パン屋の事業譲渡【事例から読み解くポイント】

近所においしいパン屋があるとなると、毎日でもおいしいパンにありつけるわけですから、何となく優越感を感じますよね。 また、パンが好きな方なら、おいしいパンがあるよと聞いたら、少し遠くでもわざわざ買いに行ったりします。 美味しい商品は決まっていて、午前中には売切れてしまうほどの人気ということもあります。朝早くからお気に入りのパンを求めて、お店に出向くこともあるのではないでしょうか。» 続きを読む

パン屋の事業承継【事例から読み解くポイント】

街を歩いていると行列ができていて、何のお店かなと思ったら、「食パン専門」のお店でした。今は、高級な食パンがブームになっています。 「ここの食パンを食べたら、他の食パンを食べる気がしない」という評判も聞こえてきます。 食パン専門店なので、他の種類のパンは一切おいてなくて、食パンのサイズが数種類あるくらいで、本当に食パンしか置いてないのです。それなのに、長蛇の列です。» 続きを読む

物流事業の事業承継【事例から読み解くポイント】

最近では、今から配送業を始めたいと思っている方も増えてきているようです。 とはいえ、そもそも配送業って儲かるの?新規参入は難しいのかな?という疑問を持っている方は多くいらっしゃるでしょう。 今までは、雇われてドライバーをやっていたけど、自分の運送会社を持ちたいと思っている方が多く存在します。このようなドライバー経験のある方は、儲かるのか?という疑問はクリアされています。» 続きを読む

物流事業の事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

大手物流サービスでは、通販サイトの発展により運ぶ荷物が増加している反面、人手不足も加速しています。注文は多いのに運ぶ人間がいないことで、物流業界が悲鳴を上げていると言われています。 また、働き方改革を打ち出していますから、すでに在籍している従業員に対しても、残業代を見返りに長時間労働させることができないのです。 従業員にしても、残業で稼ぐということができなくなってきたのは、大問題ではあります。本当に物流業界にとって難しい時代がやってきました。» 続きを読む

物流事業の事業譲渡を行う前に知っておきたいこと3つ

物流業オーナーに、事業譲渡をしてみようと思ったきっかけについて聞いてみたところ、やはりドライバー不足ということが挙げられます。安全整備の強化、燃料価格の高騰、高速道路使用料の値上げなど、事業継続にあたっての難関は多様化しています。 物流業界を継続していくことは、現代社会ではかなり厳しくなっているのは言うまでもありません。 しかし、物流業界に何も変化がないわけではありません。例えば、以前はドライバーというとやはり男性の仕事というイメージでしたが、最近では女性のドライバーも増えています。求人広告を見ていても、女性歓迎と書いてあるものも見受けられます。» 続きを読む

物流事業のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

物流事業は、今、過渡期に差し掛かっているのではないでしょうか。 慢性化している人手不足問題、再配達による過剰労働、運転マナーの低下など、事業を続けていく上で多くの向かい風が吹いています。ドライバーが長期間在籍してくれないと頭を悩ませているオーナーもいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、この物流業界の事業について、M&Aのスキームが活用できるということをお話していきたいと思います。» 続きを読む

物流事業のM&A事例から学ぶ成功のポイント3つ

いま、物流業界で一番クローズアップされる問題が「人手不足問題」です。ドライバーがなかなか集まらない、定着してくれないのです。 「ドライバーの高齢化」「再配達問題」、これらの問題が深刻化しています。 とくに再配達問題は、物流業界の大きな課題ではないでしょうか。» 続きを読む

建築資材卸のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

建築資材卸事業のM&Aを検討している場合、まずはM&Aの基礎知識やメリットなどを把握する必要があります。そのうえで、どのようなケースにM&Aを行うべきなのかを確認しましょう。自社が置かれている状況がM&Aを行うのに相応しいか冷静に考えることが大切です。勢いでM&Aした結果、後悔するケースは少なくありません。 また、事業だけではなくオーナー自身が得られるメリットも知っておいた方がいいでしょう。M&Aの情報を多く集め、冷静に判断することが大切です。 ここでは、建築資材卸のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイントをご紹介します。» 続きを読む

ファンドが入る事業承継【事例から読み解くポイント】

後継者がいないため、事業を引き継げずに困っているオーナーが増えています。事業承継とは、後継者に事業を引き継ぐことです。この「後継者」には、子どもや親族、従業員だけではなく、第三者である一般企業やファンドも含まれます。 ファンドが入る事業承継について、初めて知る方もいらっしゃるかもしれません。 ファンドは承継した企業に資本や人材を投入するため、事業が大きく成長します。こうした特徴や、ファンドが受け皿になり得ることを押さえておくと、事業承継の選択肢が広がります。» 続きを読む

ファンドを利用して事業承継する方法

後継者がいないために引退できない、中小企業のオーナーが増えてきています。 子どもなどの後継者に、事業を引き継ぐことを「事業承継」といいます。事業承継は、個人や企業だけではなく「ファンド」に引き継ぐことも可能です。 ファンドを利用した事業承継の方法を知っておくと、後継者を考えるうえでの選択肢が広がります。» 続きを読む