製造業(メーカー)の事業承継【事例から読み解くポイント】

「製造業の経営者をしているけれど、そろそろ後継者に事業を引き継いでもらいたい」なんて、お考えではないでしょうか?

経営者からリタイアするのであれば、自社を存続させるためにも後継者を見つけたいところですよね。

しかし、引き継ぎ方法や後継者選びを失敗すると、事業自体が傾いてしまう可能性も高いです。製造業を事業承継する際には、適切な方法で行わなければなりません。

そこで今回は、製造業の事業承継のポイントを事例から読み解いていきます。
製造業の事業承継のポイントを押さえて、あなたが経営してきた会社を今後も繁栄させていきましょう。

 

製造業(メーカー)が事業承継を行う背景

まずは、製造業の経営者が事業承継を行う背景から確認していきましょう。

製造業で事業承継を行うのは、たとえば以下のような場合です。

・オーナーがリタイアしたいが会社を残したいとき
・後継者の経営手腕で事業を大きくしたいとき
・後継者の経営力で業績を伸ばしたいとき
・オーナーが別の事業に注力したいとき

もしもこのような状況にあるのであれば、あなたも事業承継を行ったほうが良いでしょう。

現経営者であるあなたがリタイアしたいときに事業を誰かに引き継がなければ、自社はあなたの引退と共になくなってしまいます。自社がなくなるということは、そこで作っていた製品もなくなってしまうということです。
また、今まで働いてきてくれた従業員もみんな仕事をなくしてしまいます。
製造業にはさまざまな取引先がいるはずなので、そのような取引先にも迷惑をかけてしまうことになるのです。

自分の引退が多くの人に関係することもあり、リタイアによって事業がなくなってしまうことを避けたいと思うオーナーは少なくありません。特に、ある程度の規模の製造業になると、影響力は非常に大きいです。

そのような場合は、事業承継をすることで、自分が経営から離れたとしても自社を存続させることができます。
今まで経営してきた会社がこれからも続いていってほしいという背景で事業承継を行うオーナーはとても多いです。

また、事業承継をすれば、単に経営が続いていく以外にもメリットがあります。
後継者選びに成功すれば、若い世代ならではとなるアイデアによって自社が大きく成長することも珍しくありません。技術力のさらなる伸びも期待できます。

このように自分が会社経営を離れてからも、自社の発展を楽しむことができるのです。

 

以上が、製造業の事業承継の背景でした。

事業承継をする後継者がいない場合でも、M&Aという方法で幅広いところから後継者を見つけることができるので安心してください。

それでは、ここで具体的な製造業の事業承継の事例を見ておきましょう。

 

製造業(メーカー)の事業承継の事例

製造業で実際に行われた事業承継の事例を確認することで、事業承継を行う際のポイントを知ることができます。身近に事業承継を行った人がいない場合でも、事例を見ることで具体的にイメージが思い浮かぶでしょう。

今回確認するのは、富士紡ホールディングスと東京金型の事例です。

東京金型株式会社は埼玉県で金型設計製造を行っていました。

東京金型株式会社は、創業者である経営者から後継者へ事業を引き継ぐときに創業者一族が持っていた株式を大手化学素材製造業だった富士紡ホールディングスに売ることにしたのです。それによって、創業者一族の連帯保証や相続税といった事業承継にまつわる問題を解決しました。

このように、事業承継を行う際に工夫をすることによって、事業の引き継ぎが上手くいきやすくなります。

特に、ある程度の規模の製造業であれば、さまざまなことに気をつけなければなりません。

たとえば、親族内承継で株式を引き継ぐときには、贈与税や相続税が高額になりやすいです。税金対策をしっかりしておかなければ事業を引き継いでから後継者が資金繰りに悩むことも考えられます。そうなると、安心して会社経営を行うことができません。

なので、必要に応じて外部の第三者に承継してもらうこともポイントです。

大規模な製造業の事業承継を行うなら、今回の事例のように幅広いことを考えて引き継ぎを行ってください。

ちなみに、製造業の事業承継を行う際には他にもさまざまなポイントがあります。

ここからは、製造業で事業承継を行うときに重要な3つのポイントを確認していきましょう。

 

製造業(メーカー)の事業承継のポイントとは

製造業で事業承継を行う際に押えておくべきポイントは3つで、以下のようなものがあります。

・安定した取引先と技術力
・事業承継後の目指す目標の設定
・M&Aの専門家に頼るのもアリ

これらのポイントを押さえておけば、製造業の事業承継は成功しやすくなります。

製造業の規模が大きければ大きいほど、準備を入念に行わなければ事業承継を成功させることはできません。

計画が甘い状況で事業を引き継いでしまうと、後継者の力では上手くいかないということも考えられます。なので、しっかりと現経営者がポイントを理解して計画を立てる必要があるのです。

今回はその際に意識しておくべき3つのポイントを見ていきます。
それぞれのポイントについて、順番に確認していきましょう。

 

安定した取引先と技術力

製造業を事業承継するにあたって安定した取引先と技術力があるかは非常に重要なポイントです。

取引関係が不安定なら今後の経営状況も簡単に浮き沈みしてしまいますし、技術力が不安定なら今後取引先が増えることは少なくなるでしょう。

したがって、事業承継するにあたって、まずは取引先との関係性や自社の技術力を安定させることから考えてください。

製造する物によっては、競合が多いこともあると思います。そのようなときに業界での独自性を作ろうと考えるのは間違っていません。

しかし、そのような競合優位性や業界における独自性を追求する前に、取引先や技術力について考えるべきです。

製造業の基本となる土台がしっかりしていなければ、事業承継をしてからの経営が大変になってしまいます。事業承継を考えるなら早い段階から土台を整えていきましょう。

事業の磨き上げを徹底的に行い、後継者が引き継ぎやすい状況を作っていってください

また、現在の自社の取引関係が現経営者の人柄によるものなのであれば、後継者に事業を引き継いでからも取引を続けてもらえるようにしておかなければなりません。

ある程度の規模の製造業であれば多くはありませんが、現経営者だからこそできているビジネスも存在します。

なので、後継者に引き継いでからも安定して取引を行ってもらうために、早い段階から後継者を経営陣に加えて取引先との関わりを持たせるのが良いでしょう。

 

事業承継後の目指す目標の設定

事業承継後に目指す目標を設定することも大切です。

事業を引き継いでからのビジョンをできるだけ明確にしておくことによって、後継者が今後どのように経営していけば良いのかがわかります。

現経営者が意識している目標を引き継いでもらうことはもちろん、新たな目標を設定することも良いでしょう。

目標を設定する際には、具体性と実現可能性が非常に重要となります

なぜなら、具体的でなければ目標に向かって努力することが難しくなり、実現可能性が低いようなら目標とは言えないためです。
したがって、たとえば売上の目標を立てるのであれば具体的な数字と具体的な時期を設定してください。

また、事業承継後の目標については後継者や経営陣にも納得してもらう必要があります。

現経営者が一方的に押し付けた目標に対してモチベーションを高めながら結果を出すのは難しいです。目標を決める前には関係者でしっかりと話し合い、無理のない目標とスケジュールを決めるのが良いでしょう。

事業承継後の目標が上手く決められないようであれば、経営コンサルタントなどの専門家に相談するのも1つの方法です。

他にも事業承継についての専門家である事業承継コンサルタントにアドバイスをもらえることもあります。

このように、プロの意見を聞きながら具体的で実現可能性が高い目標を定めておけば、事業承継後の自分がいなくなった会社も順調に経営が行えるはずです。

逆に目標設定が甘いようであれば、今後の経営が行き当たりばったりのものになってしまいかねません。

そうなると、事業承継を成功させることは難しくなるので気をつけておきましょう。

 

M&Aの専門家に頼るのもアリ

製造業の事業承継を行うなら、M&Aの専門家に頼るのも良い方法です。

事業承継をあなたの希望通りに成功させようと思ったなら、さまざまな知識が必要となります。たとえば、会計や経営、法律などというような幅広く深い専門知識も重要です。

これらの手続きを自分だけで完ぺきにすることは非常に難しいことです。
手続きがうまくできていないまま無理やり事業承継を進めても、あとから後継者や従業員、取引先などと揉めることになりかねません。

規模の大きな製造業で事業承継についてのトラブルが起きた場合、会社経営自体にも深刻な影響が出ることもあります。

製造業の事業承継が失敗する可能性を下げるためには、M&Aアドバイザーや事業承継アドバイザーなどの専門家の力を借りることが非常に有効です

そういった事業承継のプロフェッショナルに相談すれば、今までの経験も踏まえた良い事業承継を行ってもらえます。

たとえば、後継者探しや後継者育成の方法、取引先や技術力の安定させる方法、事業の拡大方法といったことも提案してもらえる場合があるのです。

事業承継は人生で何度も行うようなことではないので、せっかくならプロの力を頼って成功させたほうが後悔しにくいと言えます。自分だけでは自社の事業承継を行うのは難しいと少しでも感じたなら、専門家に相談に行ってみましょう。

事業承継は後継者探しから育成まで長い期間が必要となります。

したがって、事業承継をしようと思ったならすぐにでも、専門家に相談に行ってみてください。

 

以上が、製造業の事業承継を成功させるポイントでした。

製造業の業界内での競争は非常に激しく、事業承継も必ず成功するとは限りません。

しかし、ポイントを押さえておくことによって、事業承継が成功する確率を大幅に高めることができます。

ポイントが押さえきれていなければ、せっかくの事業承継も失敗に終わるかもしれないので気をつけてください。

製造業の事業承継が成功すれば、あなたの行ってきた会社は経営を続けていきます。

それだけではなく、今まで以上の繁栄を見せることも少なくありません。

なので成功させるためには、積極的に専門家に相談に行くのが良いでしょう。

 

製造業(メーカー)の事業承継を行うなら

製造業の事業承継を行おうと思ったのなら、できるだけ早めに準備を始めたほうが成功しやすいです。

事業承継は単に後継者に経営権を渡して終わりという簡単なものではありません。自社のサービスや、従業員の働き方、経営理念など、さまざまなことを後継者に引き継いでもらう必要があるのです。

このような目に見えにくい資産は、一朝一夕では引き継げません。したがって、事業承継は、早いタイミングで動き始めれば始めるほど、成功する可能性が高まります

後継者を見つけて安心して会社経営を任せられるまでに教育するのは、あなたが思っているよりも時間がかかるケースが多いです。

製造業における経営者の仕事は覚えることが多く、従業員の上に立てるくらいにまで習得するのにはどれだけ短くても数年間はかかるはずです。

なので、できるだけ早めに事業承継の準備に取り掛かり、スケジュールを決めていきましょう。

そのために、まずは事業承継の専門家である事業承継アドバイザーやM&Aアドバイザーのところに相談に行ってみてください。

専門家とあまり関わったことがない人もいると思います。
しかし、事業承継を何度も経験してきているプロに相談することで後継者への事業の引き継ぎが成功しやすくなるので、早めに相談に行ってみましょう。

専門家と言っても、気さくな雰囲気で話を聞いてくれる人も少なくありません。

身構えすぎずにアドバイスをもらいにいけば、良い方向に事業承継が進んでいきます。

実際に話してみて今後も安心して任せられそうだと思ったら、そのまま相談を続けるのが良いでしょう。

安心して相談できる専門家を見つけることが、あなたの会社の事業承継を成功させるための第一歩となります

早めに専門家探しや資料の準備に取りかかり、事業承継を成功させましょう。

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

経営者の方は必見!

今ならM&Aを理解し使いこなすための本、「図解で簡単!オーナーのためのM&A入門」が経営者限定で無料で手に入ります。詳しくは下記リンクをクリック。

>>「オーナーのためのM&A入門」無料プレゼント!<<