ホテル・旅館のM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

ホテルや旅館のM&Aを検討しているのであれば、事例をチェックしましょう。事例からは、M&Aの成功のポイントを読み取れます。M&Aは、売り手と買い手の双方にメリットがある方法ですが、成功のポイントを押さえなければ売り手が損をする恐れがあります。また、成功のポイントを押さえていても、正しく行動できないケースもあるでしょう。ここでは、ホテルや旅館のM&Aの事例から読み取る成功のポイントと、成功のためにとるべき行動について詳しくご紹介します。

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

ホテル・旅館オーナーがM&Aを選ぶ理由とは?

ホテルや旅館のオーナーは、M&Aを選ぶ理由を確認しておくことが大切です。M&Aは、事業を第三者に売却する方法ですが、他に親族内承継や親族外承継などの方法があります。どういったときにM&Aを選ぶべきか知っておきましょう。ホテルや旅館のオーナーがM&Aを選ぶ理由は次のとおりです。

 

他の事業に資金投入したい

複数の事業を展開している場合、ホテルや旅館の経営によって他の事業に手が回らなくなることがあります。この場合、事業を縮小したり廃業したりする方法を選ぶ方もいますが、それでは手元に多くの資産を残すことができません。M&Aであれば、事業価値に応じた価値が付けられるため、場合によっては多くの利益を得られます。他の事業の経営に避ける時間が増えるだけではなく、資金投入もできるようになるのです。このように、他の事業に資金投入したい場合は、M&Aを選ぶことがおすすめです。

 

経営者の重責から解放されたい

ホテルや旅館の経営者は、日々大きなプレッシャーを受けています。事業の規模が大きくなるほどに、経営者にかかる負担が大きくなるのです。業績が下がって廃業することになれば、従業員が路頭に迷うことになるでしょう。このように、自分の生活だけではなく従業員の生活も背負って経営しているため、大きなプレッシャーを感じることになるのです。M&Aで経営者を辞めることで、プレッシャーから解放されます。これは、事業承継でも同様ですが、M&Aでは売却益を得られたり、従業員の待遇アップを条件に設定できたりするため、よりメリットが大きい方法と言えます。

 

店舗拡大のために資金力を得たい

店舗拡大のためには、それだけ豊富な資金力が必要です。借入金によってまかなうことも可能ですが、もし店舗拡大に失敗すれば、大きな負債を抱えてしまうでしょう。この場合、M&Aによって株式の一部を売却すれば、経営者の立場を退かずに買い手企業の資金力を得ることができます。買い手企業は、売り手企業の店舗拡大の波に乗り、その地域にコネクションを作ることができるのです。

 

親族や従業員に後継者候補がいない

親族や従業員に後継者候補がいないために、仕方なくM&Aを選択する場合もあります。後継者となり得る人物はいても、実際に育成していくにつれて問題が浮き彫りとなり、後継者に選定できなくなることがあるのです。後継者に求められるものは、経営の資質だけではなく、モチベーションや教養など様々です。求められることが多いほどに、理想的な後継者が見つかりにくくなります。

 

ホテル・旅館のM&A事例

ホテルや旅館のM&Aの事例を確認し、どのような成功のポイントが挙げられるのか考えましょう。

 

大手ホテルのM&A

ホテルや高級旅館のチェーン展開で知名度が上がった星野リゾートは、北海道の星野リゾートトマムを中国のコングロマリットという企業に売却しました。ただし、経営者は変更とはならず、コングロマリットの傘下に入る形となっています。この事例では、中国企業の傘下に入ることで、サービスの品質などが心配されますが、経営者が変更になっていないことから、中国へのチェーン展開を目的としていると予想されます。

 

大手企業の傘下に入る形でのM&A

タラサ志摩ホテル&リゾートは、大江戸温泉物語に事業を売却しました。大江戸温泉物語は、これまでにもM&Aによって全国展開を進めてきている企業です。売却側としては、大手企業の傘下に入ることで知名度を高められるというメリットがあります。

 

ホテル・旅館のM&A事例から読み取る成功ポイントとは

ホテルや旅館のM&Aの事例からは、様々な成功のポイントを読み取れます。成功のポイントを押さえたうえで、M&Aの準備を進めましょう。成功のポイントを押さえずにM&Aを進めた場合、交渉が決裂したり、契約後に後悔したりする可能性があります。

 

ホテルや旅館のM&Aの事例から読み取れる成功のポイントは次のとおりです。

 

ビジネスモデルを整理する

M&Aは、買い手企業が現れなければ成功できません。買い手企業は、売り手の収益性や独自性など様々なところに注目し、買収によってどれだけのメリットがあるかを考えます。収益や独自性などが低い場合、買収のメリットを見いだせず、契約には至らないでしょう。そのため、売り手企業はビジネスモデルを整理して、魅力的な企業であることをアピールすることが大切です。

 

ホテルや旅館のターゲットや高評価を得ているポイントなどを整理しましょう。展開地域とターゲットが合致していることも重要です。例えば、駅の近くにある場合はビジネスマン、観光地の近くにある場合は観光客がターゲットに合致しているでしょう。また、朝食が特別美味しく、高評価を得ている場合には、さらに工夫する姿勢を持つことが大切です。

 

同じく、サービス面で高評価を得られているのであれば、具体的にどのようなサービスが評価されているのか確認しましょう。ビジネスモデルは、場合によっては見直すことになります。すぐに見直して実行することは難しくても、数年かけて見直すことは可能です。

 

また、ビジネスモデルの中で一部のみ改変するのも1つの手段です。ビジネスモデルを見直す際には、コンサル企業のサポートを受けることをおすすめします。競合他社のデータや世の動向など様々な要素を踏まえ、ビジネスモデルの改変をサポートしてくれます。

 

M&Aにおいて譲れない条件をはっきりさせる

M&Aにおいては、売り手と買い手の立場は対等です。そのため、お互いに条件を提示して、お互いに尊重しつつ承諾できる条件と承諾できない条件を精査していくことになります。譲れない条件は、「この条件を承諾できなければ事業は売却できない」という条件のことです。売却益を得ることを目的としている場合は、最低売却額を譲れない条件に設定しましょう。そして、最低売却額はM&Aの先の目標に合わせて決めることが大切です。

 

例えば、他の事業に資金投入することが目的の場合は、具体的にどれだけの資金投入が必要か計算し、オーナーが得る利益を踏まえて最低売却額を決めることになります。また、オーナーのリタイアが目的の場合は、今後の生活や趣味などにかかる費用を踏まえて、最低売却額を決めます。

 

このような売却額以外にも譲れない条件を設定することが大切です。従業員の給与アップを目的としている場合は、具体的な給与アップのパーセンテージや金額を条件に定めましょう。特に、M&Aの際に従業員の待遇を上げることを従業員に提示していた場合は、必ず譲れない条件に設定しておくことが大切です。

 

譲れない条件は、どれだけ定めても問題ありませんが、買い手が提示する条件の数にある程度合わせることをおすすめします。譲れない条件が多すぎると、買い手としては不満が募るため、交渉が難航する恐れがあります。また、様々な事情が絡むため、1つの譲れない条件によって、買収を諦めざるを得なくなることもあるのです。

 

売却先候補に事業の強みや価値が伝わる説明を

売却先候補には、売却事業の強みや価値を適切に伝える必要があります。どれだけ価値が高い事業でも、適切に価値が伝わらなければ希望売却額や最低売却額に対して納得してもらえません。収益性をアピールするのであれば、ビジネスモデルをわかりやすく説明した資料が必要でしょう。また、昨年度の収益だけではなく、創業からこれまでの収益の変化がわかる資料も必要です。

 

一時的に収益が挙がっても、すぐに収益が下がってしまうようであれば、ビジネスモデルに問題があるため、売却先が警戒してしまいます。また、独自性をアピールする際には、他のホテルや旅館の取り組みがわかる資料を用意するといいでしょう。そして、資料やデータを提示するだけではなく、口頭でわかりやすく説明する必要があります。

 

事業の強みや価値がわかる資料を提示しただけでは、納得感を与えられない場合があるため、プレゼンの練習をしたうえで適切に説明することが大切です。その際には、経営者だけではなく、役員と一緒に説明するといいでしょう。役員がしっかりしていれば、それだけ信頼感を与えることができます。

 

M&Aの専門家に頼るのもアリ

ホテルや旅館のM&Aを成功させるために、専門家のサポートを受けることをおすすめします。専門家に依頼することには、次のようなメリットがあります。

 

M&Aのタイミングを相談できる

現時点でM&Aをするべきかどうか相談できます。ホテルや旅館の事業で収益を挙げ続けるためには、世の動向や競合他社の参入などを常に把握し、状況に応じて臨機応変に経営方針を変えていく必要があります。経営方針を変えずに突き進むことも可能ですが、それによって収益が下がる可能性もあるでしょう。そのときの状況がM&Aをするべきタイミングかどうかは、専門家でなければわからないこともあるのです。

 

また、現時点でM&Aを実行しても、最低売却額以上で売却できる可能性が低いため、1年後の始動を目標にした方がいいケースもあります。このように、目的を達成できる可能性が高いベストなタイミングを知ることができます。

 

M&Aの成功のためのポイントを知っている

過去に様々なM&A案件をサポートしてきた専門家であれば、成功のためのポイントを熟知しています。経営者だけでM&Aを進めた場合、成功のポイントを見落としており、思っていたよりも高く売却できない可能性があります。

 

交渉の落としどころを把握している

売却額や諸条件の交渉の際には、お互いが尊重し合う必要があります。具体的には、譲れない条件を除き、諸条件に関しては一部を撤回するなど工夫が必要です。M&Aの専門家は交渉の落としどころを把握しており、うまく仲介してくれます。感情的になり、交渉を強引に進めるようなことをすると、交渉が決裂する可能性があります。交渉失敗を防ぐためにも、専門家にサポートを依頼することが大切です。

 

契約書のやり取りまでサポートを受けられる

専門家のサポートは、契約の締結や引き継ぎ完了まで続きます。契約の締結には、完璧な内容の契約書が必要です。話し合いで決めた諸条件が誤りなく全て記載されているか、どちらかに不利な内容が記載されていないかなど、様々なことをチェックしてくれます。また、契約締結後は株主総会で承認を得て、実際に引き継ぐことになりますが、引き継ぐ完了までサポートを受けられるのです。どのタイミングで従業員や取引先にM&Aについて伝えるか、穏便に引き継ぎを済ませるにはどうすればいいかなど、様々なことを相談できます。

 

ホテル・旅館のM&A事例をさらに聞くなら

ホテルや旅館のM&Aの事例をさらに聞きたいのであれば、コンサル企業に尋ねましょう。ただし、コンサル企業によって取り扱ってきた案件が異なるため、ホテルや旅館のM&Aの取り扱い数が豊富な企業に連絡を取ることが大切です。相談の流れで、そのままM&Aのサポートを依頼することもできます。事例を聞く際には、成功事例だけではなく失敗事例も聞きましょう。ホテルや旅館の失敗事例がなかったとしても、他の業界であれば失敗事例があります。専門家への相談は、初回無料であったり、何回でも無料であったりと、専門家によって異なります。M&Aに関する事例を聞くだけであれば、初回無料のコンサル企業に相談するといいでしょう。

 

しかし、M&Aを進めるにあたり、様々な相談事が出てくるため、できるだけ無料で何度も相談できる専門家を頼ることをおすすめします。専門家の対応が良かった場合は、そのままM&Aのトータルサポートも受けるといいでしょう。

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

経営者の方は必見!

今ならM&Aを理解し使いこなすための本、「図解で簡単!オーナーのためのM&A入門」が経営者限定で無料で手に入ります。詳しくは下記リンクをクリック。

>>「オーナーのためのM&A入門」無料プレゼント!<<