FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

「FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aをしてみたいけれど、周りにしたことのあるオーナーがいないから、あまりイメージがわかない」という人も多いのではないでしょうか。M&Aは友好的なものも少なくなく、うまくいけば買い手や売り手、スタッフなど全員を喜ばせる結果になります。

成功のためにまずは、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aの事例を知るのが大切ですそこで今回は、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aの事例や、そこから学べる成功のためのポイントを確認しましょう。

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)オーナーがM&Aを選ぶ理由とは?

そもそもFC加盟店(フランチャイズ加盟店)のオーナーがM&Aを行おうと思う理由は、どのようなものなのか確認しておくべきです。最初に、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aが行われる背景を確認しておきましょう。

 

まず、M&Aを実施した際に受けることのできるメリットに金銭面があります。ズバリ、金銭面でのメリットとは、以下の2つです。

 

  • 撤退コストがかからない
  • 譲渡利益が得られる

 

この2つのメリットは、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)の経営から離れようと思っているなら、非常に重要なものだと言えます。

一般的には、フランチャイズ事業から撤退する場合、そのための費用がかかります。なぜなら、フランチャイズ契約によってはお店が入居している不動産を元の状態に戻してから退去するという原状回復費用が必要であるなどの理由があります。他にも、さまざまな什器など設備の廃棄に費用がかかることも珍しくありません。

 

ところが、M&Aを行えば、条件によってはお店をそのままの状況で受け渡すことが可能です。廃業の場合に必要となっていた撤退のための費用が必要なくなります。

それだけではなく、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)を譲渡したことによる利益も得られる可能性が高いです。

 

このように、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のオーナーがM&Aを行う理由としては、金銭面が大きいです。FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のオーナーは、経営が苦しく金銭面で悩んでいるケースは少なくありません。フランチャイズ契約を打ち切りたくても、そのための費用が払えずにうまくいかないということもよくあるのです。

そんな廃業や撤退をしようと考えても、すぐにできないというケースや、借金をしてでも廃業や撤退をするというケースもあります。オーナーから退くために、まずはFC加盟店(フランチャイズ加盟店)をM&Aできないかについて検討すべきでしょう。

せっかく対価まで得られるチャンスがあるのに、それを試さずに借金を負ってしまうのはもったいないことです。FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のオーナーがM&Aを選ぶ背景には、今後もお店が継続できるという理由も考えられます。廃業すると、今まで働いてきてくれた顧客やスタッフを露頭に迷わすことになるからです。

そのようなことを考えれば、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)の経営から退くとしても廃業ではなくM&Aを行うのが適切だといえるでしょう。

 

それでは、次の章でFC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aの事例を見ておきましょう。

 

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&A事例

今回は、近隣に同業他店が来てからうまく経営ができなくなってきたFC加盟店(フランチャイズ加盟店)経営者Aと、経営についてカリスマ性のあるBの事例を見ていきましょう。

Aは、ライバル店が近くにできてから、経営するお店の売上が悪化する一方で悩んでいました。しかし、昨年フランチャイズ契約を更新したこともあり、まだやれるのではないかという思いもあります。

そのとき、Aは、Bの経営能力についての評判を偶然聞きました。Bに話を聞いてみると、過去に同じような事業をやっていたので、また挑戦したいとのことです。

そこで、AはBにM&Aの話を持ちかけ、経営スキルをAのお店で生かしてもらうことにしたのです。

その結果、M&Aによって、Aが経営していたFC加盟店(フランチャイズ加盟店)の経営状態は劇的に良くなり、Bも自分の力を活躍させることができ充実した生活を送れるようになりました。

 

一般的に、M&Aというとネガティブなイメージがある人も多いと思いますが、関係者全員を幸せにするポジティブなM&Aもたくさんあるのです

ここからは、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aを行う際に知っておくべき成功のためのポイントを確認しましょう。

 

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&A事例から読み取る成功ポイントとは

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&A事例から読み取ることのできる成功のポイントは、以下の4つです。

 

  • 自店舗の強みを再確認する
  • M&Aにおいて譲れない条件をはっきりさせる
  • 売却先候補に自店舗の強みや価値が伝わる説明をする
  • M&Aの専門家に頼るのもアリ

 

これらのポイントをしっかりおさえておけば、M&Aが成功する確率を高めることが可能です。

 

それでは、順番に各ポイントを確認しましょう。

 

自店舗の強みを再確認する

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)の事業売却をするなら、強みをしっかり明確化することが大切です。同時に、今のままで良いのかを冷静に見直しましょう。

買い手となる人に現段階での強みを説明することが、M&Aの第一歩目なので、強みが不明確なままでは、良い買い手は現れません自店舗の強みを理解してもらい、引き継いでくれる人にもそれを活用した経営をしてもらわなければ、今後の店舗の繁栄はありません。せっかく今まで築き上げてきた、あなたのお店独自の良さが失われてしまう可能性は高いでしょう。

 

M&Aにおいて譲れない条件をはっきりさせる

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)の事業売却をする際に、「これだけは絶対に譲ることのできない条件がある」というのなら事前に明確にしておくべきです買い手候補が見つかったら、どのような条件で事業を引き継いでいってもらうのかを話し合う必要があります。というのも、そうしなければ、お互いの希望する条件が噛み合わないためです。

あなたの求める条件がハッキリしていなければ、良い話し合いはできません。なので、売却先に求める絶対条件を決めておきましょう。

 

売却先候補に自店舗の強みや価値が伝わる説明をする

M&Aをするなら売却先候補に自店舗の強みや価値が伝わる説明をしなければなりません。そのためには、今まで経営してきた情熱や思い出を語るだけではなく、客観的な資料やデータを相手に見せることが重要です例えば、事業の強みや価値はユーザー数や売上などでしょう。

そのようなデータをグラフなどで作れば、自分の頭の中でも理解が進みやすくなります。自分の頭で理解できれば、相手に説明することができ、相手の質問に対しても答えることができるはずです。

もちろん、あなたの情熱を買い手側に引き継いでもらうことも欠かせません。そのためには、まずは外部からもわかりやすい情報を説明したうえで、あなたの気持ちも買い手に伝えていきましょう。順番が逆になってしまうと、なかなか相手に本当の事業の強みや価値までは理解してもらえないでしょう。

その説明するために、資料作りや伝える練習は入念に行いましょう。資料作りが苦手なのであれば、専門家に頼ったほうが良いものができることは多いです。

 

M&Aの専門家に頼るのもアリ

自分だけでFC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aを行うことに少しでも不安があるのなら、M&Aの専門家に頼るべきです。専門家に頼れば、あなたはM&Aが完了するまでお店の経営に今まで通り専念できます。

正直、M&Aを行う際には、経営面や会計面、法律面などのさまざまな角度から物事を判断していかなければなりません。FC加盟店(フランチャイズ加盟店)を今まで経営してきたといっても、M&Aの経験は皆無なオーナーが多いでしょう。

また、FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のオーナーの中には、M&Aの知識も少ない人が珍しくありません。番頭さんに任せきりというオーナーであれば、M&Aの経験がなければ気がつきにくいポイントも多いです。

したがって、専門家に相談してバランス良くM&Aを進めていくのが良いでしょう。M&Aの専門家は、買い手探しから条件交渉までの手続きを一括して行ってくれる場合も少なくありません。FC加盟店(フランチャイズ加盟店)を経営しながら、M&Aの手続きを自分だけで進めるのは非常に難しいのが現実的な話です。だからこそ、専門家の力を借りながら進めていけば安心できるでしょう。

 

そういった専門家には頼ったことがないから、あまり相談に行く気持ちになれないという人もいると思います。しかし、M&Aの専門家は多くのケースをこなしてきたプロフェッショナルなので、信頼して任せるべきです

専門家に相談に行けば、M&Aのさまざまな事例について教えてもらうこともできます。周りにM&Aの経験者がいなければ、なかなか具体的なイメージはわいてこないはずです。そのようなときは、自分の経営するFC加盟店(フランチャイズ加盟店)と同じ程度の規模のM&Aの事例を聞けるのは貴重な時間となるでしょう。

 

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&A事例をさらに聞くなら

FC加盟店(フランチャイズ加盟店)をM&Aするにあたって、いろいろなM&Aの事例を頭に入れておくことは大切です。実際に行われたM&Aの事例を知ることによって、どのような背景で行われるものなのか、M&Aの各プロセスの流れ、条件の付け方など、さまざまなポイントを知ることができます

そのうえで専門家に相談すれば、具体的な提案や質問がしやすくなるので円滑に進みやすいでしょう。しかし、そうは言っても周りにFC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&Aを行った人がいないというオーナーも少なくありません。そもそもFC加盟店(フランチャイズ加盟店)のオーナー同士が直接、M&Aに関わることはあまりありません。

もしも経営者仲間などで集まってもM&Aの話にはなりにくいでしょう。そのようなことで悩んでいるなら、思い切ってM&Aアドバイザーに相談し、過去に扱った事例を紹介してもらうのが良いでしょう。

さらに、その事例から見えてくる成功のためのポイントも確認しておくことで、自分のケースに反映しやすいでしょう。FC加盟店(フランチャイズ加盟店)のM&A事例を聞く際、重要なのは、自分の医院と同じくらいの規模感のM&A事例を多く聞いたほうが良いということです。大きすぎるお店や小さすぎるお店の事例だと、自分のケースとは背景や手続きが異なってしまうことがあるからです。

もしあなたが、M&Aを検討しているのであれば、早く取り掛かれば取り掛かるほど成功しやすくなるので、ぜひ早めに行動を移しましょう。

 

相談の際は、初期費用がかからない「完全成果報酬型」の料金体系をとっているアドバイザーがおすすめです。

中でも当サイトがおすすめするスパイラルコンサルティング社は、数々のM&Aノウハウを持っており、自社の価値を最大化してから売却することを得意としています。

より満足できるM&Aにするためにも、一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

経営者の方は必見!

今ならM&Aを理解し使いこなすための本、「図解で簡単!オーナーのためのM&A入門」が経営者限定で無料で手に入ります。詳しくは下記リンクをクリック。

>>「オーナーのためのM&A入門」無料プレゼント!<<