【事例】保育園のM&A/事業承継

保育園の事業売却【事例から読み解くポイント】

平成28年6月に閣議決定した「ニッポン一億総活躍プラン」では、少子化対策として、希望出生率1.8の実現をめざしています。そのため平成29年度末に、保育の受け皿整備目標人数を40万人から50万人へ、上方修正を行いました。 平成28年度からは、異業種からの保育事業参入を促す企業内保育の新しい形として「企業主導型保育」がスタートしました。女性が社会で働きながら子どもを育てやすくするためです。 保育業界を取り巻く現状を見るに、現在は保育園を始めるには今までにないほどの追い風が吹いています。» 続きを読む

保育園のM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

まだまだ待機児童の数は多く、保育園を増やすための法案も国会で議決されています。 少子化ではあるものの、共働きの夫婦が増えることで保育園の需要も高くなっているのです。 今、この保育園オーナーたちで今まで経営してきた自分の保育園のM&Aを考えている方が増えてきています。» 続きを読む

保育園の事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

保育園経営というのは、通園する子供と親と複数人に対してサービスを行わなければいけません。 待機児童の増加で保育園を増設しようという流れになっていますが、「デリケートなのに重労働である保育園を経営しようと思う方ってそんなにいるのかな?」と疑問に思われるかもしれません。 実際に、保育園を経営しているオーナーも、長年にわたりやりがいをもって取り組んできたけれど、「本当に自分の保育事業が売れるのかな?」と不安に思っている方もいらっしゃるでしょう。» 続きを読む

保育園の事業譲渡【事例から読み解くポイント】

匿名ですが、2016年にブログでアップされた「保育園落ちた日本死ね!」というフレーズがあります。 これを読んで衝撃を受けた方は多いのではないでしょうか。 そのブログの一文に、「子供産んで、子育てして社会に出て働いて税金納めてやるって言っているのに、日本は何が不満なの?何が少子化だよクソ」というものがありました。» 続きを読む