事業譲渡・事業売却の相談先10選!どこに相談するべき?

事業譲渡や事業売却を行う際に、「どこに相談すればよいのか分からない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。 この記事では、事業譲渡や事業売却の相談先に悩んでいる方向けに、相談先を利用するメリットや、おすすめの相談先10選、相談先を選ぶうえでのポイントなどを解説します。事業譲渡などの相談先を探すうえで、ぜひ参考にしてください。  » 続きを読む

M&A仲介手数料が安い会社はどこ?安くても大丈夫なの?

「後継者不在」という問題が中小企業経営者の中で深刻化しています。 その解決策として大きな話題になっているのが、M&Aによる事業承継です。 しかしながら、中小企業経営者の中には、特に、売り手側ではM&Aの経験が一度もない方が大半です。一方では買い手企業はこれまでに何度も会社を買った経験がある方が多いという傾向にあります。経験値の少ない売り手側と経験豊富な買い手側が、M&Aの交渉を行っていくことになります。» 続きを読む

後継者不足の際の相談先はどこにする?おすすめの相談先5選

後継者不足が起こる理由 事業承継をM&Aで行うことが増加傾向にあります。実子、従業員などの中から後継者を決めることが難しくなってきていることが大きな要因です。 従業員の中からと言っても、ベテランの従業員達も経営者と変わらない年代になっていたり、この人材難の中では、経営者へと育てるような新しい社員を採用することが難しい中小企業は多く存在します。» 続きを読む

飲食業のM&Aで相談すべき仲介会社10選

飲食業界において、いまやM&Aは一般的な成長戦略になっています。 長年経営してきた飲食業を後継者不在の為、事業承継を目的としたM&Aを行う経営者もいますが、初めから、いずれは売却すると想定して、飲食業を始めるオーナーも存在します。「売れる飲食店」に育ててから売却するという手法です。近年はとくに増加傾向にあります。 もちろん飲食業界に長年の経験があるオーナーならできないことではありませんが、M&Aを実際に行ったことがある売り手は少数なのです。» 続きを読む

美容室・ヘアサロンのM&Aで相談すべき仲介会社10選

美容室を経営するには、経営力だけでなく、技術力も必要です。オーナー=美容師であることがほとんどです。 美容師になるためには、美容学校を修了して国家試験に合格、そしてインターンという見習い期間を経て、やっと一人前になります。 誰でもなれるわけではありませんし、合う、合わないという適性がはっきりしています。センス、カリスマ性も必要です。» 続きを読む

タクシー会社のM&Aで相談すべき仲介会社10選

タクシー会社のM&Aを行いたいけれど、どの仲介会社に相談すれば良いのか分からないという方もいらっしゃると思います。M&Aの仲介会社は非常に多く、初めてM&Aを行う方は、その選択肢の多さに戸惑うと思います。 そこでこの記事では、タクシー会社のM&Aを初めて検討している方向けに、相談すべき仲介会社10選をご紹介します。  » 続きを読む

M&Aの手数料・報酬体系ってどうなっているの?体系別おすすめの仲介会社

M&Aにおいて、仲介会社への依頼を検討するうえで戸惑うのが、手数料や報酬体系が分かりにくい点でしょう。M&Aの仲介会社に支払う手数料は多数あり、会社ごとに支払う金額やタイミング、報酬体系などが異なるため、複雑で分かりづらくなっています。 この記事では、M&Aの仲介会社を活用する際に発生する6種類の費用についての詳細や金額の相場、仲介会社でよく見られる報酬体系3パターン、報酬体系別のおすすめの仲介会社などについて解説します。自社の状況にあわせて仲介会社を選ぶ際に、ぜひ参考にしてください。  » 続きを読む

SESのM&Aで相談すべき仲介会社10選

今回は、SES(システムエンジニアリングサービス)の売却について、相性がよい仲介会社をご紹介していきます。 SESはM&A市場でもかなり売れる業種と言われています。それは、この後もお話していくのですが、空前の人手不足状態が要因となっています。 SESを経営する側は、優秀な人材をもっと確保していくことに頭を悩ませていますし、SESを買収しようと考えている側は、優秀な人材が所属しているSESを事業に加えることで、人材確保ができると考えているのです。» 続きを読む

人材サービス業の事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

現在、日本国内の中小企業約127万社では、後継者が決まっていない状態にあると言われています(経済産業省調べ)。 「大廃業時代の幕開け」ともいわれています。後継者不足が深刻化していく中、近年は中小企業経営者の間でも「M&A」が事業を継承させるための戦略として普及してきたのです。 中小企業経営者の間でも「M&A」が普及し始めていることにより、サラリーマンでも条件さえそろえば「会社を買う」ことができるようになりました。実際に、中小企業を購入したサラリーマンは存在します。サラリーマンが、一夜にして社長となったというまさに現代のシンデレラストーリーですね。» 続きを読む

人材サービス業の事業売却【事例から読み解くポイント】

少子化に伴う人口減少から、今後の社会では労働者が不足していく可能性が高くなってきています。 新卒者も、空前の売り手市場と言われていて、若い労働者を獲得するために、企業は様々な対策をとっています。 また、受注があっても、それに対応してくれる従業員が不足していますから、人手不足が要因で倒産してしまう企業も出てきているのです。» 続きを読む