居酒屋のM&Aで相談すべき仲介会社10選

楽しい時間を過ごせる居酒屋ですが、経営の存続を悩んでいる経営者も少なくありません。

その理由と経営者のお悩みを解決できるM&Aについて、おすすめの仲介会社とともにご紹介していきます。

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

居酒屋のM&Aの実状とは

価格設定の低い居酒屋は繁盛しています。経営が苦しいのは、おしゃれで単価も高めに設定されている高級居酒屋です。

個室を完備しているのに、来客数を増やせず、単価は高いままです。所在地も便利な一等地にかまえる必要があるので、家賃も高くなります。

つまり、店舗を維持する費用が、単価設定の低い居酒屋よりもかかるのです。

売却を希望する居酒屋は、単価が高いタイプの居酒屋が傾向として多いです。単価が高くおしゃれな居酒屋は、買い手を探すのも大変です。

よく使われている探し方は、ビールや酒類を下ろしている専門商社などに、買い手を紹介してもらう探し方です

飲食店に出入りすることが多く、業界に顔が広いですから、すぐ買い手が見つかるかもと思いがちですが、実は大きな間違いなのです。

 

業界内で、同じような経営難に陥っている飲食店が、新しくお店を購入するでしょうか

売り上げのいい低単価のお店を買う人はいても、経費のかかるおしゃれな居酒屋を買う人はいないですよね。

買い手が見つからないか、見つかっても買い叩かれるリスクが高まるばかりです。

まったく違う業界でも、居酒屋の事業内容を理解してくれる買い手に買ってもらうことが大切です。かならずしも、飲食業界にこだわる必要はありません。

買い手の探し方にはコツがあります。つぎに、居酒屋のM&Aに強い仲介会社をご紹介していきます。

  

居酒屋のM&Aでおすすめの仲介会社10選

さっそくですが、居酒屋と相性のいい買い手企業を探してくれる仲介会社について10社ご紹介していきます。

業界が違っても居酒屋を引き継ぎ大きく育ててくれる、いい買い手企業が見つかることでしょう。

 

スパイラルコンサルティング

株式会社スパイラルコンサルティングでは、SCALE(スケール)サービスを中心とした30〜50代の経営者に特化した、企業価値向上型M&Aサービスを展開しています。

スパイラルコンサルティングが実際に行った飲食業界のM&Aは、株式会社YUNARIとクリエイト・レストランツ・ホールディングスとのM&Aです。クリエイト・レストランツ・ホールディングスといえば、磯丸水産などのリーズナブルな価格設定の居酒屋を経営している飲食業界の大手です。

スパイラルコンサルティングは、M&Aを行うときだけでなく、事業を育てることも視野に入れて長期間にわたるサポートをしてくれます

 

M&Aキャピタルパートナーズ

後継者問題が深刻化している中堅・中小企業の経営者・社長に対して、事業承継を目的としたM&Aの仲介事業に力を入れています。

M&Aキャピタルパートナーズは、大手M&A仲介会社です。他の大手M&A仲介会社と異なるのは、案件の7割以上が中堅・中小企業の事業継承に伴うM&Aであることです。中小企業経営者最大のお悩みを主力事業にしているところが、大きなおすすめポイントとなります。

老舗M&A仲介会社レコフとのM&Aにより自社の実績と、レコフが持っていた大企業とのつながりを活かしてM&Aを行うことができます。とくに大企業へ自社を売却したいと検討しているなら、M&Aキャピタルパートナーズに相談してみることをおすすめします。立地もよく内装も凝った居酒屋を経営しているけど、店舗の維持管理費がかかりすぎるのがお悩みなら、大手企業の傘下に入ってゆとりのある経営を目指すことも可能です。

 

日本M&Aセンター

公認会計士や税理士が共同出資によって創設され、全国の中堅・中小企業の友好的M&Aを支援している企業です。2007年12月の時点ですでに、M&Aの支援専門会社として初となる東証一部上場を実現しているのです。

 公認会計士、税理士など税務、財務に強い専門家が起業したM&A仲介会社ですから、飲食店における経理面のサポートも万全です。資産内容を精査して、売却価格設定をサポートしてくれます。

「M&Aのゴールは成約ではありません。最高のM&Aとは、人の結婚と同じように一緒になって幸せになれる相手と巡り合うことであり、お互いの会社が敬意と同じビジョンを持って新たなステージへ進み成長していくことこそ、M&Aのゴールです。」(公式ホームページより抜粋)

経営者はもちろん、家族や従業員、取引先など全ての人が幸せになるために、成約の先まで見据えたM&Aを完了させることを常に目指しているということです。

日本M&Aセンターの2017年における年間成約支援件数は500件以上です。2年前の調査ですから、現在はかなり件数が増えていることが予想されます。なぜなら、最新の日本M&AセンターのIR情報によると、2019年3月期の業績予想も上方修正していることもあり、安定して業績を伸ばしているからです。

頼りになるM&A仲介会社ではないでしょうか。

 

ストライク

ストライクは、SMARTというサービスを提供しています。従来は、問い合わせてから事例を紹介してもらい、こちらの情報も提示してからでないと買い手を探せませんでした。ストライクは、インターネットで買い手を効率的に探すということを可能にした、M&A専門仲介会社なのです。

M&A取引では欠かせない専門家である公認会計士が、対象会社の企業価値や財務面での問題点を短期間のうちに的確に把握し、それを契約条件に適切に反映することを支援してくれます。

ストライクも、事業を成長させたから少しでも高額で売却できることを目指しています。小規模な居酒屋であっても専門家のアドバイスを受けながらM&Aを完了させることができるのが、ストライクを選ぶ最大のメリットです。

 

インテグループ

業界での知名度が高いインテグループですから、飲食業界M&Aの成約事例が多いです。そのため、経験豊富な専属アドバイザーが担当してくれます。

居酒屋のM&Aにおいても、業界事情に詳しいM&Aアドバイザーが必要です。

インテグループだと、いままでの経験から、アドバイザーは売却可能性の判定、売却見込額の査定、及び紹介すべき買い手候補について精度の高いアドバイスが行えます。

専任のコンサルタントが迅速に資料を作成し、複数の買い手候補に同時並行で打診し、最速で条件のいい相手先とのマッチングを目指します。6ヶ月~1年かかるといわれているM&Aを、3~6ヶ月で成立させた実績があります。SESのM&Aでもスピード感は必要不可欠です。

 

M&Aアソシエイツ

M&Aアソシエイツの大きな特徴としては、中小企業M&Aにいち早く着目して、手がけてきたという実績があるところです。

特筆すべきは、M&Aアソシエイツは政府系金融機関出身のスタッフによって設立された、中小企業の顧客に特化しているM&A仲介会社だということです。

中長期的な目線で戦略的にM&Aを進めていくうえで、大手金融機関並みのクオリティのサポートが期待できます。規模を問わずに居酒屋M&Aを効率的に進めてくれます。

大手金融機関、投資銀行などにM&Aアドバイザーになってもらうと、相談料、中間金が発生する場合がありますが、M&Aアソシエイツでは、完全成功報酬制をとっています。

中小企業が気軽に相談してみることができるのは、大きなメリットではないでしょうか。

 

中小企業M&Aサポート

経験豊富なアドバイザーが親身になってサポートしてくれます。その結果、2017年の成約実績は82.4%を達成しています。

中小企業M&Aサポートの強みは、社名からもわかるように中小企業のM&Aに特化しているところです。多数のネットワークを保持して豊富な情報量を持っています。全国の数千社以上の登録企業データベースから、企業の紹介を行います。全国の弁護士、会計士、税理士と独自のネットワークがあります。豊富な情報量と独自の企業分析を行い、確度の高い会社を厳選して最適な会社を紹介することができます。

居酒屋の経営者のなかには、本当に自分の事業は売れるのだろうか、という不安があるのではないでしょうか。

会社の規模を問わない仲介会社ですから、相談してみることをおすすめします。

 

コーポレート・アドバイザーズ

コーポレート・アドバイザーズは、M&A完了までのプロセスだけでなく、売却後の対応までスピーディーかつ柔軟に対応します。事業承継やM&Aの初期的相談から、相続対策や財産コンサルティングまで可能です。買い手企業に対しては、譲渡案件の提案からPMI(買収後の統合業務)支援まで対応可能なのです。

なかなか表には出にくい潜在的な譲渡企業に対しても、M&Aの提案を行うことがM&A実現には必要不可欠であるということです。売り手企業が現れるのを待つだけでなく、開拓していこうという考え方です。潜在的な譲渡企業のニーズを顕在化させることができる、高い案件開拓力をもつM&Aマーケティング専門チームを有しています。

経営している居酒屋について、どのくらいの金額で売れるかを事前に確認しておくにはぴったりな仲介会社といえるでしょう。

 

クラリスキャピタル

クラリスキャピタルは、中小企業専門のM&A仲介会社です。

完全成功報酬制をとっていて、最低報酬額は200万円からとかなりリーズナブルな料金体系をとっています。売却金額1億円以下の案件も対応しています。

年商1億円前後の小規模事業会社からの相談も多いので、他のM&A仲介会社が規模的に扱わないケースでも対応してくれるのは、おすすめポイントです。

規模が少し小さいから売れるかどうか心配だという居酒屋店も、相談してみてはいかがでしょうか。

 

フォーバル

フォーバルには、独自のサービス「アイコン」があります。約2万社に対し提供している企業経営支援サービスです。また「よろず経営相談」という定期的な訪問を通じて、経営にまつわる多種多様な相談を受けつけるサービスもあります。年間20万人の経営者に向き合ってきた実績のなかから得た、ノウハウや技術、知識をもとに条件を提示します。それぞれの会社の実情に応じた最適な手段や相手先を提示することで、買い手と売り手とのマッチングが実現されました。

中小企業経営者の相談先といえば、顧問税理士、金融機関の担当者です。

税理士、銀行の担当者は、財務面、税金面ではエキスパートではありますが、経営面となると中小企業では会社ごとに悩みは細分化されます。

フォーバルは、専門知識とM&A実績をもとに、中小企業経営者に寄り添ってくれるわけです。フォーバルも規模を問わないので、中小規模な居酒屋経営者に向いています。

 

居酒屋のM&Aで仲介会社を選ぶ際のポイント

居酒屋のM&Aに適した仲介会社を選ぶには、どうすればいいのでしょうか。つぎの3つのポイントに絞って説明していきましょう。

  • 居酒屋に精通しているか
  • 居酒屋でのM&A事例があるか
  • 「ただ売れればいい」という考えではない

 

居酒屋に精通しているか

仲介会社に居酒屋M&Aの実績があるかどうかを、確認する必要があります。

M&Aの経験があるならば、業界についての知識もあるので、いちから居酒屋経営について説明する手間が省けます。ただ、実績のある仲介会社に依頼しても、M&A完了まで早くても6ヶ月はかかると思っておいてください。買い手を探して経営者インタビューがあり、デューデリジェンス(買収監査)という書類での審査があります。一連の手続きが終わってから、正式契約となるのです。一連の手続きは、業界によっても異なります。つまり、居酒屋M&Aの経験があるM&A仲介会社でないと、通常のM&Aよりも時間がかかってしまう可能性があるのです。

まず、居酒屋M&A実績のある仲介会社を探して、相談することから始めてください。

 

居酒屋でのM&A事例があるか

居酒屋M&Aについて実績がある仲介会社なら、豊富な事例を持っています。同じ規模の居酒屋でのM&A実績があるならば、どのくらいの価格で売却できたのかを確認することができます。実績のある仲介会社に、居酒屋でのM&A事例について相談してみましょう

 

「ただ売れればいい」という考えではない

M&Aを検討したら、まず条件を設定する必要があります。

譲れない条件には、かならず設定をしておきましょう。

せっかく開業して続けてきた居酒屋を、いくらでもいいから売れればいいと思っている経営者はいません。金額、売却までの期間、どのような買い手先がいいか、じっくり確認してからM&Aを完了させてください。譲渡の条件を設定することも、居酒屋M&A実績がある仲介会社ならしっかりサポートしてくれます。

 

居酒屋のM&Aなら仲介会社にしっかり相談をしよう

飲食業界に強いM&A仲介会社には、居酒屋の経営についても詳しいスタッフが在籍しています。複数の買い手希望が現れる可能性もあるので、経営されている居酒屋の強みなどを理解してくれるM&A仲介会社を探してみましょう。そして、相談することから始めてみてください。

最初にご紹介したスパイラルコンサルティング社は、特におすすめです。事業価値を高めてからM&Aをすることが得意な専門家ですので、売却額をより高額にしたい居酒屋オーナーの方にはぴったりです

さまざまなM&Aの経験があるので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>成果報酬型・スケールM&Aなら『スパイラルコンサルティング社』<<