不動産管理会社の事業譲渡【事例から読み解くポイント】

「不動産管理会社をずっと続けてきたけれど、そろそろ事業譲渡をしたい」と、お考えではないでしょうか。 もしも経営から退くとしても、今までやってきた事業を廃業してしまうのはなんとなく避けたいと考えている経営者は少なくありません。 そのために、不動産管理会社の経営者がリタイアするとき、事業譲渡がよく活用されています。» 続きを読む

保険代理店のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

保険代理店を経営しているけれど、M&Aを行おうか迷っている…なんて悩みをお持ちではないでしょうか。 しかし、M&Aを行うことは簡単ではなく、実際に行うかどうか決められないオーナーも多いでしょう。 そこで今回は、保険代理店のM&Aについての基礎的な知識から、メリット、行う際に気をつけるべき3つのポイントなどをご紹介していきます。» 続きを読む

不動産管理会社のM&A事例から学ぶ成功のポイントとは?

不動産管理会社のオーナーは、M&Aによって大きなメリットを得られます。 しかし、M&Aに失敗すると、思っていたほどのメリットを得られず、オーナーの立場から退いたことを後悔する可能性があります。 そのため、どうすればM&Aに成功できるのか確認しておくことが大切です。» 続きを読む

学習塾の事業承継【事例から読み解くポイント】

経営者は、いずれ後継者に事業を承継することになります。 一般的には子供や親族に承継しますが、第三者に承継するケースも多いのです。 子供や親族への事業承継は、経営者が思っているほどスムーズに進められず、廃業を余儀なくされる場合もあります。» 続きを読む

病院・クリニックの事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

国内の人口は30年後には現在より20%少なくなることがわかっており、患者不足や後継者不在問題が、日本の医療制度を崩壊させるとさえ言われています。 人口減少による経営難だけでなく、地方では医師不足、都市部では医師の偏在といった様々な問題を抱えています。  » 続きを読む

病院・クリニックの事業譲渡【事例から読み解くポイント】

少子高齢化、度重なる診療方針の改定による診療報酬の減少、医師不足・偏在問題など日本の医療業界は混迷の時代です。 病院・クリニックの経営者達は地域医療を支えるという重責、経営難、後継者不在などで頭を悩ませ、引退や閉院を考える医師も増えてきています。 しかし、そのような病院を買い取り新しく再生させるため事業譲渡という道を選択する医師・法人が増えています。» 続きを読む

病院・クリニックの事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

日本の少子高齢化問題が急速に加速し大きな問題になっていることは万人の知るところとなりました。 医療業界においても開業医や勤務医の4人に1人が70歳以上となっています。 高齢となった医師が引退しようとしたとき、身内に後継者がいるなら医院は存続できますが、後継者がいない場合は閉院せざるを得ず、毎年約4000件の診療所が閉院しています。» 続きを読む

病院・クリニックの事業承継【事例から読み解くポイント】

初期コストを抑える事ができ、患者も引き継ぐことが可能な事業承継での病院・クリニックの開業が増えています。 年々M&Aと事業継承の成約数は増加していて、今ではM&Aと第三者への事業承継の合計が親族承継を上回っています。 少子高齢化で後継者不足を解消し地域医療を継続させる手段として注目を集めている事業承継、今回はその成功事例から事業承継のポイントを読み解いていきます。» 続きを読む