M&A仲介手数料が安い会社はどこ?安くても大丈夫なの?

「後継者不在」という問題が中小企業経営者の中で深刻化しています。

その解決策として大きな話題になっているのが、M&Aによる事業承継です。

しかしながら、中小企業経営者の中には、特に、売り手側ではM&Aの経験が一度もない方が大半です。一方では買い手企業はこれまでに何度も会社を買った経験がある方が多いという傾向にあります。経験値の少ない売り手側と経験豊富な買い手側が、M&Aの交渉を行っていくことになります。

M&Aを行う場合、最初から会社の値段は決まっていません。売り手と買い手の相対の交渉によって決められていきます。今までどのくらいの場数を踏んできたか?その経験値がそのまま交渉力の差として現れてしまいます。

中小企業のM&Aに必要なものは何か?それは経験値が高いM&A仲介会社、つまりM&Aの専門家の力を借りることが必要だということです。

そこで気になるのが、仲介会社の手数料です

「仲介手数料って、高額なのでは?」「そんな高いお金は用意できない…」と心配されている経営者の方々へ、手ごろな料金で対応してもらえる仲介会社についてご紹介するとともに、「料金が安いって大丈夫なの?」という疑問にもお答えしていきたいと思います。

 

>>お時間がない方はまずはM&Aのプロにご相談を<<

 

M&A仲介会社の手数料ってどうやって決まるの?

1円でも高く売りたい売り手、1円でも安く買いたい買い手、相反する希望を持つものが交渉するのですから、売却金額というのはM&Aにおいてメインテーマであり、デリケートな内容となってきます。売却金額が高額になるほど、当事者同士の金額交渉が円滑に進みにくくなる恐れがあります。

経験値の少ない売り手にとって、『直接』の交渉は危険です

両者の間にM&A仲介会社という緩衝材が入るだけで、同じ金額を提示しても、専門家の意見として買い手側が提示金額に納得してくれるという場合も少なくないのです。

それはなぜかというと、仲介会社は、提示する金額の妥当性を合理的に説明できるからなのです。

同じ業界で、豊富なM&A実績があると、「売れる金額」がわかってきます。その上会社の価値を評価するための専門知識も持ち合わせています。

M&A仲介者は冷静な立場で、効果的な緩衝材になってくれるということになります。

 

《M&A仲介に関わる専門家とは?》

例えば、

〇会計士
財務の専門家、今までの業績を理解して、事業の価値を財務データから評価してくれます。

〇税理士
廃業、会社売却にかかる税金に関するアドバイスをしてくれ、最終的に手元へどの程度の金額が残るかを適切に評価してくれます

〇弁護士
どのような方法で売却するか、また譲渡契約にあたって、不利な契約になっていないかを判断してもらえます

〇経営コンサルタント
ビジネスモデルを改善して、会社の売却価値をあげるためのアドバイスをしてくれます。

対応してくれる専門家によっては、料金のかかるタイミングは違ってきますが、まず相談料がかかることが多く、そしてM&Aの交渉時にも料金が発生して、最終的に完了したときにも手数料がかかる場合があります。

 

《M&A仲介会社はプロセス全体を包括的にサポートする専門家》

M&A仲介会社は、買い手探し、売却価格の算出、買い手との交渉、調査事項のサポート、契約締結までM&Aに関わるすべてのプロセスをサポートしてくれます。

そのプロセスで、必要に応じた専門家(会計士、税理士、弁護士)を利用することもあります。M&A仲介会社では専門家とアドバイザー契約を結んでいる場合や、経営陣が専門家である場合が多いです。

要するに、M&A仲介会社に依頼することで、各種の専門家からのアドバイスを受けられるということです。そして、一つ一つ専門家に依頼することで、都度相談料が必要ですが、M&A仲介会社では、初期の相談料は無料と設定しているところが多いというのも大きな特徴です。

M&A仲介会社では「完全成功報酬制」をとっているところが多く、M&Aを完了させなければ手数料が入ってこないということです。

 

M&A仲介手数料が安い会社

この項目では、比較的手数料が安いM&A仲介会社について3社ご紹介していきます。

まず、3社の共通点として、M&A成立までの流れの中で料金が発生するタイミングが同じところにあります。

それがいつなのかというと、

1.M&A検討
2.M&Aの着手
3.企業評価
4.譲渡先の決定
5.監査・契約
6.M&A成約 ←料金が発生するのはこの時点

このとおり、M&Aが成立するまで料金が発生しません。売却金額から手数料の支払いができるということです。これを『完全成功報酬制』といいます。

共通事項をご説明したうえで、今度は各社の特色についてお話していきます。

 

スパイラルコンサルティング

《M&Aに強い公認会計士、M&A実績豊富な経営者が代表者》

東京・渋谷に拠点を置き、関連会社や法人に会計サービス事業や税理士法人などを有するスパイラルグループがM&A支援のために設立したのが、スパイラルコンサルティングです。

スパイラルコンサルティングの経営陣には、スパイラルグループの代表で公認会計士の太田諭哉氏、創業した育児支援サイト「ママスタジアム」をインタースペースに売却、最近まで satisfaction guaranteed の日本法人代表を務めていた土橋裕太氏が代表取締役に就任していて、太田氏と土橋氏による共同代表という形をとっています。

また、役員としてキーエンス出身で、2016年から日本 M&A センターにおいて、多数の M&A 案件を手がけていた松栄遥氏が取締役に就任しています。

 

スパイラルコンサルティング社へのご相談はこちら

 

◎企業価値向上に注力したM&A支援サービス「SCALE」

スパイラルコンサルティングが特化するのは、「SCALE」と名付けた企業価値向上に注力したM&A支援サービスです。バイアウトしたい創業者(売り手)と、そういった事業の買収に関心のある企業側(買い手)のマッチングに終始しているケースが多い一方、SCALE では創業者が一度事業を売却後に自ら出資し、企業価値をさらに高めるなどの形で新たなイグジット(IPO)を目指すというのです。

 

M&Aというのは、企業間の結婚に例えられることが多く、M&Aでの交渉段階は、お見合いであり、結納だということです。

従来のM&A仲介会社は、売り手と買い手のマッチングに重きを置き、事業売却後までのフォローまでは対応できていません。お見合いして結納の段階で完了だったのです。

しかしSCALEというサービスは、売却金額をまた元の事業に資金投下して、さらなる高み(IPO)を目指します、ということです。

まさに革新的なビジネスモデルと言えます。

 

このようなサービスが可能になった背景には、財務の専門家である公認会計士とM&A経験が豊富な経営者がタッグを組み起業したからこそではないでしょうか。中小企業に不足している、M&Aの専門知識と経験を兼ね備えた仲介会社なのです。

しかも料金は先程もご説明した通り、「完全成功報酬制」です。

第三者へ、一部の経営は譲るけれども、自分が経営してきた会社をもっと大きく育てて(上場企業)いきたい、なるべく長く経営に携わりたいという考えの経営者にはぴったりな仲介会社と言えます。

 

インテグループ

2007年6月設立で、本社は東京都千代田区霞が関です。

主な経営陣は、代表取締役に藤井一郎氏、取締役副社長として籠谷智輝氏(公認会計士)、取締役は荒井裕樹氏(弁護士)がそれぞれ就任しています。

このインテグループが素晴らしいのは、顧客支持率第一位という点です。

「M&A仲介会社のブランド認知度等に関する調査」(2018年5月 大手民間調査会社実施)において、完全成功報酬制のM&A仲介会社の「認知度」、「相談したことがある会社」、「相談したい会社」の全てで1位を獲得しているのです。

M&Aを検討したら、まずインテグループに相談してみようというわけです。

 

また、弁護士と顧問契約を結んでいるM&A仲介会社は多く存在しますが、役員に在籍していて、公認会計士、弁護士が経営陣を固めている点もこのインテグループの強みであります。

本来なら、公認会計士、弁護士と個別に契約すればそれだけ仲介手数料がかさみますが、インテグループですと1社で、M&A完了まで専門家のアドバイスを受けることができるのです。そして当初の相談料は無料です。

認知度、相談件数が業界NO.1 であることがご納得いただけると思います。

 

《着手金、中間金などを一切徴収しない料金体系》

◎ほとんどの仲介会社がリーマン方式をとっている

完全成功報酬制をとっている仲介会社の料金体系は、多くがこのようになっています。

5億円以下の部分・・・・・・・・・5%
5億円超~10億円以下の部分・・・・4%
10億円超~50億円以下の部分・・・・3%
50億円超~100億円以下の部分・・・・2%
100億円超の部分・・・・・・・・・1%

ここで気をつけていただきたいのは、移動資産での成功報酬制なのか、譲渡価格ベースでの成功報酬制なのかということです。

 

総資産5億円の会社で、4億円の負債があり、純資産が1億円という企業の場合、

移動資産での成功報酬は、2500万円(5億円×5%)
譲渡価格ベースでの成功報酬は、500万(1億円×5%)

となり、報酬金額に大きな開きがあります。

インテグループは、譲渡価格ベースの料金体系をとっているところが大きな特徴となります。

『弊社の成功報酬は、譲渡(買収)価格ベースで計算いたしますので、譲渡価格に比べて過大な成功報酬を支払うというリスクはなく、お客様が譲渡により得られた金額をベースに成功報酬を算出いたします。』(インテグループ公式HPより抜粋)

こう記載されているとおり、かなり良心的な料金設定を行っていることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

M&Aアソシエイツ

M&Aアソシエイツは、2014年10月設立で比較的新しい仲介会社です。所在地は、東京都千代田区麹町となっています。代表者は細田雄吾氏です。

細田氏は、以前日本政策投資銀行在職中に、主にクロスボーダーM&A案件において日本企業へのM&Aアドバイスを提供して、案件開発・提案から執行業務までM&Aの全プロセスの実務に従事しています。

M&Aアソシエイツを設立後は、中堅・中小企業に特化した会社売却および事業承継M&Aサービスの提供を行い、多数の国内中小規模案件を手掛けました。

特徴としては、中小企業M&Aにいち早く着目して、手掛けてきたという実績です。

 

《専門家のアドバイスがもらえるのに、当初の相談料は無料》

また、M&Aアソシエイツでは、社内外において多数の公認会計士・弁護士・税理士を共同パートナーとしています。中堅・中小企業の事業譲渡・会社売却に豊富な経験を有する法務・税務・会計の専門家が、中小企業経営者の経営にまつわる疑問に答えてくれます。

中小企業では、弁護士、公認会計士との顧問契約を結ぶことが経費的にも難しいです。そのため、M&Aを行う際に、専門家にサポートしてもらうことは大きなメリットと言えます。

専門家がM&A完了まで対応してくれるのに、当初の相談料はかからずに、M&Aアソシエイツも完全成功報酬制をとっています

 

手数料の安いM&A仲介会社で大丈夫?

M&A仲介手数料がお手頃な3社をご紹介したのですが、本当にそんな安い手数料でM&Aが完了できるのでしょうか。

「売れるかどうかわからないのに、本当に成果報酬制なんて大丈夫なの?」という不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

この項目では、なぜ安い手数料で対応してもらえるのか?をご説明していきます。

 

成果報酬制だからこそ頑張る

まず最初にご説明したいのが、完全成功報酬制ということは、事業が売却できないと手数料が発生しないという当たり前の事実です

だからこそ、完全成功報酬制をとっている仲介会社は、M&Aを完了するために、全力でサポートします。

また、ただ売却すればいいだけでなく、売り手企業が納得してもらえるM&Aができているかどうかを常に確認していきます。

事業は売れたけど、この金額じゃなかった、条件設定があまりにも買い手ペースで進んでしまったと言って後悔してしまう経営者も少なくないのです。

完全成功報酬制をとっている仲介会社は、M&Aを検討して、相談に来た時点から、後悔のないM&Aを完了することを念頭に置いています。

 

売り手企業の経営者はほとんどがM&A未経験者です。

間に入ってもらう仲介会社は、実績、経験値、料金体制がしっかり整っている仲介会社に相談してみることをお勧めします。

 

完全成果報酬制なら手元にお金がなくても売却で得たお金で支払える

「経営状態が厳しくて、すぐに大きな金額を用意することができない」このようなお悩みを抱えている経営者は少なくないでしょう。

この不安が原因で、会社を売却することを躊躇してしまう経営者が本当に多いのです。

現在が売り手市場と言われているのですが、なかなか売り手企業が現れない大きな要因でもあります。

 

しかし、完全成果報酬制をとっているM&A仲介会社に依頼することで、この不安は払しょくされます。

早い段階で、まとまった金額を用意する必要はありません。売却金額から手数料をはらうことができます

 

安いM&A仲介会社は、実際には安さ以上の価値がある

先程ご紹介した3社においても、3社すべてにおいて、弁護士、公認会計士、税理士といった専門家が社内に在籍しています。また経営者本人も、MBAを取得して投資銀行などであM&Aアドバイザー経験を持っていて、M&Aに関するテキストを出版しているカリスマ経営者ばかりです。

最初の相談料が無料で、このようなプロフェッショナル集団のアドバイスを受けることができるというのが、大きなメリットです。

相談してみると、料金体系の安さ以上の価値を実感できるでしょう。

 

安いM&A仲介会社でも安心して利用してみよう

安いから、ちゃんと相談にのってくれないのでは?という不安は払しょくしていただけたのではないでしょうか。

自社と同じ業界でのM&A実績がある仲介会社にまずご相談してみだくさい。

 

完全成果報酬の仲介会社をお探しなら、さきほどもご紹介したように「スパイラルコンサルティング社」をご検討ください。

数々の事業継承ノウハウを持っており、自社の価値を最大化してから売却することが得意です。事業売却を成功に導くためにも、一度ご相談してみることをおすすめします。

 

スパイラルコンサルティング社

 

>>匿名で相談・簡易査定をしてみる<<

 

経営者の方は必見!

今ならM&Aを理解し使いこなすための本、「図解で簡単!オーナーのためのM&A入門」が経営者限定で無料で手に入ります。詳しくは下記リンクをクリック。

>>「オーナーのためのM&A入門」無料プレゼント!<<