デイサービス・訪問介護業の事業承継【事例から読み解くポイント】

日本でも、ネットで会社が売れるという時代が到来しました。 アメリカでは既に、インターネットを活用したM&Aが数年前から活発に行われています。個人所有の不動産や車のように、はっきりした値段がつかみにくい中小企業でも、M&Aによって値付けされ、売買が行われています。しかも、インターネットで買い手を見つけることができるようになってきたのは画期的な出来事です。 その背景には、会社を買収したいという買い手企業が増えていることもあります。» 続きを読む

デイサービス・訪問介護業のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

最近、会社を買いたい需要と会社を売りたいという供給がともに増加傾向にあります。その結果、M&A市場が活況を呈しているといわれています。 そんな中、今回はデイサービス・訪問介護業にスポットを当てて、M&Aを成功させるためのポイントをまとめました。早速、見ていきましょう!   デイサービス・訪問介護業のM&A» 続きを読む

システム開発会社のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

「会社を買う」ということが、サラリーマンでも実現可能となってきました。 今までは、大手企業が対象企業を買収して傘下にいれるということが多く行われてきて、会社を買うなんて一般人には無理だと思われてきたのですが、最近は個人が会社を購入することが増加する傾向となっています。 なぜこのような状況になってきたのでしょうか?» 続きを読む

システム開発の事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

日本でM&Aは売り手市場といわれています。しかし残念ながら全ての業種が売り手市場というわけではありません。あまり人気のない業種も存在します。 たとえばM&A市場では「製造業」はあまり人気がないと言われています。 なぜかいうと、海外製品に押されて売上が低迷している上に、工場などを持つ必要があり設備投資がかさんでしまって、金融機関などからの借入金が重くのしかかっている企業が多いという点が挙げられます。» 続きを読む

システム開発の事業譲渡を行う前に知っておきたいこと3つ

一昔前までは、M&Aといえば大企業同士が行うことが多かったのですが、最近は中小企業を中心にM&A件数が増加傾向にあります。 この理由として、後継者不在問題、少子化に伴う若手労働者の不足などが関係しています。ただ、ここまでM&Aが一般化した要因には、M&Aが特別な手法ではなく、誰にでも実行するチャンスがある身近なものだという認知が広まったことも関係しています。 M&Aを完了することで、後継者不在で廃業しかなかった企業が経営を続けることができたという話や、赤字経営だった会社が売却できたという話がどんどん出てきているのです。» 続きを読む

システム開発会社の事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

中小企業経営者にとって一番の悩みは、資金繰りなど目先の問題もありますが、将来的にぶつかるのは、後継者がいないという問題です。 体が元気なうちは、ずっと働きたいし、自営業には定年退職がないということが大きなメリットではあります。また現役をリタイアしてから、自営業を始めた方もいらっしゃるでしょう。 会社は自分の代で終わりにして廃業するつもりだ、それが一番周りに迷惑をかけないからと考えている経営者は多くいらっしゃいます。» 続きを読む

システム開発会社の事業承継【事例から読み解くポイント】

システム開発会社の業務において、最終段階でシステムテストという項目があります。 このシステムテストでうまくいったとしても、実際にシステムを稼働させてから想定外のことが起き、テスト通りに行かないということは起こり得ます。 特に、発注側の都合によってテストが十分に行えなかったり、テストの重要性を軽視したような注文をつけたりといった場合は、こういったトラブルが起きる可能性を高めてしまいます。» 続きを読む