向にある近年、有力な会社のひとつといえるでしょう。

 

中小企業M&Aサポート

中小企業M&Aサポートは、中小企業のM&Aに強い仲介会社です。直接仲介のみでマッチングを進めることができるという特色を持ち、リーズナブルな料金設定と高い安全性を両立させているところが強みです。基本合意時の中間報酬と、成約時の報酬以外は無料であり、譲渡価額が1億円以下であれば固定報酬制であることも特徴です着手した案件の成約率が8割近くと非常に高い仲介会社なので、中小企業の経営者にとっては有力な候補となるでしょう。

 

コーポレート・アドバイザーズ

コーポレート・アドバイザーズ社は、会計事務所のグループ企業で、M&Aの仲介業務のみならず、相続関係の問題や企業価値の算定、財務デューデリジェンスの手助けといった、会計面における優秀な実績を持った仲介会社です。M&Aの実績は豊富で、そのため客観的な立場でアドバイスができるという長所を持っています様々な業種のM&A成立実績を持ち、経営者の目的や事情に合わせた売却方針の相談から、成約後のアセット・マネジメントに至るまでを包括的にサポートすることがコーポレート・アドバイザーズの強みです。

 

クラリスキャピタル

クラリスキャピタルは中小企業専門のM&A仲介会社です。きわめて良心的な価格設定を特徴としており、報酬額は最低200万円からですこれは業界内で最安値の部類に入るとされています。完全成功報酬制を採用しています。

また、取引価額が1億円以下の小規模のM&Aに強く、多様な業種に対応していることも特色です。中小企業は低コストでM&Aを進めたい事例が多いことから、安価であることが強みであるクラリスキャピタルもまた、優秀なM&A仲介会社のひとつです。

 

フォーバル

フォーバル社は中小企業の事業承継やM&Aを得意とするコンサルティング企業です。独自で約2万社の経営相談契約顧客を保持し、スムーズな企業マッチングシステムを実現しています

小規模なM&A案件は、経営者と相談機関との折り合いが付きづらいとされていますが、フォーバルは中小企業の案件を得意としていて、充実した事業承継サービスの提供を行っています。事業承継の相談を全般的に受け付けているので、M&Aを実施するかどうか検討中の中小企業経営者は、フォーバルに相談することをおすすめします。

 

製造業のM&Aで仲介会社を選ぶ際のポイント

製造業に限らず、M&Aの仲介会社を通してM&Aを進めていくには、様々な注意点が存在します。その注意点を知っておかないと、トラブルに巻き込まれてしまうこともあります。ここでは、そうしたトラブルに巻き込まれないために仲介会社を選ぶポイントを紹介します。

 

製造業に精通しているか

製造業のM&Aを行う際は、製造業の運営に関する専門的な知識を保有する仲介会社を選択することが重要です。買い手側、売り手側の企業双方のニーズに沿ったM&Aを行うには、対象となる企業の業種やその業界の特色をよく知っておかなくてはなりません充分な知識を持っていないと、売り手側の企業の長所を活かして引き出す、ということが出来なくなるほか、不適切な売却方式を選択することでトラブルを起こすことも考えられます。経営者の希望と異なるマッチングを進めてしまうリスクもあるため、製造業界のM&Aは製造業界全体を熟知した仲介会社に依頼すべきです。

 

製造業でのM&A事例があるか

これまでに製造業のM&Aを成約している仲介会社は、製造業のM&Aに対する知識や経験、ノウハウを持っています。成約件数が多いほど、様々な案件に対応してきたということになるので、技術力や取引先の質が信頼できる仲介会社である可能性は高くなります。実績が豊富な業種であるほど、顧客の人脈も充実している場合が多く、売り手側、買い手側双方の企業が納得できるM&Aを実現しやすいという傾向です

また、同じM&A仲介会社であっても、担当者によって得意なM&Aの形式や考え方などは異なるので、成約率や売却価額は担当者の技量が大きく関わってきます。アドバイザーや役員がどの業界の出身者であるか、役員の持つ実績はどんなものか、といったことは事前に調べておくべきでしょう。

 

「ただ売れればいい」という考えではない

最近は、M&A仲介会社を立ち上げる業者が増えています。それゆえに、M&Aの実績や経験を蓄積できていない業者も多いといわれています。成約件数は信用度のバロメータとなりますから、成立内容やその後の経過といったことを考えずに成約件数を稼ごうとする事例もあります。

製造業界には、製造業界に特化した知識が必要不可欠です。その企業が持つ専門技術にも関わってくるため、誤った進め方をすると成約率が大きく落ちてしまいますし、成約できたとしても顧客離れやトラブルの発生といったリスクが高まります。M&Aの仲介会社は、経営者の目的や考え方、ニーズといったことを理解したうえで適切なアドバイスやサポートを実施してくれるかに重きを置いて選ぶようにしましょう

 

製造業のM&Aなら仲介会社に相談を

人口の減少による国内企業の縮小や、後継者問題、製造業の海外進出は、今後も進んでいくでしょう。また、企業が持つ長年のこだわりや専門技術やノウハウが途絶えてしまうことは、社会的な損失となります。そのため、製造業界のM&Aは製造業の運営を熟知したM&A仲介会社に依頼していくことが、M&Aを成功させるために重要なポイントです

 

製造業の事業譲渡をサポートしてくれるアドバイザーを探す場合、初期費用がかからない「完全成果報酬型」の料金体系をとっているアドバイザーがおすすめです。

中でも当サイトがおすすめするスパイラルコンサルティング社は、数々の事業継承ノウハウを持っており、自社の価値を最大化してから売却することを得意としています。

より満足できる事業継承にするためにも、一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

 

スパイラルコンサルティング社

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

経営者の方は必見!

今ならM&Aを理解し使いこなすための本、「図解で簡単!オーナーのためのM&A入門」が経営者限定で無料で手に入ります。詳しくは下記リンクをクリック。

>>「オーナーのためのM&A入門」無料プレゼント!<<