FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

今、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)を経営しているが、M&Aを行おうか悩んでいませんか。そこで今回は、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aについての基礎的な知識から、メリット、行う際に気をつけるべき3つのポイントなどを紹介します

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&A

さまざまな事情で、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aを行うオーナーがいます。しかし、実際にM&Aをしたいと言っても、今までにM&Aを経験したことがあるオーナーは少ないはずです。したがって、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aとはどのようなものか具体的に分かっていない人も多いでしょう

 

まずは、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aについて基礎的な知識から確認しましょう。

 

M&Aとは

M&Aとは、merger and acquisitionという言葉の略です。日本語にすると「合併や買収」という意味となります。たまに、ニュースなどでM&Aという言葉を見るくらいだと、M&Aには敵対的買収のイメージを持っている人も多いかもしれません。

しかし、実は実際に行われているものは、友好的なM&Aも多いのです。友好的なM&Aであれば、買い手や売り手、その従業員など、取引をした全員にメリットがあります

M&Aの方法として代表的なものは、事業譲渡や株式譲渡です。FC加盟店(フランチャイズ加盟店)の場合でも、これらの手法を行うことができます。この手法を使ったうえで、M&Aを行うメリットはどのようなものなのか、確認していきましょう。

 

事業譲渡や株式譲渡を行うメリット

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のオーナーがM&Aで事業譲渡や株式譲渡を行うメリットは、たとえば以下のような3つのものが考えられます。

  • 自分がオーナーからリタイアしても事業を継続させられる
  • 事業譲渡をして対価を得ることができる
  • 譲渡した事業が譲渡先でさらなる発展を遂げる可能性がある

 

これらのメリットは、今まで経営してきたFC加盟店(フランチャイズ加盟店)を手放すとしてもうれしい話ではないでしょうか。もしM&Aをしたとしても、事業が継続していれば従業員を雇い続けることが可能です。

せっかく、今までお店の経営を助けてくれていた従業員を露頭に迷わすのは心苦しいと考える人も多いのではないでしょうか。だからこそ、M&Aで事業を続けていく手段があるのです。

また、従業員の生活だけではなく、自分の生活を守ることもできます。FC加盟店(フランチャイズ加盟店)を譲渡して買い手から対価を得ることで、M&A後の新たな経営や、新たな生活への資金にすることが可能です。

 

このように、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aにはメリットがたくさんあります。

もちろん、フランチャイズ契約によってはM&Aが難しい場合もあります。しかし、まずは検討することから始めることがとても大切なことです。

 

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)がM&Aを行うケース

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)の経営者がM&Aを行うケースには、以下のようなものがあります。

  • 後継者が見つからない
  • 早期リタイアしたい
  • オーナーの健康問題
  • 今後の経営に不安

 

もしあなたがFC加盟店(フランチャイズ加盟店)をしていて、このようなケースに当てはまるのなら、M&Aを検討すべきでしょう。次から、それぞれのケースについて順番に詳しく確認していきます。

 

後継者が見つからない

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のオーナーをやっているものの、引き継いでくれる後継者がいないというのはよくあるケースです。FC加盟店(フランチャイズ加盟店)の経営は難しいイメージを持っている人も多く、後継者が見つかりにくいかもしれません。しかし、後継者がいないからと言って、廃業や撤退しかないと固執する必要はありません。実は、後継者がいない場合にM&Aが行われるのは多いです。

後継者は親族や従業員などの身近なところだけではなく、M&Aで外部から見つけてくることもできます。したがって、後継者がいなくてお悩みのFC加盟店(フランチャイズ加盟店)のオーナーは、M&Aができないかどうかを模索するべきです

また、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)を経営しているけれど、早期の段階でリタイアしたいというケースでもM&Aは有効です。アーリーリタイアをした場合、リタイア後の人生プランも考えなければなりません。

どのような人生を今後送っていくとしても、行きていくためにはお金が必要となります。そこで、経営しているFC加盟店(フランチャイズ加盟店)をM&Aで買い手に売ることが成功すれば、アーリーリタイア後の資金を手に入れることが可能です。

どれくらいの売却資金が得られるのかは店舗によりますが、少なくともそのまま廃業するよりは得になります。M&Aでうまく条件に折り合いをつければ、撤退コストをかけずにリタイアすることができるのです。

上記のような理由で、後継者がいない場合にはM&AでFC加盟店(フランチャイズ加盟店)を引き継いでくれる人を見つけてからリタイアするのが良いでしょう。ただし、フランチャイズの規約によっては撤退コストが最低限必要となる場合や、勝手なM&Aは禁止されている場合もあるので事前に確認しましょう。

 

早期リタイアしたい

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のオーナーから早期リタイアしたい場合も、M&Aを使うのは有効な手段です。フランチャイズ契約したとき、一定の期間はお店を続けなければならないという規約があることもあります。しかし、どうしても早期リタイアしたい場合や、経営者という立場自体から離れたいということもあるはずです。

そのようなとき、M&Aを行うことでFC加盟店(フランチャイズ加盟店)の経営を引き継いでもらうことができます。従業員や取引先にも迷惑がかからずにリタイアできるので、早期リタイアをしたい経営者の方は、ぜひM&Aを検討してみてください

 

オーナーの健康問題

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)を経営している最中に、オーナーの健康状態が悪くなることもあると思います。どうしてもオーナーが今までどおりに経営を続けられないのであれば、アーリーリタイアをするか、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)を誰かに譲ってしまいたいと考えるはずです。そのようなケースでも、M&Aは活用できます。

自分で決めて、あなたが育てた信頼できる後継者に、お店を任せたいという想いがある人も少なくありません。しかし、無理をしてでもどうにか後継者を育てようと思っても、急に倒れてしまったり、入院してしまったりするなどの状況に陥る可能性は高いです。健康問題を抱えながらの経営は大変なので、今後も店舗を存続させるためにはM&Aを視野に入れて早めに行動に移しましょう。

自分で後継者を見つけて育てるのは時間がかかりますが、M&Aを行えば既に適正のある人に店舗を引き継いでもらうことができますM&Aでは後継者を見つけて育てていくよりも、短時間で事業を誰かに引き継ぐことが可能なのです。

 

今後の経営に不安

今後の経営に不安があって、もっと安定した経営をしていきたい場合にも、M&Aは有効な手段です。資金力や経営能力がある人の力を借りることで、あなたのFC加盟店(フランチャイズ加盟店)は今よりも経営が安定するかもしれません。

今後の経営に不安を持ちながら無理やり経営者を続けていても、いつかは限界が来てしまいます。だからこそ、その前に、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)を引き継いでくれる経営者をM&Aで探してみましょう

 

次の章では、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aでオーナーが得られるメリットを見ていきましょう。

 

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aでオーナーが得られるメリットとは?

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aを行うことによって、売り手であるオーナーにはメリットがあります。

オーナーが受けることのできるメリットは、主に以下の3つです。

  • 心理的負担の軽減(経営、後継者)
  • 金銭的メリット
  • 新事業への挑戦や引退後の生活

 

それでは、それぞれのメリットについて、詳細を確認していきます。

 

心理的負担の軽減(経営、後継者)

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aを実施すれば、オーナーがリタイアする際の経営面や後継者の面という2つの部分での心理的な負担を減らすことができます。今までやってきた事業を、経営が苦しいことから廃業してしまうという思いや、後継者がうまく見つけられなかったせいで廃業や撤退するしかなくなったという思いを、M&Aで心理的負担を軽くすることができます

 

金銭的メリット

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)をM&Aによって売却することで、買い手から金銭的な対価が得られるというのも、メリットのひとつです。リタイアする際、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)を売り渡して対価を手に入れれば、今後の生活についての心配も減らすことができます。さらに、もしM&A実施の際に従業員がやめる場合にも、譲渡利益から退職金を支払うことができるようになるからです。

M&Aで得られるメリットは譲渡対価だけではありません。フランチャイズ契約した店舗の廃業や撤退をするなら、多くの場合ではコストがかかります。撤退コストは、たとえばお店を入居時の状況に戻す原状回復費用です。

原状回復費用は店舗の状態によりますが、100万円以上かかることもあります他にも、フランチャイズ契約によってはさまざまな費用がかかる場合が少なくありません。条件をうまく設定してFC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aを行えば、そのような廃業コストがかからないケースも多いです。

 

新事業への挑戦や引退後の生活

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aを行えば、新事業へ挑戦したり、引退後の生活を自由に楽しんだりすることができます。なぜなら、M&Aによって得られる譲渡対価を使えば新事業を始める資金や、引退後の生活費を手に入れることができるからです。FC加盟店(フランチャイズ加盟店)をM&Aし、買い手から譲渡利益を手に入れれば、その後の生活での選択肢も広がります

次に、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)をM&Aするにあたり、気をつけるべきポイントもあるので、紹介しましょう。

 

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aを実施する際に気をつけるべきポイント3つ

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&A実施の際、気をつけるべきポイントは、以下の3つです。

  • 準備は早めに
  • 売却事業の強みを再確認する
  • 譲れない売却先の条件を明確にする

 

これらの3つすべて、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aを成功させるためにはとても重要です。

 

準備は早めに

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aを行うなら、準備はできるだけ早めに取り掛かりましょう。M&Aはすぐに譲渡先が見つかるとは限りません。数ヶ月もの間、買い手候補を探す場合や、条件面で折り合いがつかずに交渉が長期間に渡る場合もあります。

だからこそ、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aは早めに着手するべきでしょう。

 

自店舗の強みを再確認する

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aを行うなら、あなたの店舗独自の強みを再確認すると良いでしょう。強みを理解し、売り手に提示することで、できるだけ高い譲渡対価を手に入れることができます。

その強みとは、例えば、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)なら、駅から近いことや、固定客が多いことなどですすぐにわからないなら、競合となる近場の同業の店舗と比較するといいでしょう。強みが明確であればあるほど、買い手候補とのミスマッチも少なくなります。

 

譲れない売却先の条件を明確にする

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)をM&Aするなら、どこまでなら条件を譲歩でき、どこからは譲れないのかという範囲を明確にするべきです。今まで経営してきたお店を手放すので、どの条件も捨てがたいと思います。しかし、あなたのお店がより良くなるためなら妥協するべき条件もあるかもしれません。

まずは、落ち着いて条件面についてはしっかり考えてみましょう。はっきり言って、売却先候補との交渉段階で基礎的な条件すら悩んでしまうようでは、M&Aの成功は難しいです

だからこそ、自分だけでM&Aを行うのが難しいので、専門家に意見を聞くべきなのです。次の章で、その理由を説明しましょう。

 

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aを相談するなら

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aを希望するなら、まずは専門家であるM&Aアドバイザーに相談しに行きましょう。M&Aをするなら、買い手探しをいち早く行ったほうが成功に近づきます。したがって、M&Aをしたいと思ったらその段階で、アドバイザーに相談に行くべきです。

M&Aアドバイザーに相談すれば、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aを行うにあたっての手続きを教えてもらえたり、買い手探しを行ってもらえたりします。フランチャイズ契約についても詳しく見てもらえることが多いので、安心してM&Aに取り組めるはずです。

なので、安心してなんでも相談できるような専門家を見つけましょう。専門家に相談するのは少し大変と思うかもしれませんが、気さくに話を聞いてくれる人も多いので、まずは話をしてみましょう。

 

相談の際は、初期費用がかからない「完全成果報酬型」の料金体系をとっているアドバイザーがおすすめです。

中でも当サイトがおすすめするスパイラルコンサルティング社は、数々のM&Aノウハウを持っており、自社の価値を最大化してから売却することを得意としています。

より満足できるM&Aにするためにも、一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

経営者の方は必見!

今ならM&Aを理解し使いこなすための本、「図解で簡単!オーナーのためのM&A入門」が経営者限定で無料で手に入ります。詳しくは下記リンクをクリック。

>>「オーナーのためのM&A入門」無料プレゼント!<<