FC加盟店(フランチャイズ加盟店)の事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

FC加盟店を売りたいけれど、どうすればいいか分からないオーナーも多いのではないでしょうか。

この記事では、FC加盟店の事業売却を検討している人向けに、オーナーが事業売却によって受けられる各種メリット、事業売却において最初にするべきこと、事業売却を行ううえでのポイントについて解説していきます。FC加盟店の事業売却を成功させるために、ぜひご活用ください。

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

事業売却でFC加盟店(フランチャイズ加盟店)オーナーは得をする?

事業売却を行うことで、FC加盟店のオーナーにはどのようなメリットがあるのでしょうか。金銭・精神・時間の3つからメリットを解説していきます。

 

金銭的メリット

まず、事業売却によって売却益を手にできる金銭的メリットがあります。

FC加盟店の事業から引退したい場合、売却益は、引退後の生活費や新規事業の資金などの用途に充てることが可能です。また、金融機関からの借入用に個人保証を入れている場合、企業に事業を売却できれば負債からも解放され、個人保証を抜くことができます。

売却益の金額を左右するのは、FC加盟店の事業価値です。事業価値には、帳簿に計上された純資産のみならず、フランチャイズの運営ノウハウや、地域ですでに抱えている顧客層で、のれんと呼ばれる無形資産も含まれます。

買い手は事業の買収によって、FC加盟店を軌道に乗せ顧客を獲得したりする時間や将来性を購入するのです。FC加盟店が抱えている顧客層や将来性などが評価され、のれん代として上乗せされれば、オーナーが出資した金額を超えて利益が出る可能性があります。

事業売却に対して廃業を選択した場合は、FC加盟店の顧客層や将来性が優れていても考慮されず、店舗や土地、設備などを処分価額で売却した低い金額しか入手できません。つまり、金銭的メリットは廃業よりも事業売却の方がはるかに大きいのです。

 

精神的メリット

次に、事業売却によってFC加盟店を経営する精神的負担から解放される、精神的メリットがあります

FC加盟店の経営は、フランチャイズ本部の方針にその都度左右され、経営方針を自由に決められません。売上が少ない月でも、毎月決まった額のロイヤリティを支払わなければならないところが、オーナーにとっては大きな悩みの種です。長時間労働に陥りがちだったり、人手不足で店員がなかなか集まらなかったりすることもストレスになります。

事業売却を選べば、FC加盟店を経営するうえでの精神的負担から解放され、新たな気持ちで新規事業などに挑戦できます。廃業を選んでも負担からは解放されますが、地域に店舗が残り従業員の雇用が継続される点が大きな違いです。オーナー引退時も、やり遂げたという達成感が感じられます。

後継者不在で悩んでいる場合にも、事業売却は効果的な選択肢となります。中小企業白書の調査では、オーナーが60歳以上の中小企業では、およそ半数のオーナーが後継者不在の問題を抱えているとのことです。FC加盟店のオーナーも、他人事ではないといえるでしょう。

後継者がいない中小企業では、第三者に事業を承継する親族外承継が6割以上を占め、子どもなどの後継者が不在でも、事業をつないでいく方法が模索されています。事業売却は親族外承継の手法のひとつで、オーナーは後継者がいない問題から精神的に解放され、事業を承継することが可能です。

 

時間的メリット

事業売却によって、早期引退が可能になるという「時間的メリット」があります。

生きていくためには働くことが必要です。しかし、事業売却益が、引退までに予測されるオーナー報酬の総額を上回る場合、引退まで働かなくても手に入る金額は同じですよね。それなら、早期に引退して残された貴重な時間を、仕事以外の新たなチャレンジや楽しみに充てることも可能です。

また、FC加盟店の経営に限界を感じている場合、事業売却によってFC加盟店に費やしていた時間を、もっと採算のよい新たな事業運営に割り振ることができます。つまり、事業売却によって時間の生産性を上げることができるのです。

ここまで説明してきたように、FC加盟店のオーナーは事業売却を行うことで、金銭・精神・時間の3つの軸すべてにおけるメリットを享受できます

 

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)の事業売却でまず始めにすること

実際に、FC加盟店を事業売却する際に、最初に行うべきことを解説します。

 

なぜ事業売却したいのかを明確に

まず、なぜFC加盟店事業を売却したいのか目的を明確化することが、成功への第1歩です。

売却益を得たいのか、FC加盟店の運営から引退して新規事業に挑戦したいのか、後継者がいないから事業売却によって事業を引き継ぎたいのかなど、目的は異なります。そのため、なにが目的かによって、希望する条件や戦略、交渉の方法なども変化してきます。

事業売却の目的が売却益であれば、少しでも高く売却できるか、早期に売却できるかなどが、売却先を選ぶ条件となります。目的が店舗の存続や事業の承継であれば、重視する条件は、従業員の雇用継続や経営方針などへの理解などです。

事業売却に際しては、目的の明確化と、希望する条件の優先順位づけが必須となります。

 

売却完了までの期限を設定する

事業売却にかかる時間は半年程度です。あまり長く期間を設定しても、フランチャイズ業界の動向やフランチャイズ本部の状況などの外部要因が予測できないため、売却までの期限は1年程度を設定するのがいいでしょう

事業を高く売却するためには、売却のタイミングでもっとも事業価値が最大化されるように、事業を運営するのがベストです。1年スパンで利益などの価値が最大化されるよう、店舗の実態と帳簿上の数字が違わないように経理上の改善を行ったり、目先の売上よりも利益を重視する経営に移行したりするなどの事前準備が必要になります。

事業売却における全体スケジュールを立案するには、どのような工程があるのかを理解し、各工程に必要な期間を見積もります。しかし、事業売却を構成する工程がわからないオーナーも多いでしょう。そうした場合は、あとで説明する事業売却の専門家に相談することをおすすめします。

約1年という期間設定は余裕があるように思えるかもしれませんが、実際はあっという間に過ぎてしまいます。そのため、早めの準備を心がけましょう。

 

自店舗の強みを明確に

事業売却で納得いく成果を上げるためには、最適な売却先とのマッチングが不可欠です。そのためには、売却する店舗にどのような強みがあり、買い手にどのようなシナジー効果を与えられるかをわかりやすく伝える必要があります。

シナジー効果とは、事業売却によって買い手の強み拡大や弱みの補強など、買い手の企業価値を上げることです。たとえば、同じ小売店どうしであれば、店舗が増えれば営業エリアの拡大や共通する経費の削減などが期待されます。同じ飲食業でも、パン屋とカフェの組み合わせなら扱う事業領域が拡大し、技術やノウハウが共有されます。

事業を買収する買い手側は、シナジー効果を生むような事業を常に探しています。そのため、自店舗の強みを把握して明確化し、客観的なデータをもとに競合との差をアピールできるように準備しましょう

 

専門家の相談・査定を受ける

自店舗を第三者の視点から眺めて強みや弱みを分析するのは、オーナーであれば店舗への思いなどのバイアスがかかってしまい、冷静に行うのは難しいです。さらに、前述したスケジュール設定なども、事業売却に必要な工程の理解や、会計・財務・法律などの専門知識が求められるので、複雑な手続きをオーナーが単独で行うのは困難です。

FC加盟店の事業売却を検討しているなら、事業売却の専門家であるM&Aアドバイザーに相談し、FC加盟店の査定を受ける段階からスタートするのをおすすめします。

FC加盟店の価値を査定するには、将来的に予測されるフリーキャッシュフローなどを現在の価値に置き換えるといった特殊な計算能力が求められます。ほかにも、事業売却の実務経験や幅広い専門知識などが必要なため、オーナーが自力で行うのは困難です。

自店舗の事業価値はいくらなのかを具体的に知ることで、事業売却以外の方法など、検討できる選択肢の幅も広がります。M&Aアドバイザーなら、自店舗の実情に即した手法を提案可能です。多数の事業売却を経験し、類似した過去事例も豊富に抱えている専門家の意見に耳を傾けることができれば得るものも多いでしょう。

 

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)の事業売却を行う際のポイントは

FC加盟店のオーナーが、実際に事業売却を行うときに気をつけたいポイントを解説します。

 

思い立ったが吉日

事業売却にはタイミングも重要です。事業売却を検討しているが、実行するにはまだ早いと考えている人もいらっしゃるでしょう。しかし、いざ事業売却を行いたいと思ったときに素早く動いて、事業の価値が最大化する時点で売却できるかといわれると、なかなか難しいといえます。

そのため、実際に事業売却を行わなくても、準備だけは早めにしておくとスムーズです。たとえば、事業売却に必要な資料の整備や、経理や税金対策の最適化などは、いますぐにでも始められます

事業売却に意識を向けておくだけでも、フランチャイズ業界や隣接業種での動向にアンテナを向けたり、目先の売上よりも利益重視を考えたりできるので、日々の動きも変化してきます。

 

売却確定まで従業員や顧客を不安にさせない

事業売却をスムーズに行うためには、売却が確定するまでは秘密保持が不可欠です。従業員や顧客に対しても同じであり、あとで覆されるかもしれない情報を不用意に与えて不安にさせないよう、注意する必要があります。

秘密を漏らして従業員などに必要以上の不安を与えてしまうと、優れた人材が流出したり、根拠のない噂で顧客が離れたりしてしまい、売却する店舗の価値を下げてしまうことにもなりかねません。

事業売却に際しての変化は、従業員などにかならずしも利益がある変化とはいえず、不利益を感じるケースも多いです。信頼をおいている従業員に個人的に相談しても、予想していなかった反発を受けることもあります。そのため、事業売却の相談は専門家だけに行ってください

 

事業売却をした先の目標を決める

事業売却を検討している段階でも、事業売却をした先にある目標を決めておくといいでしょう。店舗の目標とオーナー目標の2つです。

店舗の目標としては、事業売却後にどのような成長戦略を期待するかを考えておくと、その方向性にあった売却先を探すのに役立ちます。たとえば、資金が足りずに改善できなかった弱みを分析して対策を立ててておくと、改善できれば強みに変わるので、買い手探しのアピールにもつながります。

オーナー目標としては、これまでのFC加盟店の運営を振り返り、学んだことと今後への活かし方、売却益を得たら進みたい方面などを考えておくと、事業売却を進めるうえでのモチベーションにつながります。

 

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)の事業売却の相談先

FC加盟店の事業売却において、最初に行うべきことや注意ポイントなどを解説してきました。実際に着手しようと思ったら、どこから始めればいいかわからない人がほとんどではないでしょうか。どこから始めたらいいか分からない人は、事業売却を専門に行っているM&Aアドバイザーに相談してみましょう。

事業売却でもっとも重要なのは、自店舗の強みの明確化と、強みでシナジー効果を生み出せる売却先とのマッチングです。強みの明確化や事業価値の評価には専門知識や実務経験が不可欠で、マッチングには通常のオーナーがもたないアドバイザー特有のコネクションが必要です。

成果報酬型のM&Aアドバイザーなら着手金がいらないため、事業売却が最終的に決定するまでは無料で相談できます。インターネットで気軽にに利用できるため、ぜひ活用を検討してみてはいかがでしょうか。

当サイトおすすめのアドバイザーであるスパイラルコンサルティング社も、完全成果報酬制を採用しています。

数々の事業売却ノウハウを持っており、自社の価値を最大化してから売却することを得意としています。

より満足できる事業売却にするためにも、一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

経営者の方は必見!

今ならM&Aを理解し使いこなすための本、「図解で簡単!オーナーのためのM&A入門」が経営者限定で無料で手に入ります。詳しくは下記リンクをクリック。

>>「オーナーのためのM&A入門」無料プレゼント!<<