建築資材卸のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

建築資材卸事業のM&Aを検討している場合、まずはM&Aの基礎知識やメリットなどを把握する必要があります。そのうえで、どのようなケースにM&Aを行うべきなのかを確認しましょう。自社が置かれている状況がM&Aを行うのに相応しいか冷静に考えることが大切です。勢いでM&Aした結果、後悔するケースは少なくありません。
また、事業だけではなくオーナー自身が得られるメリットも知っておいた方がいいでしょう。M&Aの情報を多く集め、冷静に判断することが大切です。

ここでは、建築資材卸のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイントをご紹介します。

 

建築資材卸のM&A

建築資材卸業は、建築の需要の影響を受けて収益が変動します。地域や世の動向など様々な影響を受けて収益が増減するため、不安な日々を過ごしているオーナーは多いでしょう。このような場合に検討したいのがM&Aです。
まずは、M&Aの基礎知識や行うメリットについて詳しくみていきましょう。

 

M&Aとは

M&Aは、買収と売却を意味する言葉です。事業の一部だけを売却したり、会社の株式ごと譲渡したりします。
事業の一部を売却した場合、引き続きオーナーを続け、売却先の経営ノウハウを取り込むことが可能です。

 

事業譲渡や株式譲渡を行うメリット

事業譲渡や株式譲渡をすることで、買収側が持つ豊富な資金力やノウハウを得ることができます。資金不足のために事業を思うように拡大できず、ある程度の規模で留まるケースがあります。また、ノウハウが不足しているために事業を拡大できない場合もあるでしょう。

事業売却や株式譲渡によって他社が持つノウハウや豊富な資金力を得ることで、事業のさらなる成長と企業の知名度アップに繋がります。また、事業譲渡の場合は、経営者の立場からは退かず、事業を続けることも可能です。

 

建築資材卸がM&Aを行うケース

建築資材卸業がM&Aを行うケースは、オーナーがメリットを得たいときだけではありません。次のような場合にM&Aを行うことで、問題を解消できる可能性があります。

 

後継者がいないが引退したい

ある程度の年齢になった場合は、引退を考えるようになります。しかし、事業を続けるためには後継者がいなければなりません。後継者不足は大きな問題となっており、多くの中小企業のオーナーが悩んでいます。
建築資材卸業でも例外ではなく、後継者が不足しているために辞めたくても辞められないことがあるのです。後継者がいないまま引退してしまえば、そのままでは廃業となってしまいます。
しかし、事業売却や株式譲渡などを選択すれば、オーナーと従業員の利益を守りつつ、事業を存続させられるのです。

また、本当は後継者になりたくないのに、仕方なく後継者になる予定だった人物がいた場合はどうでしょうか。例えば親族から後継者を選ぶ場合、なかば無理やり後継者にされてしまうなどが原因で、元経営者との関係が悪くなることが懸念されます。こういった場合にも、第三者へのM&Aを行えば、親族などへの望まない事業承継を防ぐことができます。

 

経営が厳しく他社と一緒になることで生き残りたい

建築資材卸業は、時に経営が厳しくなり、廃業に追い込まれることがあります。建築業界が盛り上がっているときは収益が高くても、盛り下がっていると収益が低下します。
例えば、東京オリンピックに向けて全国で工事が行われて建築バブルとなっても、オリンピックが終われば沈静化し、収益が下がることがほぼ確定していると言えるでしょう。
このように、常に収益が安定するわけではないのが建築資材卸業の難しいところです。

M&Aで他社の傘下に入ったり、一部の事業だけを譲渡したりすることで、他社と力を合わせて生き残ることができます。実際に生き残れるかどうかは相手企業との相性などが関係しますが、一人で経営のことを考える状態から抜け出せるため、精神的に安定しやすくなるでしょう。

精神的に追い詰められると、経営の質にも悪影響が及び、収益低下に繋がる可能性があります。そのため、大きな不安を感じている場合は、できるだけ早めにM&Aを行うことが大切です。

 

健康問題で経営を続けられない

経営を続けたくても、健康上の問題で続けられなくなるケースがあります。急病の場合もあれば、年月をかけて悪化していく病気の場合もあり、いずれにしても後継者を見つけなければなりません。年月をかけて悪化していくケースでは、後継者を見つけて育成する時間があるかもしれませんが、急病となると後継者を見つけられても育成まではできないでしょう。

後継者がいない場合は、廃業かM&Aを選択するしかありません。M&Aであれば、約6ヶ月~10ヶ月程度で完了するため、急な事態に陥っても事業を存続させられる可能性があります。
M&Aを行わず、無理に身内などの後継者に引き継がせたところで、従業員をまとめることができず、収益が落ちてしまう可能性があります。かえって悪い結果になる恐れがあるため、M&Aを選ぶことが大切です。

 

建築資材卸のM&Aでオーナーが得られるメリットとは?

建築資材卸業のM&Aは、会社だけではなくオーナー自身にもメリットがあります。メリットを把握しておくことで、前向きに検討できるようになるでしょう。経営者が得られるメリットには、精神的メリット・金銭的メリット・時間的メリットがあります。いずれも経営者の大きな利益に繋がるため、確認しておくことが大切です。経営者が得られるメリットは、次のとおりです。

 

心理的負担の軽減(経営、後継者)

オーナーの立場を退くケースでは、経営のプレッシャーから解放されます。いつ建築資材卸業が衰退するかわからない状況で経営を続けることは、精神衛生上よくありません。もし、廃業することになれば、一緒に事業を盛り上げてきた従業員を解雇することにもなります。このように、自分のことだけではなく従業員の人生にも影響が及ぶ可能性があるため、余計にプレッシャーを感じるのです。

親族内や社内から後継者を選出しようにも、適任者が経営に対して高いモチベーションを持っているとも限りません。選出と育成にも、非常に大きな責任と負担がかかります。

しかし、M&Aによって第三者に事業を引き継ぐことで、経営のプレッシャーから解放され、自分らしさを取り戻し、次のステップに進めるようになるでしょう。

 

金銭的メリット

事業を売却することで売却益を得られるため、オーナーの資産が増えます

例えば、得た資金を他の事業に充てることで、会社の収益性を安定させることも可能です。建築資材卸業がうまくいかなくなってきた場合に、収益があがっている別の事業に力を入れることを検討できます。事業の収益性や安定性が高いタイミングで売却することで、多くの売却益を得られます。

もし、そのまま経営を続けて廃業に追い込まれた場合、手元にはほとんど現金が残らず、その後の生活に苦労する可能性があります。ベストなタイミングでM&Aによって売却益を得られれば、今後の不安も解消されるでしょう。

より多くの売却益を得たいところですが、買収側としては事業の価値に見合った額で取引したいと考えています。そのため、この額でなければ売らないといった姿勢ではなく、事業の価値を高めて希望売却額に近い額で契約できるよう努力する姿勢が大切です。

 

新事業への挑戦や引退後の生活

時間に余裕ができて、家族との時間を作れるケースもあります。一生、仕事を続けて人生を終えることに抵抗を感じ、多額の売却益を生活費にあてて悠々自適の隠居生活を送りたいオーナーもいるでしょう。ベストなタイミングでM&Aすることは、充実した余生を過ごすことに繋がります。

また、新たな事業に挑戦するための時間も確保できます。事業をひとつ辞めれば、新しい事業を始められるでしょう。時代の流れに合わせて、盛り上がりそうな事業に挑戦し、資産を増やしていくという考え方もあります。M&Aで得た売却益を新事業に投資し、事業を拡大させていくことも可能です。

 

建築資材卸のM&Aを実施する際に気をつけるべきポイント3つ

建築資材卸業のM&Aを実施する際には、メリットを十分に得られるように様々なことに注意が必要です。何の準備もせずにM&Aを進めると、十分な売却益を得られず、精神的なメリットをもたらされない事態に陥るでしょう。M&Aの実施を決定したら、次のようなことに注意が必要です。

 

準備は早めに

M&Aはできるだけ早く準備を始めることが大切です

M&Aを成功させるためには、希望売却額に近い額で売却する必要があります。そのためには、事業の価値を高め、希望売却額に見合った収益性と安定性を得ることが重要です。
希望売却額には、事業への思い入れによる額が加わりますが、買収側が見ているのは事業そのものの価値のみです。
そのため、事業の価値が低ければ、希望売却額を高く設定することができません。3年後にM&Aすることが決まれば、3年かけて収益性や安定性をどのように伸ばすか考えましょう。

もちろん、M&Aの実施を決めてすぐに行動しても問題ありませんが、十分な額で売却できない場合は、まず事業を成長させた方がいいと言えます。具体的に、どういった部分を成長させるのか、そのためには何をすればいいのかを考えて行動しましょう。

 

売却事業の強みを明確化する

建築資材卸業は複数あるため、良い額で買収してもらうためには、強みを明確化しなければなりません

他の企業と同じような性質の場合、魅力を感じてもらえず、売却額が低くなる可能性があります。地域のコネクションが豊富で、一定のエリアのシェアの大部分を占めているような場合、収益の安定性が優れていると言えます。
また、特定の資材を取り扱っている企業が他になく、大手企業との取引が多いような場合も安定性に優れていると言えるでしょう。

このような魅力的な部分を示すデータや資料を用意して、買収側に提示することが大切です。どれだけ魅力的な部分があっても、客観的に示す資料やデータがなければ納得してもらえません。

 

譲れない条件を明確化する

買収側と売却側は対等な立場のため、お互いが条件を提示できます。譲れない条件を提示し、承諾できるか確認しましょう

譲れない条件としては、一定以上の売却額、従業員の雇用条件の改善、契約先との取引の継続などが挙げられます。これらの条件を承諾できなければ交渉に移れないことを買収側に示しましょう。

譲れない条件を決めるときは、M&Aの目標や会社の状況などを確認することが大切です。アーリーリタイアによって悠々自適の隠居生活をしたいのであれば、余生を存分に楽しめるだけの売却益を得る必要があります。また、新事業に挑戦する場合も一定以上の売却益が必要です。

そして、オーナーが代わることで従業員が辞める可能性がある場合は、待遇を改善させることで引き留める必要も出てきます。このように、M&Aによって起こり得るトラブルを防ぐために、条件を設定することも大切です。

ただし、買収側が提示する条件とのバランスを考えることが重要です。売却側が一方的に条件を突き付けると、心象が悪くなることで交渉が決裂しやすくなります。M&Aは、つい数字や条件のみに注目しがちですが、人と人との交渉であることを忘れないようにしましょう。

 

建築資材卸のM&Aを相談するなら

建築資材卸業のM&Aを相談するのであれば、M&Aのコンサルティングや仲介を行ってきた専門家に相談しましょう。できるだけ多くの実績を持つ専門家に相談することが大切です。経験が浅いと、様々なパターンのM&Aに対応できず、十分なサポートを受けられない可能性があります。できれば建築資材卸業のM&Aのサポートの経験がある専門家を選びましょう。

専門家にサポートを依頼することで、交渉を中立な立場で見守ってもらえるため、交渉の内容に問題があるときにアドバイスを得られます。過去に起きたトラブルなども踏まえ、リスクを抑えたM&Aの方法を知っているため、スムーズに契約に至りやすいです。買収側としても、専門家が交渉に関わることに安心感を得られるため、スムーズなM&Aの実現に繋がります。

最後に、当サイトおすすめの相談先をご紹介します。

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

経営者の方は必見!

今ならM&Aを理解し使いこなすための本、「図解で簡単!オーナーのためのM&A入門」が経営者限定で無料で手に入ります。詳しくは下記リンクをクリック。

>>「オーナーのためのM&A入門」無料プレゼント!<<