【事例】保険代理店のM&A/事業承継

保険代理店の事業売却【事例から読み解くポイント】

最近、ファイナンシャルプランナーが、「正社員で働いていたら、民間の生命保険、特に死亡保障などに加入する必要はない」などと言っている記事を目にします。 その他にもネット上では「公務員なら共済、会社員なら健康保険組合、政府管掌の健康保険に入っているし、また厚生年金にも加入しているだろう。だから遺族年金、退職金が支払われるから、あえて高い保険料を支払って、民間の生命保険まで加入する必要はない」という意見が紹介されています。  » 続きを読む

保険代理店の事業売却は可能?「売りたい」と思ったらやるべきこと

ハゲタカファンドという言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 M&Aと聞くと、あのハゲタカを思い出してしまうかもしれません。 ハゲタカファンドは、経営状態の悪い企業を買いあさっていくのですが、そのありさまが瀕死の獲物を狙って群がっているハゲタカを連想させるからそう呼ばれているようです。» 続きを読む

保険代理店の事業譲渡を行う前に知っておきたいこと3つ

保険代理店オーナーの中には、副業として不動産賃貸業や飲食店などを経営されているという方もいらっしゃると思います。 本業の方では新規顧客開拓が難しくなってきたけど、副業の方は順調だ、という方も多いのではないでしょうか。 できればその副業を本業にして、保険代理店だけ事業譲渡できないかと悩んでいるオーナーのために、今回は保険代理店のM&Aについてお話していきたいと思います。» 続きを読む

保険代理店の事業譲渡【事例から読み解くポイント】

最近の恋愛ドラマではよく、挙式の時に新郎か新婦が現れないというシーンがあるように思います。もしくは式直前に婚約破棄されるパターン。 結婚式の日取りも決まっていて、幸せのピークというときに、恋人に逃げられてしまうという筋書きです。 ものによっては、残された方はその後「あの人、婚約破棄された人」「恋人に逃げられた人」とひそひそ言われながらも生きていく…といった辛いストーリーのドラマもあります。» 続きを読む

保険代理店の事業承継【事例から読み解くポイント】

日本の企業では、もうすでに終身雇用制を導入していな企業がほとんどではないでしょうか。もっと自由な働き方があるということです。働き方改革の一環といえます。   もちろん定年を迎えるまで同じ会社で働く人は多くいるのですが、その反面、定年を迎えるまでもなく自主的に退職して転職する人の割合は増え続けています。» 続きを読む

保険代理店のM&A事例から学ぶ成功のポイント4つ

最近は、ショッピングモールなどでも保険商品をすすめてくれるブースがありますよね。 買い物途中などでも相談できて、保険に加入することができるようになりました。郵便局や銀行でも保険加入をすすめられることがあります。 また、ネットで加入する方も増えてきたのではないでしょうか。» 続きを読む

保険代理店のM&Aを検討中のオーナーが気をつけたい3つのポイント

保険代理店を経営しているけれど、M&Aを行おうか迷っている…なんて悩みをお持ちではないでしょうか。 しかし、M&Aを行うことは簡単ではなく、実際に行うかどうか決められないオーナーも多いでしょう。 そこで今回は、保険代理店のM&Aについての基礎的な知識から、メリット、行う際に気をつけるべき3つのポイントなどをご紹介していきます。» 続きを読む