病院・クリニックの事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

国内の人口は30年後には現在より20%少なくなることがわかっており、患者不足や後継者不在問題が、日本の医療制度を崩壊させるとさえ言われています。 人口減少による経営難だけでなく、地方では医師不足、都市部では医師の偏在といった様々な問題を抱えています。  » 続きを読む

病院・クリニックの事業譲渡【事例から読み解くポイント】

少子高齢化、度重なる診療方針の改定による診療報酬の減少、医師不足・偏在問題など日本の医療業界は混迷の時代です。 病院・クリニックの経営者達は地域医療を支えるという重責、経営難、後継者不在などで頭を悩ませ、引退や閉院を考える医師も増えてきています。 しかし、そのような病院を買い取り新しく再生させるため事業譲渡という道を選択する医師・法人が増えています。» 続きを読む

病院・クリニックの事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

日本の少子高齢化問題が急速に加速し大きな問題になっていることは万人の知るところとなりました。 医療業界においても開業医や勤務医の4人に1人が70歳以上となっています。 高齢となった医師が引退しようとしたとき、身内に後継者がいるなら医院は存続できますが、後継者がいない場合は閉院せざるを得ず、毎年約4000件の診療所が閉院しています。» 続きを読む

病院・クリニックの事業承継【事例から読み解くポイント】

初期コストを抑える事ができ、患者も引き継ぐことが可能な事業承継での病院・クリニックの開業が増えています。 年々M&Aと事業継承の成約数は増加していて、今ではM&Aと第三者への事業承継の合計が親族承継を上回っています。 少子高齢化で後継者不足を解消し地域医療を継続させる手段として注目を集めている事業承継、今回はその成功事例から事業承継のポイントを読み解いていきます。» 続きを読む

学習塾の事業譲渡【事例から読み解くポイント】

事業譲渡を検討している学習塾が多いことをご存知でしょうか。 学習塾の経営は、世の動向や国の法律などの影響を受けるため、一度安定したからといって一生経営を続けられるとは限りません。 あるとき、業績が下がってしまい、学習塾事業からの撤退を余儀なくされることもあるのです。» 続きを読む

不動産管理会社の事業承継はどうすればいい?注意点やポイントは?

不動産管理会社を事業承継する際には、様々な準備をしたうえで適切に行う必要があります。 従業員や契約先のことを考えずにオーナーの独断で事業承継した場合、後継者に大きな負担がかかる恐れがあるのです。 また、収益の低下にも繋がる場合もあるため、注意点を押さえたうえで適切に事業承継することが大切です。» 続きを読む

EC事業の事業承継【事例から読み解くポイント】

「EC事業を引退したいのだけれど、引き継ぎ先としてどんな選択肢があるのだろうか」 「選択肢の一つとして事業承継を考えているけれど、どうしたらよいか分からない」 「EC事業において、実際にあった事業承継の事例を知って参考にしたい」» 続きを読む

不動産管理会社の事業承継【事例から読み解くポイント】

事業承継は、後継者に事業を引き継ぎ、自分はオーナーの立場から退くことを指します。 不動産管理会社のオーナーは、いずれ会社を引き継ぐ必要があります。引き継ぐだけであれば問題は起こらないと考えがちですが、事業承継を機会に収益が下がるようなケースもあるため注意が必要です。 事業承継に成功するためには、重要なポイントを押さえ、適切に行動する必要があります。» 続きを読む

学習塾の事業売却【事例から読み解くポイント】

学習塾を経営している方は、事業売却について知っておくことをおすすめします。 学習塾の事業売却は増加傾向にあり、多くの企業が学習塾を売却しています。 適切なタイミングで事業売却することで、大きなメリットを得られるでしょう。» 続きを読む